ベッドの必要性をマジメに考えた。不要である6つの理由

テルです。

間取りが1Rだとの部屋の大部分を占領するもの。

それがベッドですね。

我が家ではベッドは持っていないのですが、デメリットとメリットを考えた上での結論です。

なぜベッドが必要ないと思ったのか?その考えについて書きます。

スポンサーリンク

ベッドを持つデメリット

①とにかくスペース取られる

サイズを調べるとシングルベッドで幅1m、長さ2mくらいが相場のようです。

平米で言うと2㎡。

(以下は参考)

1Rの間取りは大体20~25㎡なので、居住スペースの1割程度を占めることになります。

1Kの家賃相場が仮に4~7万円と考えると、1割で4000~7000円となります。

このお金を毎月ベッドのスペースに払っているようなもんですね。

ベッドがなかったらもう少し狭い部屋で、賃料も安いところでもいいかも知れません。

ちなみに敷布団だったら畳んで置いとくか、干したり押入に入れたりする。

そうすることで、スペースを有効に使えますね。

2㎡も空いたらヨガマット敷いたり、机置いたりできますしね。

②ベッド自体の価格が高い

外国産の安いモノで1万円切るのもあるんですね。驚きました。

まあ買わなかったらそのお金は他に回せますね。

また、ベッドの分引っ越し代も高くなるので、それもお忘れなく。

③ベッド下の掃除が大変

ベッドの下の掃除って大変なんですよね。

中々動かせるものでもないので、気づいたらホコリの塊が丸まってることも。。。

でもお掃除ロボットを持っていて、ロボットが入るスペースがベッド下にあれば別と思います。

④夜中に他人がベッドの下にいないか不安になる

何か怖くないですか?(笑)

実家に住んでいたころはベッドだったのですが、たまに怖くなったことがあります。

実際にストーカーが潜んでいたという事例もあるので、怖いですよね。

⑤足の小指をぶつける

僕は数回ぶつけました。

これが一番の原因かも(笑)

⑥寝そべって気付いたら朝

帰ってすぐに寝そべることができるため、その日やろうと思ったことが全くできなくなることがあると思います。

そんな時はお気に入りのイスを買ってそこに座るようにすれば寝落ちも防げるかも。

2018/12/22時点で自分が購入した時より2,000円も安くなっているので、正直ショックです。

スポンサーリンク

ベッドを使うメリットって?

ではベッドのメリットって何でしょうか?

①見た目がオシャレ

マンションの新築分譲の紹介なんかを見に行くと必ずありますね。

上級のお部屋はベッドがあって当たり前みたいな。

ベッド自体がオシャレな意匠だと華やかさが増すと確かに思います。

②腰掛けられてソファーの代わりになる

あったら座りますよね。

代わりにソファーを買わなくてよいなら良いかも知れません。

スポンサーリンク

ベッドの起源

和室の部屋ではあまり使っている人はいないと思います。

でも新築の家はフローリングの面積が多いのでベッドを使う方、ベッドを買おうと思っている方は多いのではないでしょうか?

畳だと布団でフローリングだとベット。そんな印象がありますよね。

そもそもベッドってなぜ使われるようになったのか気になって調べたところ以下のようです。

  • 1300年頃、欧州では寝室がなく、寝るスペースを設けるために天蓋付きベッドを広間の隅に置くようになった
  • 1400年頃、部屋数が増え、寝る用の部屋いわゆる寝室が設けられることが多くなり、天蓋が取り去られてベッドだけになった
  • 一方日本では1600年の江戸の頃、富裕層の中で畳と布団が流行る
  • 1870年の明治の頃、富裕層が好んでいた畳と布団がようやく庶民に広まる
  • 1920年ごろ日本の富裕層の中で特注品として欧米諸国のベッドが流行り始める
  • 戦後から徐々に庶民へ広まる

引用元:貞苅産業さん

寝具文化は常に富裕層から庶民へ広がっていったんですね。

そしてベッドはやはり欧米のフローリング文化と共にやってきたと思われます。

でも日本と欧米って慣習的にあれが違いますよね?

室内で靴を履いたままの欧米諸国と、室内では靴を脱ぐ日本。

室内で靴を履くから地べたで寝るのは汚いのでベッドになったのか?

そもそも欧米はイス文化なので腰掛けられるベッドなのか?

それはわかりませんが、土足文化では無い日本でベッドの必要性はどれくらいあるんでしょう。

終わりに

POINT

  • ベッドはお金がかかる
  • うっかり寝てしまったら時間を奪われる可能性も
  • 掃除が大変
  • ベッドはそもそも日本の生活で必要なのか疑問

皆さんが今後購入を検討する際の気付きになれば幸いです。

 

ではまた!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テル@ミニマリスト&不動産投資家です。 サラリーマンだけど、割と自由に生活してるアラサー。様々な手段でコストを圧縮し趣味にフルコミットしています。 ミニマリズム、お得情報、マイホームなどについて書いています。