まず最初に見てほしいページ

最初に見てほしいページ

オススメの記事、カテゴリをまとめています(こちら

小細工なしで誰でもできる。一番簡単なズボラ家計管理

ども!テルです。

皆さんは家計簿つけていますでしょうか?

家計簿と言えばレシートを集めて、手帳に記入して1か月の収支を記録していくのが一般的ですよね。

でも家族で協力しないと毎月の収支がマイナスになってしまいます。

それが元で奥さんのやる気が無くなってしまったり、夫婦仲が悪くなってしまったり、家計簿ってホント難しいですよね。

僕も何度も挑戦しては失敗し、諦めて散財したりと散々でした。

ですが、誰でもできる簡単に家計を管理できる方法を見出してから、うまく家計が回るようになりました。

世間には以下のような家計簿をつけるテクニックみたいな情報が流れています。

  • クレジットカードの明細で管理
  • 費目ごとに支出を分けて管理
  • 家計簿アプリを使って管理
  • エクセルで管理

でもどれも作業が伴うので、なかなか続けることができません。
僕は全部やってみましたが、全部失敗に終わっています。

ではどうするか?

それは『収入から固定費を差し引き、残ったお金で精いっぱい生きる』(笑)。
ただそれだけです。

どういうことかをこれから説明していきます。

スポンサーリンク

家計簿をつける理由とは?

①なぜ家計簿をつけるのか

家計簿のつけ方の前にまず確認しなければならないこと。
それはなぜ家計簿をつけるのか?ということです。

ここが揺らいでいると、続けられるものも続けられませんので、しっかり意識することが重要です。

一番の理由は家計を把握するという事でしょう。

②家計とは何か

家計とは収入と支出で構成されています。
収入はあまり大きく変わりませんが、支出は自分次第でいくらでもコントロールすることができます。
支出については大まかに言うと、以下の3つで成り立っています。

  1. 固定費
  2. 変動費
  3. 特別費

〇固定費

月々ほぼ決まった支払いが発生する費目のことですね。
例えば我が家では以下です。

  • 家賃
  • 水光熱費
  • ネット+プロバイダ使用料
  • 積立投資
  • SIM利用料
  • 子供の習い事
  • ネット動画利用料
  • 幼稚園

〇変動費

自分や家族のさじ加減で月々の金額が増えたり減ったりする費目です。
例えば我が家では以下です。

  • 食費
  • 日用品費
  • レジャー費
  • プレゼント費

〇特別費

これは突発や1年に限られた回数のみ発生する費目ですね。
例えば我が家の場合は以下です。

  • 冠婚葬祭
  • 自動車税、車検
  • 海外旅行

③家計簿をつける成果

これが一番重要です。家計を把握してどうしたいのか?

それは家計を把握することで貯金額や投資額、日々使うお金をしっかり把握して満足した生活を送りたい。
誰もがこう思っているのではないでしょうか?

例えば貯金や投資ばかりに重きを置くと、今が苦痛でしかなくなると思います。
反対に、日々お金を使って貯金をしない生活だと将来の生活が満足いかなくなるかもしれません。

ここを理解していないと、家計簿をつける意味が無くなってしまいます。

スポンサーリンク

家計管理を誰でも簡単にできる方法

では本題です。

①家計管理の基本的な手段

  • 固定費を把握する
  • 収入から固定費を差し引く
  • その月のお小遣い、貯金額を差し引く
  • 残ったお金で生活する

たったこれだけです。どういうことか説明します。

②固定費を把握する

前述した通り、固定費として毎月支払っている額を書き出します。
(先月の支払い実績などで確認してください)

そして書き出した固定費を足し合わせます。

足し合わせた金額が、例えば156,823だとすると、四捨五入して157,000円とし、この金額を毎月収入から差し引いてください。

但し、固定費といっても携帯利用料などで支払額が変動する場合、2か月に1回程度見直すと良いかも知れません。
(ただし無理のない範囲でやる気が無くならない程度で実施してください)

また、水道代やネット料金は2か月に一度、まとめて請求の場合がありますので気をつけてください。

③お小遣いと貯金の設定

お小遣いと貯金をいくらにするか設定してください。

Twitterでもつぶやいていますが、お小遣いは夫と妻を同額にすることをおススメします。

我が家も夫婦同額のお小遣い性でやっていますが、不平等感がないせいか、お互いのお金の使い方でケンカすることはなくなりました。

また、お小遣いと貯金額は毎月固定となるかもしれませんが、今月は残業代が少ないからとか、旅行に行くからとか色々理由はあるでしょうから毎月調整するのもありです。

ちなみに我が家は貯金額をとりあえず口座から引き出さずに生活して、難しそうだったら少額ずつ引き出すということをやっています。

④残りのお金で生活する

収入から固定費と貯金を差し引いたお金を銀行口座から引き出します。

ATM手数料がかかる場合は、可能であれば一度一月分の全額引き出した方が良いです。

その引き出したお金から、夫婦のお小遣いを差し引き、残りを生活費とします。

夫と妻はそれぞれ自分に関わるお金は小遣いから出し、生活に関わるものは生活費から出します。

次の給料日まで生活費が残っていたら、生活費黒字+貯金成功ですね。

もしマイナスになったら、以下のことを見直しましょう。

  • 固定費で高すぎるものはないか
  • お小遣いは高すぎないか
  • 貯金額は適正か

一回で成功することなど無いと思いますが、毎月繰り返していけば、必ず黒字の家計にすることができます。

なお、冒頭で言った特別費は毎月の貯金額か、ボーナスなどでまかなうようにしてください。

生活費から出したことにするとその月だけ大きくマイナスになってしまう可能性があり、一気にやる気が無くなります。

スポンサーリンク

家計簿が続かない理由

家計簿が続かない理由を知っておくと自分がそうならないように気を付けることができます。

①家計簿をつけることが目的になる

毎日ノートにレシートを張り付けたり、ペンで書き込んだり、その姿は家庭を思いやるお父さんお母さんという感じですね。

でもその行為自体には価値はないのです。

冒頭でも説明した通り、家計簿の目的は、『貯金額や投資額、日々使うお金を把握すること』で家計簿をつけること自体は本質的な目的ではありません。

ですから僕が紹介したのも、全く家計簿をつけることなく家計管理できる方法なんです。

②家計の詳細把握は問題に気付いてからでいい

上で説明した毎月黒字にする家計管理の方法ですが、固定費やお小遣いを見直しても理由が分からない場合のみ、最後の手段として変動費の使用用途を確認しましょう。

今は便利なもので、スマホでレシートを読み取るアプリなどもあります。

こういった文明の利器を借りてできるだけ短時間で問題解決したいですね。

ただ、こういったアプリを最初から使っていると目的は一緒なのに時間ばかりかかってしまい無駄なのでオススメしません。
あくまで問題が発生した場合のみで良いと思います。

まとめ

POINT

  • 家計の把握は固定費から
  • アプリなどの小細工は必要なし
  • できるだけ手抜きで家計管理しよう
  • 毎月の積み重ねが1年、5年、10年と経つと雲泥の差になる

家計簿は面倒と思う方でも、この法ならばまず始めることはできるのではないでしょうか?

できるだけ手抜きでズボラに家計管理していきましょう。

一度試してみてくださいね^^

 

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です