まず最初に見てほしいページ

最初に見てほしいページ

オススメの記事、カテゴリをまとめています(こちら

肌ケアにもなる脱コンディショナーのススメ。やめて良かったこと3つ

ども!テルです。

皆さんは”コンディショナー、リンス、トリートメント”を使っていますか?
小さいころから何となく使い続けている方が多いのではないでしょうか?

実際コンディショナーを使うと紙がサラサラになり、ヘアケアをした感は出るんです。
でもコンディショナーをやめてみたらどうなんだろう?って考えたことはないでしょうか?

僕も実家にあったので何となく毎日使っていました。
でもあるきっかけがあり、ふと思ったのです。

コンディショナーをやめてみようと。

そういうことでコンディショナーをやめた経緯とやめて分かったことを共有します。

スポンサーリンク

コンディショナーとは何か?

①コンディショナー、リンス、トリートメントの違い

シャンプー後に髪に塗布するモノってコンディショナーだけじゃないですよね?

コンディショナーの他にも、リンス、トリートメントと呼ばれるものがあります。
その違いとはいったい何なんでしょうか?

一般に、リンスとコンディショナーはどちらも、主に髪の表面をなめらかにするものです。
髪のすべりをよくすることで、キューティクルの傷みを防ぎ、パサつきにくくします。
最近では、髪の表面層(内部)に浸透し、髪の傷みを補修するトリートメント効果を併せ持つタイプもあります。

一方、トリートメントは髪の内部に成分を浸透させて、髪の状態を整えるもの。
髪の傷みをケア・補修したり、髪の質感をコントロールしたりするものなどがあります。
リンス・コンディショナーの機能を併せ持つタイプがほとんどなので、シャンプーの後はトリートメントだけでも充分な仕上がりが得られます。

引用元:花王

花王さんありがとう。ということで、

  • コンディショナーとリンスは髪の表面に作用して整えるモノ
  • トリートメントは髪の内部まで入り込み、状態を整えるモノ

トリートメントはシャンプー、コンディショナーの機能を併せ持つからトリートメントだけでOKとのこと。

②コンディショナーが必要となる条件

では、トリートメントが必要となる状態、条件はあるのでしょうか?

〇紫外線が強いとき

髪は紫外線の影響で乾き、ダメージを受けます。
特に5月から9月の紫外線量が多い時期はケアが必要とも言えます。

逆に言えばこの時期だけ髪の毛のケアに気を付けていれば良いとも言えます。

〇髪の毛が長くなった時

髪の毛が10cm以上の長さになったら傷みやすくなると、美容師の方に聞きました。

つまり、ほとんどの男性は髪を染めたりしていない限り、髪の毛のダメージを気にしなくて良いんです。

確かに髪がぼさぼさになってくるのって毛先だけですよね。

これはもっと早く知っておきたかった。。。

スポンサーリンク

コンディショナーをやめて良かったこと

本題ですが、コンディショナーをやめて良かったことを紹介します。

①とにかく時短になる

コンディショナーをやめたことで、圧倒的にお風呂に入っている時間が短くなりました。
髪に塗布するのに大した時間はかからないのですが、洗い流すのにとにかく時間がかかりますよね。

いつまでたってもヌルヌルするので、後ろから誰かたらしているんじゃないか?と思ったことは一度や二度ではありません。

【時短効果】
仮に、コンディショナーを髪に塗布するところから洗い流すまでの一連の流れを5分で完了できるとします。

月当たり150分なので、年間で約30時間です。
1年の内の1日はコンディショナーに時間を費やしていると思ったら結構つらいですよね。。。

その30時間を他に充てて、仮にその時間価値が1,000円/時間だった場合は30,000円。
2,000円/時間だった場合は60,000円です。

それだけの時間とお金をかけるメリットを感じられていますでしょうか?

②背中の肌荒れ(ニキビ)が一切なくなった

思春期からコンディショナーをやめるまで約10年間背中のニキビに悩んでいました。
かなりの量のニキビが背中にできていて、海やプールに行きたくないほど。
それがコンディショナーをやめたら数週間でニキビがきれいに無くなったんです。

これは完全に想定外でした。

なぜ背中のニキビが無くなったのかというと、洗い残しが毛穴に詰まっていたのが原因のようです。

当時コンディショナーを洗い流した後に背中がぬるぬるした感じはあったのですが、何回かお湯をかけてもなかなか取れません。
まあ良いかぐらいに思い、放置していたのがいけないんだと10年前の自分に教えてあげたいです。

③シャンプーが自分に合うか判断しやすくなった

コンディショナーを使わないので、シャンプーの効果がダイレクトに分かるようになります。
コンディショナーも使うと組み合わせによって仕上がりが変わってくるし、どちらがどんな影響を髪に及ぼしているのか分かりにくいですよね。

最近のシャンプーは以下のように色んな用途のモノが市販で出回っています。
これにさらにコンディショナーを塗布する意味はどれくらいあるのでしょうか?

  • ボリュームを抑える
  • ボリュームを出す
  • しっとりさせる
スポンサーリンク

時短・肌ケア・ヘアケアする方法

〇課題を全部解決するモノ

  • コンディショナーは洗い流すのに時間がかかる
  • 洗い残すと肌が荒れる
  • でもヘアケアはしたい

そんな状況でオススメなのが、洗い流さないトリートメントです。
薬局でもよく売っているのでご存知だと思いますが、これが一番の解決方法だと思います。

洗い流さないトリートメントとしてオススメなのが、ミルボンのディーゼス エルジューダ MOです。

硬さがあって動かしづらい髪に、やわらかおさまりタイプ。
やわらかくなる力を高め、よりおさまり感のある状態に整えます。
by mILBOn

〇口コミ

2019/2/27時点 amazonで4.3点です。
美容院で良く使用されているだけあり、口コミも高評価が多いです。

  • 毛量の多い髪なのに使って一週間でふわふわさらさらになった
  • この商品のおかげで安心してブリーチができる
  • 紫外線カットや静電気の予防にもオススメ

などのコメントがありました。

洗い流さないトリートメントで時短・肌ケア・ヘアケアの全部取りをオススメします。

まとめ

POINT

  • コンディショナーをやめると時短になる
  • 背中のニキビが無くなった
  • シャンプーの良し悪しが分かるようになった
  • 使うなら洗い流さないトリートメント

いかがでしょうか?

何となくコンディショナーを使っているのならば一旦やめてみることをオススメします。
もし必要だったらまた再開すれば良いだけの話です。

脱コンディショナーで生まれた時間を有効に活用できると良いですね!

 

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です