自分のタメになる習慣を身に着ける4つの方法

ども!テルです。

皆さんは自分のためになっているなー。とかこれためになってないなーって習慣ありますか?

僕はありますよ!例えばこんなんです。

  • 筋トレ  高校生のころからやってます
  • ブログ  まだ2か月くらいですが、毎日書いてます
  • 読書   不定期ですが、ここ2年くらいは暇があれば読むようにしています
  • Podcast 4年前くらいから通勤時に聞いています

 

まだまだ努力が足りないと思いますが、習慣が簡単に身に着けられるとしたらどうですか?

何でもやれてしまう気がしませんか?

今回は習慣の身に着け方について書いていきます。

スポンサーリンク

習慣ってナニ?

まず習慣とは何かってところから確認していきましょう。

①習慣の定義

たった1回やることは「行為」でしかないですが、それを何度も何日もやると「習慣」になります

習慣とは、長い間それを繰り返し行うことで、あたかもそうすることがきまりのようになったこと。

基本的には、行動、身体的な振る舞いを指しているが、広くは、ものの考え方など精神的・心理的なそれも含む。

ある人の習慣は、後天的な行動様式であり、反復して行われることで固定化され、いつしか その人とその人の習慣を切り離して考えることができないような状態になる場合も多い。

「習慣は第二の天性なり」とも言われる。

一般的に、年齢を重ねるにしたがい習慣の数が増え、ある人の行動の中で習慣の占める割合が増え、しかも定着度合いも高まってくる。

引用元:wikipedia

ということで、いかにいい習慣を若いうちに身に着けて自分のモノにしていくかが重要かってことですね。

②どんなものがある?

では習慣にはどんなモノがあるのでしょうか?

習慣には大きく分けて3種類あります。

  • スキルとなっていく習慣:勉強、読書、体を使ったトレーニングなど
  • 体に害がある習慣   :タバコ、酒など
  • リラックスする習慣  :漫画、テレビ、パチンコなど

 

色んな習慣がありますが、今回話したいのは「スキルとなっていく習慣」をどう身に着けるか?です。

③こんなのも習慣です

習慣ってなんだか難しいなあって思うかもしれませんが習慣を一つも持っていないという人間はまずいませんからね。

〇例えば食事

3食食べてますよね?なぜですか?

親がそうだったからかもしれませんが、別に1日1食でも2食でも3食でも4食でもイイですよね?

理由は、今の食事回数が最適だって知っているからその食事回数なんだと思います。

〇例えば漫画

まず文字が読めないと漫画読めないですから。

物語の流れも考えながらでないと理解できないし、読み手側にもある程度のスキルがいるんです。

これはまだ読み書きができない娘に絵本を読んであげることで感じました。

何となくの習慣でも知らない間に色々考えていると思うんですよね。

④なぜ習慣化してしまうのか?

人間はなぜ意識していないことまで習慣化してしまうのでしょうか?

それは人間が慣れる生き物だからだと思うんです。

例えば電車に乗るたびに切符の買い方を駅員に聞くなんてありえないですよね?

でも電車が走っていないような田舎から都会に来た人は、最初は戸惑っていても切符を買い、ついには交通系ICカードでピッとかやるんです。

初めてのことに慣れていかないと脳はフル回転状態になり、すぐ疲れてしまいます。

なので繰り返し実行するようなことに対して、考えることなく動けるように、初動は無意識で実行できるようになることを脳が選択しているのだと思います。

なので「慣れ」を言い換えると「初動を無意識下で実行できるスキル」なんだと思います。

スポンサーリンク

慣れを身に着ける簡単な方法

ではどうやって無意識下で実行できるようにするかというと、大きく分けて4つあります。

①毎日少しでもできるよう、細分化する

例えばあなたが読書の習慣を身に着けたいとします。

いきなり毎日1冊読めますか?無理ですよね。

では毎日1ページだったら読めますか?これは読めると思います。

筋トレの趣味だったら毎日1回腕立て伏せしてみましょう。

読書や筋トレが1週間、もしくは2週間やってみて難なくできるようになったなと思ったら、少しづつ回数を増やしてみて下さい。

そうやって身に着けられるかもしれませんが、ポイントは必ず毎日少しでもやるということです。メモメモ

②とっかかりの作業を限りなくゼロにする

習慣にしたいものをやり始めるのにハードルが高いのは続きにくいです。

例えばトレーニングするのに運動する器具を倉庫から出さないといけないとか、本を読むとき本棚から持ってきてページをめくらなきゃいけないとかですね。

必ずやれるように、トレーニング器具はリビングのど真ん中に置けばいいんですよ。

本だって、読み始めのページを破って机に置いておけばいいんです。

少しでもやらざる負えない状況にもっていくというのが大事です。

③今の習慣を減らす

これが一番大事です。

皆さん家にいるとき全く何もしていない時間はないと思います。

夕食、お風呂などやらなければならないことを除いて、例えばテレビ見ていたり、スマホを触っていたり、ゲームやったりお酒飲んだりしているわけなんです。

寝るまで他の習慣でいっぱいなので、新しい習慣を入れる余地がない。

ここで必要になってくるのはやめる習慣を決めることです。

元々の習慣を現状維持して新しい習慣を取り込むことはできなくもないですが、慣れていないと難しいですし、新しい習慣ができない言い訳になってしまいます。

また、やめる習慣は新しい習慣の邪魔になるモノが良いと思います。

僕の場合、ブログという新しい習慣を実施するためにやめた習慣はお酒でした。

お酒を飲みながらブログを書いたことありますが、支離滅裂で文字数も少ない、酩酊したらそもそもブログが書けないというブログとの相性が最悪だったんです。

新しい習慣をやるときは、自分のためにならない古い習慣を一つやめて、新しい習慣を実施する土台を準備しましょう。

④新しい習慣をアウトプットする

新しい習慣をインプットするだけでなく、アウトプットしましょう。

TwitterやFacebookなどのSNSでもいいし、ブログでも良いと思います。

特にブログはある程度調べて形にしてからアップしなければいけないのでオススメですね。

以下はこのブログでも使用しているサーバーですので参考に。


スポンサーリンク

まとめ

POINT

  • 「習慣を身に着けるというスキル」を若いうちに身に着けるべき
  • 新しい習慣はできるだけ簡単、少量で
  • 古い習慣を捨てる
  • 新しい習慣で得たことをアウトプットする

 

人口が少ない分野ならば数年で、人口が多い分野でも何十年も続けていればいつか世界一になります。

習慣を身に着けて一緒に世界一になりましょう。

僕も頑張ります。

 

それでは!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テル@ミニマリスト&不動産投資家です。 サラリーマンだけど、割と自由に生活してるアラサー。様々な手段でコストを圧縮し趣味にフルコミットしています。 ミニマリズム、お得情報、マイホームなどについて書いています。