まず最初に見てほしいページ

最初に見てほしいページ

オススメの記事、カテゴリをまとめています(こちら

断捨離に必要な、たった3つのルール

ども!テルです。

断捨離という言葉を聞いたことあるでしょうか?

モノを捨てるにもルールを決めなければ捨てられません。

もしくは捨てすぎて後で後悔してしまうこと、ないでしょうか?

そうならないように、僕がルールとして実施していることを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

断捨離をする対象を決める

①1年以上使ってない

1年の四季を通して使用していないモノは捨てる候補にしましょう。

1年使わないのに次の年に急に必要になるなんてことはあまりありません。

大体があることすら忘れていたか、使う予定がないモノだと思います。

ただし以下は対象外ではないでしょうか。

  • 七五三の着物や、末っ子が着る予定の制服など、何年後かに使う予定のあるモノ
  • 災害時に使用する備蓄材など
  • 本(繰り返し読むものなど)

②同じモノが何個もある

例えば自分用のお箸。

2膳以上必要でしょうか?

1膳でも毎食洗えばいいと思います。

それ以上は洗い物をやらなくていい口実になってしまいますので、できれば食器は一食分に抑えた方が良いと思います。

洗い替えを用意すると持ちモノは倍になるので、可能な限り少なくすることをお勧めします。

③そもそもなぜ持ってるのかわからない

誰かにもらったモノだとか、何か捨てにくい。

そんなモノがクローゼットの中に1つや2つ、ありませんか?

モノを置くスペースはタダではありません。

居住空間は限られたスペースを有効利用するためにあるものです。

使わないモノを置いておくのは、まさしく『無駄』ではありませんか?

スポンサーリンク

断捨離を行う際のルール

すぐに捨てられれば良いですが、中々捨てられない場合は、以下の方法を試してみてください。

①迷ったモノは箱に入れ、1年経後に捨てる

これは非常に簡単な方法です。

本当に使うのならば、箱から出してOKです。

やり易いと思いますが、捨てる機会を忘れないようにしてください。

〇捨てる日を決める

グーグルカレンダーなどに『捨てる日』と設定しておき、期日を守ることが重要です。

〇あらかじめ分別する

捨てる段階で分別しますよね?

その過程でやっぱこれ捨てれない!!とならないようにしておくことも必要です。

対処として、あらかじめ可燃、不燃などで分けて箱を用意し、箱の内側に指定ごみ袋を配置すると良いと思います。

〇第3者にゴミ捨てしてもらう

妻や、夫など配偶者に捨ててもらうのも、No lookで捨てられるので良いです

②写真を撮ってから捨てる

パソコンやクラウドのフォトサービスに保存しておけば何度も見ることができます。

思い出だけど手に取るほどじゃないというモノは捨ててるのもありではないでしょうか?

僕はGoogle photoに保存しているので、どの端末でも写真見ることができます。

★注意★

パートナーにもらったモノを勝手に捨てると思いがけない修羅場に突入する可能性があります。

ですので一度断ったりした方が無難です。

良い顔はされないと思うので、言い方にも気を付けましょう!笑

③持ち続けたらどんなメリットがあるか考える

こういう場面で使える、使い勝手が良いんだよな。

カッコよくて持ってるだけでワクワクするんだよな。

とかメリットを感じるものなら持っていても良いと思います。

但し、イマイチピンとこないやつ。

何となく持ってる可能性が高いので捨てた方が良いと思います。

スポンサーリンク

まとめ

色々言ってますが、基本的には1年使っていないなら捨てるべきと思います。

POINT

  1. 捨てる段階になってわざわざ脳みそフル回転させて用途を考える必要はない
  2. モノは持っているだけで考えることが増える
  3. 人生一度きり、モノを捨てるかどうかなんて考える時間は無駄
  4. 無駄を省き、必要なモノだけに囲まれていると本当に必要なモノが見えてくる

限られたお金や時間は有効に使っていきたいですよね。

 

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です