マットレスっている?

ども!テルです。

 

今回は”マットレスっている?”という話です。

マットレスって良いですよねー。ふかふかで快適だし、初めてマットレスを購入した時はその気持ちよさに嬉しくなったような気がします。

マットレスいる?って言っといて褒めてますが、マットレスがあることによるデメリットもあると思います。

スポンサーリンク

マットレスのデメリット

  1. 経たる(へたる)
  2. とにかくスペースを取られる
  3. コストが高い(ちゃんとしたやつは)

 

①経たる

→人が仰向けで横になったとき、背中とおしりの間に隙間ができることで、背中とおしりに体重が集中してしまうのですが、これを和らげてくれるのがマットレスです。

でもモノや使い方によっては背中とおしりの部分が段々窪(くぼ)んできます。この窪みがあることによって背骨が本来の体の位置に来なくなり、場合によっては腰が疲れたり痛みを感じてしまうまでに至ることもあるそうです。

型崩れした人形が元に戻らないのと同じように、マットレスも元に戻ることはありません。買い替えが必要になるのでコストがかかりますね。

②スペース泥棒です

→サイズを調べるとシングルで幅1m、長さ2mくらいです。

平米で言うと2㎡くらいですが、1Kの間取りは大体20~25㎡なので居住スペースの1割程度を占めることになります。

1Kの家賃相場は居住地区によって異なりますが、4~7万円と考えると1割で4000~7000円を毎月マットレスのスペースに払っているようなもんですね。

これ無駄じゃないですか?マットレスがなかったらもう少し狭い部屋で賃料も安いところでもいいかも知れません。

折りたためるマットレスならたたむということができますが、重いので結構大変だったりしますよね。

③コストが高い

→ちゃんとした奴はコストが高いです。

安いものは1万円くらいでありますが、おそらく経たるのが早いでしょう。有名ブランドのモノはまさに青天井の料金設定なので、お金をかけようと思ったらいくらでもかけられそうです。

 

では反対にマットレスがないことによるメリットはあるでしょうか?

スポンサーリンク

マットレスがないことによるメリット

  1. スペースが広く使えて経済的
  2. 背骨が立っているいるときと同じ形になるので、負担がかからない

 

①上述の通りです
②背骨に負担がかからない

→こちらも上述の通りなのですが、実は僕もニ〇リの安いマットレスを経たった状態で使っておりました。

腰と背中に違和感があって不思議に思っていたですが、妻が整体院で施術している友人に聞いたところマットレスとすのこが原因ではないか?とのことでした。

思い切ってマットレスとすのこをやめたところ、布団が硬いので最初はすごく違和感があったのですが、それも徐々に慣れていき気付いたら体の違和感はなくなっていました。

これは個人差があると思いますが、コストをかけて体を痛めつけていたと思うと他人が思う常識に自分は踊らされているなど感じました。

 

いかがでしょうか?

しっかり管理すればマットレスは快適だと思いますが、デメリットも存在します。マットレスの購入時の気付きになれば幸い!

 

ちなみにこちらではベッドについても記載していますのでよかったらどうぞ。

 それいる?
それいる?
https://minioist.com/2018/09/18/bed/
幸せを呼ぶ脱過消費生活のススメ

 

それでは。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テル@ミニマリスト&不動産投資家です。 サラリーマンだけど、割と自由に生活してるアラサー。様々な手段でコストを圧縮し趣味にフルコミットしています。 ミニマリズム、お得情報、マイホームなどについて書いています。