まず最初に見てほしいページ

最初に見てほしいページ

オススメの記事、カテゴリをまとめています(こちら

禁煙がコスパ最高の理由8つ。日本人に人気のあの地域でも吸えなくなるかも?

ども!テルです。

タバコ。みなさん吸っていますか?

百害あって一利無しなんていいますが、百害って何でしょうか?

健康とお金くらい?
いえいえ他にも様々ありますよ。

というのも僕は喫煙者でしたが、タバコをやめたからこそ、そのメリットを知ることができました。

禁煙したいならば、まずしっかりメリットを知るところがスタートだと思いますので、詳しく書いていきます。

【この記事を読んで解決すること】

  • タバコをやめるメリットが分かる
  • タバコをやめた方が良い理由が分かる

【この記事を読んでほしい人】

  • タバコをやめたい人
  • タバコをやめてほしい人にやめるべき理由を伝えたい人
スポンサーリンク

健康になるという実感が湧いた

タバコを吸っていたころは寝起きが悪く、口の中の気持ち悪さもありました。
でも吸わなきゃという義務的な気持ちから一服。

元々ノドが敏感だったので、タバコを吸うとよくせきをしていました。

また、煙が目に染みて目薬も頻繁にさしていました。

さらにヤニで歯も黄色くなりました。

  • 寝起きが悪い
  • せきが出る
  • 目が染みる
  • 歯が黄色くなる

うん。絶対に健康に悪い。

たまにタバコは本当に健康に悪いのか?という記事を見かけたりしますが、僕はタバコをやめて上記の症状が全て改善しました。

なお、タバコ起因でガンに至って死亡する比率は男性で1.6倍、女性で1.9倍という研究結果も得られています。
(参考:国立がん研究センター

明らかに命に影響しているので、タバコは健康をおびやかすということは覚えておきましょう。
また、喫煙者で上記のような健康被害がある場合はタバコが原因である可能性が高いです。

スポンサーリンク

自由に使えるお金が増えた

タバコをやめることでタバコ以外に使えるお金が増えました。

当時300円ちょっと/箱だったので、1箱/日と考えても10,000円/月のコストをタバコに支払っていたことになります。

10,000円/月あったら投資信託を買ったり、本を買ったり、旅行に出かけたり何でもできますね。
(当時浮いたお金を何に使ったかは覚えていません。。。)

なお、2018年10月タバコ税が増税となる影響により、たばこの値段が上がりました。
セブンスターで500円/1箱です。(参考:日経新聞

先ほどの1箱/日だったら、15,000円/月ですよ。
世の中のお父さんのお小遣いぐらいいってしまうのではないでしょうか?

ちなみに、ヨーロッパ諸国は1,000円弱なので、まだ半分程度で済んでいるとも言えますが、日本もまだ値段が上昇する余地があるとも言えます。

もっとコストを詳しく計算すると、、、
セブンスターを毎日1箱吸うと仮定すると、以下のようになります。

  • 10年 500円×365日×10年=1,825,000円(A)
  • 20年 (A)×2=3,650,000円
  • 30年 (A)×3=5,475,000円
  • 40年 (A)×4=7,300,000円
  • 50年 (A)×5=9,125,000円

一生吸ってたら約1,000万円。かなり高額ですね。

1,000万円もあったらamazonで不動明王様が買えますので是非検討ください!
誰も買わないか(笑)
商品レビューが面白いので要チェックです。

スポンサーリンク

自由な時間が増えた

タバコを吸っているときはどうしてもタバコを吸う時間が必要になってきます。

一服するのに3分だと仮定すると、1日で1箱吸えば合計1時間を取られてしまいます。
(何かをしながらの場合もあると思いますが、タバコだけに時間を取られると仮定)

ということは、一生タバコを吸っていたら、2年間はタバコを吸うのに使っていることになりますね。

  • 10年 1時間×365日*10年=3,650時間(≒152日)(B)
  • 20年 (B)×2=304日
  • 30年 (B)×3=456日
  • 40年 (B)×4=608日
  • 50年 (B)×5=760日

