モノの住所を決めるルール

ども!テルです。

今回は“モノの住所を決めるルール”について!

いきなりですが、皆さん住所ってもちろんありますよね?このブログを見て頂いている方は皆さん住所があると思いますが。

では皆さんの自宅にあるモノでここに置くと決めているモノはありますでしょうか?

例えばテレビ。毎日場所を動かす方はいないですよね?

例えばソファー。これも毎日動かす人はいないですよね?

ではもっと小さいモノで、服。

普段はクローゼットの中にしまっていると思いますが、朝羽織って家を出て、帰ってきたときにそこら辺にポイっと置く。洗濯終わった後に畳まずにハンガーにかかったままになっている。

例えば靴。

普段は靴箱の中にしまっていると思いますが、毎日違う靴を履いて出て、帰ってきたときにクローゼットにしまわないので、玄関が靴だらけになってしまう。

皆さんはそんな経験ないでしょうか?

仮にモノの住所を決めて片付けるAさんと、モノを出しっぱなしにするBさんがいるとして、二つのパターンで考えてみましょう。

スポンサーリンク

AさんとBさんの違い

 

AさんとBさんの朝出かけるまでの行動を見てみましょう。

まずAさんの朝会社に行くまでの一日を想定してみましょう。

Aさんの場合

  • 朝起きて、コーヒーを淹れて、パンをトーストします
  • お気に入りのジャムを冷蔵庫から取り出し、パンに塗って食べます
  • お気に入りのシャツの袖に腕を通し、少し早めに家を出ます

 

余裕があって良いですねー。

では、Bさんはどうでしょうか。

Bさんの場合

  • 朝起きて、コーヒーを淹れようと思ったのですが、コーヒーを淹れるドリッパーがない。諦めて水を飲みます。
  • パンをトーストしてジャムを塗ろうと思ったらジャムは二つあるけどどちらも賞味期限が切れているので何も塗らずに食べます。
  • シャツを探したが見つからない。結局落ちているしわだらけのシャツを見つけ、アイロンをかけ、パンを口に咥えたまま急いで家を出るも、完全に遅刻。。。

 

AさんとBさんの違いは何でしょうか?

僕は時間管理の最適化ができているか否か。そこにメリットを見いだせているか否かだと思っています。

どういうことかというと。

スポンサーリンク

時間管理の最適化とは

何かを行うときに、必ず前準備って必要ですよね?段取りのことです。

例えばゲームをやるにはゲーム機、コントローラを準備し、それぞれの配線をセッティングする。そしてゲームソフトをセットしたところでやっとプレイができます。

でもそれらのモノがどこにあるか分からない状態ではすぐにプレイできません。でも早くゲームをやりたいので、テレビ台の中にゲーム機を配線した状態で置いておく。

これが段取りです。

この段取りをしておくことで、何かをやろうとしたときに最適、最速で準備が可能になります。

要はAさんは最適にできることをメリットとしてとらえているから、モノの住所を決めているのです。

ただ片付けが好きだからというわけではなく、モノの住所を決めているからこそ無駄を省き、余裕が生まれます。

現在これができていない人は向いている向いていないではなく、メリットを理解していないからだと思います。

スポンサーリンク

モノの住所を決めるにあたって邪魔になるモノ

部屋の収納に対してモノが多いとモノの住所を決めれません。

そんな時は以下の記事を参考にしてみてください。

 

どうでしょうか?

モノの住所を決めるのは才能でもなんでもないと僕は思っています。いかにメリットを体感できるかどうかだと思いますので、一度トライしてみてはいかがでしょうか?

 

それでは

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テル@ミニマリスト&不動産投資家です。 サラリーマンだけど、割と自由に生活してるアラサー。様々な手段でコストを圧縮し趣味にフルコミットしています。 ミニマリズム、お得情報、マイホームなどについて書いています。