風呂水ポンプは経済的ではない理由

どーも。テルです。

今回は”風呂水ポンプ”っている?って話です。

お風呂の水を洗濯の洗いの工程で使用する風呂水ポンプ。

お風呂の水を無駄にしないから経済的だなんて言われてますが、本当にそうなのか検証したいと思います。

スポンサーリンク

風呂水ポンプって?

  • amazonで調べると安いものでだいたい2000円くらい
  • 消費電力は約10W程度
  • 水汲みだし時間は5分程度

このくらいのスペックでした。

電気料金を計算すると以下ですね。

10W×5分×0.027円/Wh÷60分=0.023円

※公益社団法人 全国家庭電気製品公正取引協議会 電気料金の目安単価

やす!

では、実際に洗濯で使う水の量と比較して経済的か検証しましょう。

スポンサーリンク

本当に経済的なの?

  • 一回の洗濯量は家族向けを想定して8kg
  • 洗い工程時の使用水量は45L

このスペックで水の料金を計算すると以下ですね。

  1. 月の使用水量が20m3以下:11円/m3×45L(0.045m3)=0.5円
  2. 月の使用水量が20m3以上:166.3円/m3×45L=7.5円

えっ!?月の使用量が20m3超えると水道料金の上昇率がえぐくないですか?それにまずびっくりしました。

以下が名古屋市の水道料金の一覧なんですが、水を使えば使うほど使用料金が上昇していくようになっています。

税金の課税方式である累進課税(金持ちほど多く税金を払う)と同じ仕組みですね。

ちなみに家族が4人家族でも40m3(=40,000L)を超えることはあまりないと思いますので、41m3以上は省略します。

 

スポンサーリンク

つまりどんだけ得なの?

水道料金2パターンで考える必要があります。

月の使用水量が20m3以下の場合

風呂水ポンプ電気代0.023円ー水の使用量0.5円=▲0.48円/回

毎日お風呂入って毎日洗濯するとしたら、▲175.2円/年

すくな!ポンプの代金2,000円をペイして利益が出るのに、11年かかります。。。

11年も使ったらポンプも壊れそうですね。

月の使用水量が20m3以上の場合

風呂水ポンプ電気代0.023円ー水の使用量7.5円=▲7.48円/回

毎日お風呂入って毎日洗濯するとしたら、▲2,729円/年

おー。1年でポンプ代をペイできますね。

じゃあ使用水道料が20m3を超えていればお得なんですね?

これを忘れていませんか?

ポンプをセットするのは誰ですか?

あなたです。

ポンプをお風呂に入れてスイッチを押し、給水が終わったらスイッチを押して片付けをする、一連の作業で5分はかかると思います。

また、水を出すときのスイッチと止めるときのスイッチで2回風呂場に行かなきゃいけないので、自分のやっていたことが中断されますね。

5分/日として、1年で1,825分(=30時間)です。

あたなの時給が@1,000で30,000円、@2,000円で60,000円です。

(ちなみにあなたの時給はあなたが自由に決めて良いです。自分の時間がものすごく大事な人は@100,000でも良いと思います。)

つまり、トータルで考えると、なんにも得ではなく、ただの時間泥棒だと思います。

結論

給水ポンプを買ってはいけない。

 

参考になれば幸いです。

 

それでは

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テル@ミニマリスト&不動産投資家です。 サラリーマンだけど、割と自由に生活してるアラサー。様々な手段でコストを圧縮し趣味にフルコミットしています。 ミニマリズム、お得情報、マイホームなどについて書いています。