アルミホイールが必要ない理由3つ

どーも。テルです。

今回は“アルミホイールっている?”っていう話です。

焼き芋包むアルミフォイル(aluminium foil)ではなくて車のアルミホイール(aluminium wheel)です

高級車なんかは標準装備されているアルミホイールですが、昔はスチール(鉄製)ホイールが主流でしたよね?

まずはアルミホイールが生まれてきた背景について!

スポンサーリンク

アルミホイールが生まれた背景

アルミホイール

スチールホイール

  • 元々スチールホイールが主流だった
  • スチールに対し同強度で軽量に仕上げられる可能性と、足回りが軽量化することにより加減速と操舵の反応、路面追従性が向上することが見込まれたため、アルミニウム製ホイールが採用された。

なんだ。アルミホイールの方が良いじゃん!って思いますよね?さらにこんなメリットもあります。

 

スポンサーリンク

アルミホイールのメリット

  1. 鋳造で作るアルミホイールが多く、様々なデザインを採用できる
  2. 見た目がかっこいい

 

①様々なデザインを採用できる

鋳造とはアルミホイールの型に溶けたアルミを流し込んで、固めるという製造方法です。ブドウグミみたいな感じですね。

これによって、型の構造を変えればあらゆるデザインのホイールが製造できることになります。

 

②見た目がかっこいい

→いろいろなデザインが採用できることもあり、高級車などがこぞって採用するようになりました。これが影響し、一般の車でもアルミホイールをオプションや標準装備している場合が多くなりました。

ではデメリットはないのでしょうか?

いえいえ致命的なデメリットがあります。

スポンサーリンク

アルミホイールのデメリット

  1. アルミは力が加わるほど無限に強度が低くなる性質を持つため、スチールホイールに対して分厚くなりがち
  2. コストが高い
  3. 燃費が悪くなる可能性も

 

①スチールホイールよりも分厚い?

→そうなんです。アルミは強度が低くなるという性質を持っているため、各車メーカーは分厚めに設計する必要があり、結果スチールホイールより分厚く、重くなってしまうケースが多いのです。

あれ?もともと軽量化のために作ったんじゃないの?

攻めた設計をすれば薄くすることもできるのかも知れませんが、人命には代えられないですからね。

 

②コストが高い

→これはホイールサイズ、ホイールブランド、どこでホイールを買うかにもよるので一概に言えないのですが、例えばトヨタのアイシスの場合、純正のホイールは1本27,000円ほどだそうです。交換にかかるディーラーの工賃は3,000円/本だそうですので、計120,000円もかかってしまいますね。。。

 

③燃費が悪くなる可能性も

→スチールホイールに対して重量が重くなる場合があるので、当然燃費が悪くなる可能性があります。

いかがでしょうか?

 

見た目を重視したいという方は重量がちゃんと軽くなるのか確認してから変えた方が良いと思います。

コスト高い、重量重いじゃわりに合わないですからね。

見た目も気になるけど、コストはかけたくないという方、スチールホイールに取り付けるオシャレなホイールキャップも増えていますので、調べてみてください。

4枚で2,000円くらいからあります。自分で取り付けられるし、お試しで買ってみるもの良いかも知れませんね。

ホイールキャップ

 

それでは。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テル@ミニマリスト&不動産投資家です。 サラリーマンだけど、割と自由に生活してるアラサー。様々な手段でコストを圧縮し趣味にフルコミットしています。 ミニマリズム、お得情報、マイホームなどについて書いています。