まず最初に見てほしいページ

最初に見てほしいページ

オススメの記事、カテゴリをまとめています(こちら

本を捨てるだけは断捨離ではない。ダンシャリバウンドしないためのコツ

ども!テルです。

皆さん本は何冊ほど持っていますでしょうか?

最近はネットで何でも調べられるので本を読む方も減っているかと思いますが、紙媒体の本を読む方にとって本のスペースは無視できません。

1冊だけでも結構重くて、ハードカバーだと500g程度あります。

これを何冊も持っていると、スペースも重さも結構なものになりますね。

本を買うのは良いですが、なかなか処分ができない。そんなことありませんでしょうか?

僕は好きな本がたくさんあるのでどんどん本が増えていくので困っているのですが、また読みたい本は残し、それ以外は処分するということを実施しています。

処分をしないとどれが重要な本で、どれがもう読まない本なのか分かりにくくなってしまいますし、先ほどのスペースの問題もあります。

近年、断捨離(だんしゃり)という思想が注目されていますが、本についてもなんとか断捨離で減らすことができないでしょうか?

断捨離は、「もったいない」という固定観念に凝り固まってしまった心を、ヨーガの行法である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用し、

  • 断:入ってくるいらない物を断つ
  • 捨:家にずっとあるいらない物を捨てる
  • 離:物への執着から離れる

として不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的である。
ヨーガの行法が元になっている為、単なる片付けとは一線を引く。
引用元:wikipedia

ということで、本の断捨離について順を追って説明します。

スポンサーリンク

本の断(入ってくるものを断つ)

本を購入する際に、なんとなくではなく明確な意思と判断基準を設けることで、余計な服を購入しなくて済みます。

①いつか読むという理由で購入してはいけない

いつか読もうと思って本を購入した場合、たいていすぐには読みませんよね。

そして久々に見ると「あれ?こんな本持ってたっけ?」と思う日がくるかも知れません。(僕は良くありました)

そうならないために、リアルな店舗で買う場合はパラパラとめくり、「これ読みたい」と思った本を買うと良いと思います。

また、amazonなどECサイトで買う場合は、商品説明欄やコメント欄を見て読みたいと思った本を買うと良いと思います。

amazonは中古で安いからとつい何冊もタイトル買いしてしまい、積読(つんどく:買ったまま読まずに机の上に放置すること)することが良くあります。

②安いからという理由で買わない

安いからという理由で買うとその本に対しての欲求も低くなってしまいがちです。

「安いから大したこと書いてないだろう。」とか、「自分が調べたい分野のことをさらっと調べたいからとりあえず買っとくか。」という感情で買ってしまう場合ですね。

『アウトプットを意識していないインプットは時間の無駄』でも書いたように、本があるから読むというのは違うと思うんです。

  • 調べたいことがあるから本を読む
  • この物語を知りたいから本よ読む

のであって、アウトプットを意識しないと時間の無駄となってしまいます。

本はあらかじめ、『その本を読んだ自分がどうなるか?』までを意識して買った方が良いと思います。

スポンサーリンク

本の捨(家にある要らないモノを捨てる)

いらない本がたくさんあると本棚のレベルが下がります。

本当は何度も読み返したい本があるはずなのに、いらない本に混じってどれだか分からなくなり、結局読まなくなってしまう。
これってもったいないですよね。

本を捨てることで、本棚を自分の読みたい本だけにしましょう。

①家にある古い本を把握する

家にある本を全て集めてみてください。

今までほとんど本を捨ててこなかった場合、
学生の頃の教科書、参考書、ノート、日記、ガイドブック、雑誌、資格取得、料理など家中を探して一か所に集めると意外と量があると思います。

