ただいまサイトメンテナンス中です。お見苦しい点はご容赦ください。

【福袋は基本的に損】正月から時間とお金を無駄にしないための注意点と損しない方法

福袋・節約
この記事は約7分で読めます。

ども!テル(@Teritter)です。

[voice icon=”https://minioist.com/wp-content/uploads/2019/04/woman_question.png” name=”” type=”l”]

福袋を毎年買っているけど実は損してるんじゃないかな?福袋を買う時の注意点とか分かれば良いんだけどなー。

といった疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 福袋とはいったい何なのか?
  • 福袋を買うメリット
  • 福袋を買うデメリットと損しない方法

先日以下のツイートをしました。

宝くじやおみくじも同じですが、日本人は当たるかどうか分からないモノが好きですよね。もはや遺伝子に刷り込まれているレベルの文化と言っても過言では無いかも知れません。

福袋を買いたくなる気持ちは強烈に良く分かるのですが、お金には限りがあるので本当に損か得かはしっかり考えた方が良いと思います。

そんな福袋で盛り上がっている世間を横目に、冷静に福袋とは何か?福袋のメリットデメリットについて分析しましたので共有します。

スポンサーリンク

福袋とはいったい何なのか?

福袋とはいったい何なのか?

年末年始の風物詩でもある福袋。福袋ってそもそも何なのでしょうか?

本章の内容

  • 福袋の起源とは
  • 福袋でよくある中身

福袋の起源とは

余った布の端切れをまとめて販売したものという説があり、当初の福袋も在庫処分の意味が含まれていました。

テル
テル

『残り物には福がある』というのはモノは言いようで、端材でもしっかり売り切る当時の商人の知恵(マーケティングの手段)だったのかも知れないですね。

また、当時の福袋には金の帯が入ったものが紛れており、それを引き当てた人が福を得るという遊び心もあったようです。

それが現代では在庫処分だけではなく、限定品、目玉商品が入ったモノなど、よりお得感を出して顧客の満足度を上げるような福袋が登場しています。

福袋でよくある中身

毎年福袋の中身がニュースになりますよね。中には家や車を福袋として売り出して目立とうとする企業もいます。

テル
テル

いや袋に入ってないやん!!と多くの人が思っていることでしょう(笑)

福袋は基本的には在庫処分なのですが、巧妙な手を使って売っているお店が多いですよね。

売れていない商品

クリスマスなどの時期を過ぎても売れていない商品(=人気が無い商品)が入っている可能性があります。

12月末が決算の四半期になる企業が多いので、福袋のために在庫を積み上げるというのも考えにくいですからね。

ただ売れていない商品だけを詰め合わせても売れない、もしくはお店の信用を落としてしまいます。

そこで必要になってくるのが広告となる商品です。

広告となる目玉商品

この商品は人気商品だったり、目玉商品だったりします。とにかく買って損は無い商品ですね。

この目玉商品に在庫処分品を抱き合わせてそれなりの値段で売るというのが多くのやり方ではないでしょうか。

テル
テル

福袋を売るのが当たり前になっているので福袋を売らないお店は冷めた目で見られるのかも知れません。

中には福袋をやりたくないお店もあるのでは?と思うと少しかわいそうですね。

スポンサーリンク

福袋を買うメリット

福袋を買うメリット

福袋を散々ディスってきましたが、福袋を買うメリットは何があるのでしょうか?

本章の内容

  • 定価よりは安い
  • 開けた時のドキドキを味わえる
  • (中身が分かる商品は)お得に買える

メリット①定価よりは安い

福袋には在庫処分のモノも含まれているので、袋に入っているモノを全て定価で買うよりは福袋で買う方が安いです。

例えばそのブランドのモノだったら何でも欲しい、何でも使うというファンだったら良いと思います。

[kanren postid=”2125″]

メリット②開けた時のドキドキ感を味わえる

何が入っているか分からないというのも楽しみの一つだと思います。

テル
テル

このドキドキ感は良く分かります。。。

こういったモノが流行るのも、日本人のギャンブル好きの国民性に合っているのかも知れません。

ちなみにアメリカや香港、台湾でも福袋が徐々に広まっており、メイドインジャパンの文化になりつつあるとも言えますね。

スポンサーリンク

福袋を買うデメリットと損しない方法

福袋を買うデメリット

福袋のデメリットを小出しにしてきましたが、まとめると以下です。

本章の内容

  • 待ち時間がかかる場合がある
  • 使わないモノだとお金を無駄にし、ゴミが増える
  • 買いたいモノを買えば良かったと後悔する場合がある

デメリット①待ち時間がかかる場合も

以下に在庫を処分するかという店側の人の思惑に対し、買う側の人も賢くなっているので『コスパの良い福袋』が人気化します。

人気な福袋の場合は待たないと買えないモノもあり、最悪は待っても買えない場合もあります。

例えばブランドが人気の場合、明らかにお得な商品が入っている場合、限定商品の場合などですね。

限定モノでそこでしか手に入らないのなら仕方無いかも知れませんが、待つということは正月の貴重な時間を使っていることも忘れてはいけません。

コスパだけでなく時間に対するパフォーマンス(時間パ?)も考えたいですね。

テル
テル

時間パは語呂悪すぎるのでタイムパフォーマンス=タイパの方が良いですかね???どうでも良いか!

問題の解決方法

ネットで福袋を販売している場合もあります。福袋は楽天で大量に扱っているので探してみると良いと思います。

[btn class=”lightning”]楽天の福袋で運試し[/btn]

デメリット②使わないモノだとお金を無駄にし、ゴミが増える

福袋の中には使わないモノも入っていると思います。今後も使わない場合ゴミが増えるだけですからね。

例えば以下の場合はどうでしょうか?

福袋の値段 10,000円
目玉商品の定価9,000円、要らないもの3つ合わせた定価6,000円
福袋の中身の定価 15,000円

欲しいモノが目玉商品だけなら結局は得しているのですが、不要なモノをどうやって処分しようかと気をもむくらいなら、欲しいモノだけ買った方が良かったかも知れません。

問題の解決方法

中身の見える商品を買う。友人と交換する。不用品は割り切って捨てるというのが解決方法としてあげられます。捨てるのがもったいない商品はメルカリで売っても良いと思います。

[kanren postid=”43″]

デメリット③買いたいモノを買えば良かったと後悔する場合がある

福袋にお金を使ってしまって本当に必要なモノが買えなくなってしまうのはもったいないです。

値段だけに惑わされて購入しても、それを活かせなければ時間とお金の両方を無駄にしてしまいます。

福袋を買うお金も自分や家族が一生懸命働いて稼いだお金ですからね。

問題の解決方法

福袋を買わずに買いたいモノだけ買う。モノを増やしたくない方はこれが一番良いかも知れません。

[kanren postid=”4719″]
スポンサーリンク

まとめ

POINT

  • 待ち時間がかかる場合がある→ネットで買う
  • 使わないモノだとお金を無駄にし、ゴミが増える→譲ったり売る
  • 買いたいモノを買えば良かったと後悔する場合がある→書いたモノだけ買う

楽天ではリアルタイムでのランキング(=売れている商品が分かる)もあるので、見るだけでも面白いかも知れませんね。

ただ運を試したいという方は楽天の2020円の福袋がおすすめです。北海道旅行、ルンバ・ダイソン・switch・カニが当たるかも知れません。

[btn class=”lightning”]楽天の福袋で運試し[/btn] [kanren postid=”1296,951,2318″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました