宝くじっている?

ども!テルです。

今回は”宝くじっているのか?”って話です!

一攫千金を夢見て買っている人もいるかと思います。

宣伝も昔から有名人を起用して超大々的に広告を打ち出していますよね。

そんな日本人にも非常になじみの深い宝くじ。これの歴史利益構造などにメスを入れてみましょう!

スポンサーリンク

宝くじの歴史

  • 1944年9月 – 当時の根拠法である「臨時資金調整法」に基づき、「福券」として発売
  • 1945年7月16日 – 名前を「勝札」(かちふだ)に変更して発売したが、8月の抽せん前に敗戦し、”負札”の異名をとる。10月に最初の政府宝くじが発売される。1等10万円。
  • 1946年 – 臨時資金調整法が改定され、政府のほか全国都道府県も宝くじの発売が可能となる
  • 1947年3月10日 – 第1回東京都復興宝くじ発売。1等1000円、2等100円、3等10円。
  • 1948年 – 3月に廃止された「臨時資金調整法」に代わり、現在の根拠法である「当せん金附証票法」が7月に制定。政府命令での発売が、銀行が業務を受託する方式となった。
    10月に発売された「第5回東京都復興宝くじA」で、住宅一棟が副賞の賞品として登場。
  • 1949年 – 5月より横浜市・名古屋市・京都市・大阪市・神戸市(いわゆる5大市)、12月より内閣総理大臣が指定する戦災都市での発売が認められる。
  • 1964年 – 財団法人日本宝くじ協会が発足

wikipediaから引用

これ以上は長いので割愛します。

それにしても最初から法律でガチガチですね笑。それもそのはず。ギャンブルなのを、国や地域に財政的貢献をするという目的も含ませて無理やり合法化させたモノが宝くじだからです。

上記にもあるように、かつては家なども副賞で当たっていたようで、人気が加速して現代のように国民に多く購入されているというわけです。

さてそんな多くのお金が動く宝くじですが、収益の構造はどうなっているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

宝くじの収益構造

全国自治宝くじ事務協議会のウェブサイトを見ていただければわかりますが収益金(宝くじの購入費)は以下のように分配されています

  1. 当選金 3,959憶円(46.8%)
  2. 全国都道府県へ割り振った後、公共事業費へ 3,348憶円(39.6%)
  3. 印刷経費、売り捌き手数料 1,038憶円(12.3%)
  4. 社会貢献広報費 107億円(1.3%)

販売実績額 Total 8,452憶円(平成28年度)

①当選金

このブログ内容を投資のカテゴリにしても良いのか迷った要因はこれなんですが、当選金は全体の売り上げの50%切っているんですよね。つまり買った瞬間に半分以上損が確定するわけです。

②公共事業費

→宝くじができた歴史にもありますが、元々財政的貢献という意味合いが強いのが現れています。 この割り振り先は明示されていますが、政府系関連企業(天下り先)に流れている可能性も高いですね。

③印刷経費、手数料

→宝くじ印刷代や、宝くじ売り場、広告費に使われているんですね。って高!そりゃあんだけ有名人起用して夢!ドリーム!お金!とか言ってれば多くの人が買うんでしょうね。

④社会貢献広報費

→日本宝くじ協会のウェブサイトに記載されていますが、献血専用車両や、交通、消防、公園など割とまともに使われていそうです。と思ったら全収益金の1%かよ。。。

 

では宝くじの当選確率ってどうなんでしょう?

これが分からないと当てたいと思って宝くじを買っている人が今後も購入するに値するか判断できませんからね。

スポンサーリンク

宝くじの当選確率

当選等級 当選額 当選確率
1等 5億円 0.00001%
1等前後賞 1億円 0.00002%
1等の組違い 10万円 0.001%
2等 2,000万円 0.00002%
3等 100万円 0.001%
4等 10万円 0.01%
5等 3,000円 1%
6等 300円 10%

1等に当選する確率は0.00001%です!ちょうど雷に打たれる確率と同じですね笑。(ヘッド画像の理由はこれです。)

もちろん交通事故にあう確率はもっと上なわけで、宝くじに当たるというのがどれだけ非現実的なことかお分かり頂けたでしょうか。

 

まとめ

買った瞬間に半分損して、その損したお金で役人を肥えさせ、雷が自分に落ちる確率と同じ1等を狙いたい方はどうぞ買い続けてください。

そうではない方は買わないことをお勧めします。。。

 

それでは。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テル@ミニマリスト&不動産投資家です。 サラリーマンだけど、割と自由に生活してるアラサー。様々な手段でコストを圧縮し趣味にフルコミットしています。 ミニマリズム、お得情報、マイホームなどについて書いています。