悩ましいおもちゃの片付け ~4-6歳~

ども!テルです。

子供のおもちゃの片付けに頭を悩ませている方は多いと思います。

僕も相当悩みました。。。

妻とのケンカの原因になったりもしばしばありました。

子供が小さいうちはしょうがないと割り切るのもありです。

でも子供の年代別に子供のおもちゃの片付けのあるべき姿は?という指標があると良いと思いませんか?

ということで、今回は子供が4歳から7歳になる前までのおもちゃの片付けについて書きます。

スポンサーリンク

どんなおもちゃが多い?

①パパ、ママが買ってあげるおもちゃ

保育園や幼稚園のお友達やテレビに影響を受け、キャラクターモノのおもちゃが圧倒的に多くなります。

また、飾ったりするものや、外で遊べるもの、もっと小さいころに遊んでいたおもちゃなど、遊べるおもちゃが増えてくる印象ですね。

色んな種類のおもちゃが増えてくるので、片付けを知らないとおもちゃが部屋にぶちまけられる悲惨な状態になります

しっかり片付けをして、好きな時に好きなおもちゃで遊べる環境づくりが大事ですね。

②周りの人が買ってくれるおもちゃ

身近な人なら『この子はこのキャラクターが好き。』というのは知っていると思います。

じいじばあばなんて会うたびに高価なモノを買ってくれるかもしれません。

たまになら良いんですが、じいじばあばに会ったらおもちゃもらえるのが普通と思われるのも考え物ですよね。

少しだけ話がそれるのですが、『マシュマロ テスト』という動画をご存知でしょうか?

子ども時代の自制心と、将来の社会的成果の関連性を調査した著名な実験。スタンフォード大学の心理学者・ウォルター・ミシェル(英語版)が1960年代後半から1970年代前半にかけて実施した。

引用元:wikipedia

テストは簡単で、以下の手順で進めます。

  • 子供の前にお皿の上に乗ったマシュマロを1つ置く
  • 子供には「マシュマロは食べても良いけど、15分後戻ってくるまで食べていなかったらもう1つマシュマロをあげる」と言ってその場を去る
  • その子がマシュマロを食べるかどうかを隠しカメラで撮影し、様子を観察する

 

その我慢しているしぐさや、すぐ食べてしまう子の様子がかわいいく、のほほんとした動画なのです。

が!その後のテストを受けた子達の将来を追っていくと以下の因果関係があることが分かりました。

『知能指数や、経済的な成功度合いについてマシュマロを食べてしまったグループとそうでないグループには明確な差がある』

また、この就学前の自制心の有無は生涯に渡って継続するというから驚きです。

この研究から、自制心を養うためにも、なんでも与えたら良いモノではないというのが良くわかります。

かわいい子こそ、しっかり我慢を覚えさせるために、じいじばあばからの過剰供給はセーブしなきゃいけないですね(笑)

スポンサーリンク

どうやっておもちゃ片付けんの?

①おもちゃを分類して片付ける

おもちゃを使ったら戻すというのはできるかもしれませんが、次回おもちゃを使うときにより使いやすくするというのも必要ですよね。

より使いやすくするために、おもちゃの分類が必要かと思います。

大人でも例えば貴重品とTシャツと釣り道具を一緒にしまっている人はいないですよね?

使いやすくするために分類してしまう場所を分けるのが普通かと思います。

その考えを子供のおもちゃにも適用するというのが趣旨になります。

例えばこれ!分類がしやすく、また取り出しやすいですね。

我が家でも同じタイプのキャラクターモノを使用しています。

 ②おもちゃの片付け方

〇おもちゃの分類を一緒に考える

いきなり子供に仕分けせいっていっても「ポカーン」とされるだけなので、最初は一緒に分類してあげましょう。

以下の点に注意すると分類しやすいかと思います。

  • 大きいモノと小さいモノを一緒にしまわない
  • ヘアゴム、アクセサリーなど、体に身に着けるモノはひとまとめにしておく
  • 特定の箱に偏った仕分けをしない

 

〇片付けた後の状態を覚えてもらう

分類をしたら、おもちゃたちの住所が決まったので、その状態を子供になんとなくでも覚えてもらいます。

「遊び終わったらおもちゃもおうちに返してあげようね」など、根気強くうながして片付けができるまでサポートしてあげましょう。

スポンサーリンク

まとめ

  • 4~6歳くらいの子は遊べるおもちゃの種類も増えてきて、子供も片付けをしてくれないと家の中がえらいことになります
  • 一生懸命分類して片付けをすることは、この先の人生、物事を効率よくこなしていくためにも大事なステップかと思います
  • 片付けをするというのは、好きなことだけをしないということなので、自制心を養うことにもつながるかもしれません
  • 上の動画で説明した通り、自制心は生涯に渡って継続する可能性があるので、とても大事なことですね

 

是非しっかりサポートしてあげてください。

少しでも共感頂けたら、シェアしてくれるとうれしいです。

こちらもどうぞ!

 

 

ではまた!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テル@ミニマリスト&不動産投資家です。 サラリーマンだけど、割と自由に生活してるアラサー。様々な手段でコストを圧縮し趣味にフルコミットしています。 ミニマリズム、お得情報、マイホームなどについて書いています。