ポイントカードを持つデメリット4つ

今回は“ポイントカード”について書いてみたいと思います。

皆さんのお財布、もしくはカバンの中に常に持ち歩いているポイントカードってどれくらいあるでしょうか?

大体は名刺サイズの薄い紙だと思いますが、最近はスマホのアプリのやつも増えてきてますよね。

お店で買い物をすると無料でもらえるし、持ってたら次のお買い物のときにもポイント貯められるし、ポイントたまったら割引されるしラッキー!ってあなた、そのお店の戦略にはまっていますよ。

“ポイントカードを持っているだけで、経済合理的な選択ができにくくなっている可能性があります”

それは後ほど説明しますね。

まずその前にポイントカードビジネスの流れについて説明したいと思います。

スポンサーリンク

ポイントカードのビジネススキーム

お店側の狙い

  • ポイントカードは名刺代わりで、連絡先など必要な項目が記載している
  • たまに顧客の目に触れることで、広告効果を生み出す
  • ポイントを貯めたいという心理を利用して、顧客の他店への流出を防ぐ
  • 紹介すると紹介した側の顧客にもメリットがあるようにして、顧客を媒体にした広告を行う

 

こんなところでしょうか。

お店にとってただ配っているだけで大きなメリットがあることが分かります。

また、最後の紹介制度は新規顧客獲得の難しい、美容院なんかで多い手法ですよね。

ポイントは大体100円=1ポイントが多いでしょうか?

だとすると1%の還元率でこれだけのメリットを享受できるんだから安いものですよね。

でもポイントカードを導入したお店が、従来の製品価格が100円のものを101円に変更して還元率1%のポイントカードを導入した場合、、、

あれ?

お店側は何のリスクも負わず、メリットだけを享受できることになってしまいますね。。。

でもこんなことはざらにあると思います!

前置きが長くなりましたが、ポイントカードを持つデメリットを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ポイントカードを持つデメリット

  1. 財布がかさばる
  2. ポイントカードを使いたくてその店に行ったのに、ポイントカード忘れる
  3. 他店の価格情報も知らずに、ポイントカードのある店にだけ行くようになる
  4. スマホのストレージ(データ容量)を使う(ポイントアプリの場合)

 

①財布がかさばる

ポイントカードがあればあるほど財布が分厚くなります。ポイントカードを多く所有している人は決まって長財布なのではないでしょうか?

これはいわゆる“パーキンソンの法則”に似ているところがあると思うんですよね。

パーキンソンの法則

第1法則:仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する

第2法則:支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

つまり、長財布などポケットの多い財布があると全てのポケットを満たすまでポイントカードの数は増えるみたいな笑

もちろんポケットの数以上にポイントカードを持っている方もいると思いますが。

ポイントカードが増えると大きい財布が必要になり、大きい財布だと、大きい財布が入るカバンが必要になりますが、ポイントカードがなければ小さい財布、小さいカバンで事足りるかもしれません。

もちろん大きい方がお金がかかってしまいますよね。。。

 

②ポイントカードを忘れる

これただストレスを生み出すだけだとは思いませんか?

5000円の買い物をして50ポイント(=50円)のためにこんなにストレス抱えるなんて精神衛生上よくないですよね。

しかもポイント使いにわざわざ行った店でポイントカード忘れてたらそのストレスレベルは並みじゃありません。

ちなみに自分がポイントカードをやめようと思ったのはこれが原因です。

もちろん後でレシートとポイントカードを持っていけばポイント付けてくれる場合がありますが、時間がもったいないと自分は思いますね。

 

③他店の価格情報も知らずに、ポイントカードの店だけに行くようになる

いわゆる思考停止状態ですね。考えることを忘れてルーチンになっているパターンです。

数円のポイントのために、他店が企業努力でさらに安くなっているのを知らず、見えない損失をしている可能性があります。

常にフラットな目線でお金を使うために、ポイントカード基準で選ばない方が無難だと思います。

④スマホのストレージを使う

アプリもデータ容量があり、積み重なるとスマホに何も保存できなくなります。アプリがいっぱいの人はついデータ容量が大きいグレードを選択するようになってませんか?

データ容量が大きい方が端末の金額も高いので、ここもやはりお金の無駄だと思います。

 

いかがでしょうか?

意外と多いポイントカードのデメリット。

一度考え直してみるのもありかなと思います。

うすくてかるい財布で、ポイントに縛られない生活も悪くないですよ^^

 

それでは。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テル@ミニマリスト&不動産投資家です。 サラリーマンだけど、割と自由に生活してるアラサー。様々な手段でコストを圧縮し趣味にフルコミットしています。 ミニマリズム、お得情報、マイホームなどについて書いています。