可燃ごみの種類ってどんなんがある?意外と知らなかったあれも可燃ごみ

ども!テルです。

これは可燃なんだろうか?不燃なんだろうか?資源何だろうか?って迷ったことありませんか?

僕はないです!

これは可燃に決まってる!と思い込んでいたので。

思い込みが激しいんですかね。

そんなん知ってるわって言われそうですが、まずは可燃ごみのおさらいから。

スポンサーリンク

可燃ごみの種類

以下が名古屋市の場合の可燃ごみの対象となるごみの一覧になります。

引用元:名古屋市HP

①プラスチック系のごみ

意外ですが、プラスチック系のごみも名古屋市では可燃ごみなんです。(可燃ごみが一般的のようですが)

このプラスチック系のごみがまたややこしいんですよね。

というのも地域によって、またサイズやマークによって以下のように処理が異なったりするんです。

  • 可燃ごみ:燃焼させる際の燃料代わりとする
  • 破砕ゴミ:砕いて埋め立てる
  • 資源ごみ:プラマークが付いている場合
  • 粗大ごみ:30㎝角を超える場合

結局各自治体のホームページなどで調べるしかないという。。。

どこでも対応を一緒にしてくれればありがたいのですが、各自治体の都合があるので仕方ないです。

なお、プラごみの捨て方については以下の記事でも説明していますので参考にどうぞ。

なお、粗大ごみになりそうなプラスチックもノコギリで切ってしまえば可燃ごみで捨てられます。

わざわざお金出してまで面倒な粗大ごみで捨てたくないですよね。

②金属との複合製品

えっ?ボールペンとか不燃ごみじゃないの!?って思いますよね?

僕は金属が少しでも入っていたら不燃ごみ何だと思っていました。

プラが大半だったら可燃ごみらしいです。

でも判断があいまいですよね。

個人の裁量に任せているので、まあいいやで可燃で捨てられる不燃ごみもありそう。。。

良いのか名古屋市!(笑)

③その他の地域

参考に東京都新宿区のごみの分別は以下リンク先に記載されています。

あいうえお順になっており、すごく丁寧。

さすが東京という感じですね。

ちなみに新宿もボールペンは燃やすようです。

スポンサーリンク

可燃ごみの捨て方

意外と一人暮らしし始めたばかりだと分からない場合も多いのではないでしょうか?

手順としてはこんな感じです。

①ごみ袋を買う

まずは各自治体で定められたごみ袋をスーパーなどで購入しましょう。

ちなみに名古屋市はこんな感じです。

いろいろな容量があるので、ごみ箱のサイズやごみの量に合わせて購入した方が良いです。

引用元:名古屋市HP

②ごみ袋にごみを詰め込む

夏場はごみやおむつがニオイます。

100円均一などに売っている食べ物用のビニール袋に包んで捨てるとニオイがだいぶ緩和するので試してみてください。

③ゴミ出しをする

各地区ごとに定められた曜日に指定の場所に捨てるだけです。

捨てる場所、時間は以下のように色々なパターンがあるので、不明の場合は各自治体で確認してみましょう。

  • ごみステーションがある場合
  • いつでもゴミ出しOK(最新のマンションなど)
  • 各家の前に放り出すだけ(名古屋市がそう)

④ゴミ出しの注意点

〇指定曜日前にゴミを出す

僕も大家なので困るときがあります。

気持ちは分からなくもないですが、前日にゴミを出したりする方がいますね。

カラスが寄ってきてごみを荒らすので、是非ごみは回収日当日に出して頂きたいです。

〇分別ができていない

これもよくあります。

プラゴミの中に缶が混じっていたり、粗大ごみを可燃で出していたり。

回収されないので放置されることになりますが、誰も回収してくれないので、結局業者を手配する羽目になります。

家の前にゴミが置きっぱなしというのも見栄えが悪いので、ごみはしっかり分別しましょう。

スポンサーリンク

可燃ごみは回収された後どうなるか?

可燃ごみは以下の方法で処理されます。

  1. 直接焼却炉に運ばれて燃やされ、熱は発電、余熱は温水プールなどに利用され燃えカスは埋め立てられる
  2. 中間処理場へ行き、可燃ゴミと生ごみに分別される。生ごみは肥料化施設へ行き、農地などの肥料と燃えカスは埋め立てられる(この際、可燃ごみに分別されたら①と同じ処理となる)

EICネットから引用

①直接焼却炉に行く場合

生ごみに分別されない場合ですが、分別のコストを考えたら熱エネルギーとして回収した方がコスト的にはメリットあるのかも知れませんね。

②中間処理場通る場合

肥料にされる分がどのくらいになるのかはわかりませんが、農地に安く、もしくは無償で提供できるなら自治体としてのメリットもありそうです。

まとめ

POINT

  • ゴミの捨て方は各自治体によって異なるので、自治体のHPなどで確認しましょう
  • プラゴミは各自治体、サイズ、マークで捨て方が異なるのでしっかり確認しましょう
  • ゴミは指定の曜日に捨てましょう

結構面倒ですけど、自治体がごみを回収してくれるからこそキレイな街に住めるんです。

キレイな街づくりの一環としてごみ捨てはしっかり確実に行っていきたいですね。

 

ではまた!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テル@ミニマリスト&不動産投資家です。 サラリーマンだけど、割と自由に生活してるアラサー。様々な手段でコストを圧縮し趣味にフルコミットしています。 ミニマリズム、お得情報、マイホームなどについて書いています。