写真のプリント、自分でやってるの?

ども!テルです。

今回は”写真のプリント、自分でやってるの?”という話です。

前回にプリンターのインクビジネスについて書かせて頂きました。

これの情報をベースに、写真を自分で印刷した場合の印刷コストと店舗で印刷した場合の印刷コストを比較していきたいと思います。

スポンサーリンク

プリンターと店舗の印刷コスト比較

今回もプリンター三強のCANON、EPSON、BROTHERで比較します。

なお、店舗での印刷コストはカメラのキタムラのネット注文価格31円を引用しています。

参考:カメラのキタムラ

①CANON

・プリンター印刷コスト

L判フチなし写真のインク・用紙合計コスト (税別) キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド:約19.4円(大容量/標準容量)/約26.3円(小容量)

・店舗での印刷コストとの差

店舗31円-プリンタ19.4円=11.6円

年間100枚印刷するとしたら、1,160円の差となります。

②EPSON

・プリンター印刷コスト

L判フチなし写真のインク・用紙合計コスト (税別) L判・写真用紙 <光沢>:約20.6円(大容量)/約26.5円(標準容量)

・店舗での印刷コストとの差

店舗31円-プリンタ20.6円=10.4円

年間100枚印刷するとしたら、1,040円の差となります。

③BROTHER

・プリンター印刷コスト

L判フチなし写真のインク・用紙合計コスト (税別) L判・写真用紙 <光沢>:約18.6円(標準容量)

・店舗での印刷コストとの差

店舗31円-プリンタ18.6円=12.4円

年間100枚印刷するとしたら、1,240円の差となります。

なお、プリンタの印刷コストは大容量インクを使った場合の安い方で計算しています。

スポンサーリンク

自宅はモノクロ印刷、写真は店舗の場合

では仮に自宅用プリンターはモノクロ印刷のみ使用して写真は店舗で印刷した場合、自宅用プリンターの機能は必要最低限で良いと思います。

各メーカーの安いモデルと前回記事で紹介したハイエンドモデルの差から、どちらがお得か確認してみましょう。

①CANON

ハイエンドモデル:PIXUS TS8230 6色インク 28,180円(税込み)

ローエンドモデル:PIXUS TS3130 4色インク 5,517円(税込み)

先ほどの写真印刷コストの差額は1,160円/年だったので、年間100枚程度の写真を印刷するならば約19.5年は店舗で印刷した方がお得と考えられます。

しかしプリンターの寿命は5年程度と考えられているため、店舗で印刷した方がコスパが良いですね。

②EPSON

ハイエンドモデル:EP-881AW/AB/AR/AN 6色インク 29,680円(税込み)

ローエンドモデル:カラリオ PX-049A 4色インク 5,609円(税込み)

先ほどの写真印刷コストの差額は1,040円/年だったので、年間100枚程度の写真を印刷するならば約23年は店舗で印刷した方がお得と考えられます。

なお、こちらもプリンターの寿命が5年と考えると店舗印刷で良いと考えます。

③BROTHER

ハイエンドモデル:DCP-J978N-B/W 4色インク 17,553円(税込み)

ローエンドモデル:プリビオ DCP-J572N 4色インク 11,275円(税込み)

差額は6,278円です。

先ほどの写真印刷コストの差額は1,240円/年だったので、年間100枚程度の写真を印刷するならば約5年分に相当します。

こちらはプリンター寿命と同じ程度の年数になるので、カラー印刷や写真印刷はそれほどしないという方は、ハイエンドモデルを購入して自宅で写真印刷でもメリットありそうですね。

 

但し以下の点は注意願います。

  • 上記の価格は2018/10/29時点の価格.comから引用しています
  • インク詰まりやトラブルでインク交換をする場合は想定できていません
  • 廉価インクを使った場合は印刷コストを削減できますが、インク詰まり等のトラブルが起こりますのでご注意ください(我が家のプリンターも写真印刷できなくなってしまいました)
  • モノクロ専用にしてもカラーカートリッジをはめ込まないと印刷できないことがありますのでご注意ください
スポンサーリンク

まとめ

プリンターはモノクロ専用にして写真は店舗の方がいい!

そうすれば以下のメリットがあります。

  • カメラ屋さんで印刷すればキレイにできるし、サイズも選べる
  • 少しでも安いインクを探さなくてよくなる
  • 黒だけなので、プリンタートラブルに悩まされない

カメラのキタムラでは事前に印刷写真をネットで予約しておいて店頭で受け取れるサービスを実施しています。

今回はプリンターのインク代に悩まされない方法として書かせて頂きました。

参考にして頂けると幸いです。

 

それでは。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テル@ミニマリスト&不動産投資家です。 サラリーマンだけど、割と自由に生活してるアラサー。様々な手段でコストを圧縮し趣味にフルコミットしています。 ミニマリズム、お得情報、マイホームなどについて書いています。