そして何年も手に取ってない。
むしろ持っていることを忘れているようなモノは捨てましょう。

ビニールひもである程度の冊数をひとまとめにして縛り、決められた日にゴミ捨て場に持っていくか、雑誌類を回収しているホームセンターに持っていくのが良いと思います。

ただ、本は重いです。
大変だという場合は、リコマースというサービスを活用して自宅まで不用品を取りに来てもらうというのもありです。

  1. amazonアカウントで申し込み
  2. 不用品を箱に詰める
  3. amazonギフト券を受け取る

という簡単なステップで申し込むことができます。

時間が無い、運ぶのが大変、よくamazonを使うという方はオススメです。
ウェブサイトを確認してみる⇒Amazonアカウントで利用できる【リコマース宅配買取サービス】

②保管できる容量を決める

保管できる容量を先に決めてしまうことで、物理的に本を所有できる量を制限するというものです。

まずは本棚を用意してください。
ポイントは以下です。

  • お気に入りのモノを買う
  • あまり多くの本が入らないくらいのサイズ

そこに本をしまってみてください。

持っている本があふれるか、余裕があるかは購入した本棚のサイズ次第ですが、その本棚に入る分以外の本は持たないようにしてください。

それだけです。

それ以上に本を買ってきてしまったらどうするか?

代わりに不要な本を捨てましょう。

それを繰り返すうちに本棚は何度も読みたい本で埋め尽くされているはずです。

スポンサーリンク

本の離(本への執着から離れる)

読まないけど捨てられないという本もあると思います。

こういったモノを捨てられない気持ちは分かります。
しかし、持っていても活躍の場面が無いならば、自身の人生に影響を与える機会もまた無いということです。

①読んでない本は捨てる

周りに流されたり、安かったり、衝動買いしたりで積読の本は無いでしょうか?

買ってから数か月読んでない本は思い切って捨ててしまいましょう。

もったいないと思うかもしれません。
でもその気持ちのままだと一生本棚に積読しておくことになりかねません。

②それでも捨てたくない本

〇もう一度パラパラめくってみる

もう一度読みたい!という欲が湧いてこれば、その日に読んで見ることをオススメします。
そうでないものは捨ててしまいましょう。

読む場合のポイントは全部読み切ろうとしないことです。

今まで読んでなかった理由は何かあるはずです。

パラパラめくって興味が湧いたところだけ読む。
最後のページまで到達する時間は10~15分くらいを目安にすると良いと思います。

それでさらに読みたい欲が湧いてきたら、初めから全部読んでみる。
そうすることで気負わなくて良いし、時間も無駄にしないかと思います。

〇amazonで売る

まずはamazonで中古品の最低価格を確認してみましょう。

元々本のECサイトだったamazonはやはり本の流通量も他のサイトなどと比べて圧倒的に多く、売れやすいです。

それなりに売れている本であれば最低価格で出品すると比較的早く売れるかと思います。

なお、売れた際にはamazon手数料、送料がかかりますので、amazonの最低価格が500円以下であれば割りに合わないので出品はやめた方が良いです。

〇他のサイトで売る

ヤフオク、ラクマ、メルカリなどありますが、まあ売れないでしょうね。

やってみて損はないですが、売れたらラッキーくらいの気持ちでやるくらいがちょうどいいかと思います。

〇本屋に売る

amazonで値段がつかないような本は紙袋に入れておき、一定の量がたまったら本屋に売りに行くという感じです。

正直1冊十円、数十円にはなってしまいますが、「捨てるより他の必要としている人に渡るなら良いか」くらいの感覚ですね。

むしろ本が大量にある状態で、amazon、ヤフオクなどを利用して1冊1冊売るのは断捨離がいっこうに進みません。

途中でやる気が無くなってしまう可能性があるのでやめた方が良いと思います。

〇売る本を取りに来てもらう

先ほども紹介した方法です。

一度に大量に処分したい場合は特にオススメですので、ぜひ試してみてください。

Amazonアカウントで利用できる【リコマース宅配買取サービス】



まとめ

POINT

  • 断:いつか読む、安いという理由で購入しない
  • 捨:読んでいない本はまず捨てて、保管できる本の量を決める
  • 離:もったいない本も読まなければ手放す

大事なのは一気に断捨離をしないこと。
いきなりできるはずもありませんので、ゆっくりと自分のペースで進めましょう。

本棚が大好きな本でいっぱいになると良いですね。

 

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です