また、この時間をお金に置き換えると以下のようになります

〇例えば時給1,000円の場合

  • 10年で152日:3,648,000円
  • 20年で304日:7,296,000円
  • 30年で456日:10,944,000円
  • 40年で608日:14,592,000円
  • 50年で760日:18,240,000円

この時間を使ってブログや投資をしてさらに収益が見込める場合は、これよりも金額が上振れすることになります。
いわゆる機会損失というやつですね。

〇例えば時給2,000円の場合

  • 10年で152日:7,296,000円
  • 20年で304日:14,592,000円
  • 30年で456日:21,888,000円
  • 40年で608日:29,184,000円
  • 50年で760日:36,480,000円

一生で3,000万円超えの機会損失です。
時間的価値も無駄にしていることが良く分かりますね。

ニオイが気にならなくなった

タバコをやめて大きく変わったのはココ。
人が吸っている時のニオイがすごく気になるようになりました。

タバコを吸っている時は気にならなかったのに、タバコを吸わなくなってから正直言ってクサイんです。。。
やめたらすぐにクサがるなんて都合が良いですね(笑)

  • 気付かないうちに周りを不快にさせる
  • 自分の子供からも煙たがられる
  • 服に臭いがつくので、営業にも不向き

ニオイというのは社会人としてのエチケットの1つです。
クサイだけで無条件で警戒、嫌悪感を抱かれますので注意が必要です。

タバコのヤニを気にしなくて済む

タバコを吸っているとヤニがついて壁紙や家財道具が黄色くなります。
また、以下の影響も考えられます。

  • 本来売却できるはずのバッグや服、本がヤニで汚れて売れなくなる
  • 壁紙が汚れるため、賃貸の人は退去時に費用請求される
  • 人を呼んだときの印象が最悪

カバンの中がごちゃごちゃしない

タバコをやめるとカバンの中のモノが少なくなります。
というのも、タバコを吸っているときは以下のモノをカバンに入れるため、カバンの中がかさばるからです。

携帯灰皿を入れておくことでカバンの中も臭くなるので、高価なカバンは使えませんね。

  • 紙巻きタバコの場合:タバコ、ライター、携帯灰皿
  • 電子タバコの場合:タバコ、デバイス、(充電器)、携帯灰皿

イライラしずに済む

タバコが吸えない。
そういったあらゆるシーンでイライラすることが無くなります。

タバコを吸うとリラックスすると思いがちですが、その考えは間違っています。
それはタバコを吸ってない時間にイライラが溜まり、タバコを吸うことでイライラが0に戻ります。

つまり、精神状態的にはタバコを我慢しているマイナスの時か、タバコを吸っているゼロの時しかないのです。

カッコよくなる

  • タバコクサくない
  • 街のスミでぷかぷかしない
  • イライラしてない
  • 喫煙者は追いやられているという愚痴を言わない

これ。イケメンだと思いませんか?

タバコを吸うことは昔はかっこ良いと思われていた時代もありました。(少なくとも自分はそう思っていた)
しかし、時代も変わり、現代人のほとんどはタバコを吸うことはかっこ悪いと思っているのでは?そう思っています。

また、電子タバコの筒状のタイプは、デバイスをグーで握る姿が親指を吸っているようも見えますよね。。。

まとめ

ポイント

  • 健康になってガンのリスクが減る
  • お金に余裕ができる
  • 時間にも余裕ができる
  • ニオイを気にしなくていい
  • カバンの中もすっきり
  • イライラしない
  • カッコよくなる

どれだけ大きな成功をしたとしても、これらを一気に手に入れられることはありません。
タバコを止めることはどれだけコスパがイイことなのか分かって頂けたと思います。

今後はタバコを吸っているだけで『ビジネスのお付き合いをしたくない』と言われてもおかしくない時代が来ると思っています。

デメリットだらけのタバコ。僕はデメリットを把握することですっぱりやめることができました。

この記事が気付きになると幸いです。

【ニュース】

ハワイ州で喫煙は100歳以上からという法案が審議される予定です。
つまり事実上のタバコ販売と喫煙禁止ですね。

もしこの法案が可決されれば、リゾート地などは追随する可能性もあります。
喫煙者にとって、環境はどんどん悪化することになると思います。

 

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です