仮想通貨に多い『ポンジスキーム』で騙された話

ども!テルです。

すいません。画像は関係ありません。ポン酢大好きです!

ところで『ポンジ・スキーム』にひっかかりました(笑)

皆さんは聞いたことありますか?

簡単に言うと『月利○○%でお金がどんどん増えますよ!だから投資をしませんか?』

と謳ってお金を集めるも実態は運用しておらず、配当はお金を集めた分からまかなうといったモノです。

詐欺は色んなところで起こっています。

いつか自分の元にも来るかも知れないという気持ちで読んで頂けると幸いです。

そんな感じで、ポンジスキームに引っかかってしまった話。

スポンサーリンク

ポンジ・スキームとは

①平たく言うと投資詐欺です

名称は詐欺師チャールズ・ポンジの名に由来する。「あなたのお金を運用して増やし、増えた分をあなたに支払う」などと謳って、お金を集めるのだが、そのお金は運用されず、以前からの出資者に「配当」として渡すことで、さもまともな資金運用をしているかのように装う。しばらくの期間は出資者の人数がある割合で増え続けさせられる場合も多く、出資者らを欺ける場合があるのだが、システム全体では実はどこでも利益を生んでおらず負債が増え続ける仕組みになっており、やがて最後には必ず配当金が工面できなくなり、必ず破綻する。

引用元: wikipedia

日本ではネズミ講と混同されがちですが、ねずみ講は階層、つまり自分が誰かに紹介し、その紹介した人がまた誰かに紹介すると収益を得られるようになっています。(つまりピラミッドのような構造)

誰かが常に入会しないと収益を得られないのですが、人口は有限なのでいつかは破綻します。

それに対し、ポンジスキームは必ずしもピラミッドの構造をとってはいないというのが大きな違いです。

②代表的なポンジ・スキーム

〇バーナード・マドフ

アメリカ合衆国の実業家、元NASDAQ会長です。

運用利回りは10%を超える(100万円が1年で110万円になる)と謡い、650億ドル(約7兆円)を集めたとされています。

肩書が元NASDAQ会長ですもんね。信じるのもムリはないかも知れません。

〇仮想通貨を利用したポンジ・スキーム

仮想通貨=詐欺と思っている人がいるので補足しておきますが、仮想通貨はブロックチェーンという技術を使ったネットワーク上の電子決済等の手段です。

ブロックチェーンは新しい技術なので法整備が整っておらず、例えば株式の取引では禁止されているインサイダー取引ができてしまったりかなり無法地帯でした。

そのような状態を狙って、某Youtuberが高利回りと謳ってお金を集めたりしていました。

このような案件で詐欺にあう方が後を絶たず、仮想通貨=詐欺という認識が広まっているのかと思います。

真剣に技術の向上やそれを伝えるメディアは存在しますので、そのうち盛り返してくると思います。

〇架空の海外ファンドを利用したポンジ・スキーム

僕がひっかかったのはこれです。

海外ファンドでFXの自動売買を行い、月利3%、年利36%というありえない案件です。

今思えばありえないのですが、当時は完全に信じていましたね。

主犯の2名は捕まって懲役刑ということです。

幸い事前に危ないと思い、全額引き出した後だったので被害はありませんでした。

ですが、借金して合計500万円突っ込んでたので冷や汗をかきました(笑)。

スポンサーリンク

ポンジ・スキームを見分ける方法

①高利回りを前面に押し出す

上記にも書きましたが、高利回りと謳うものは怪しいですね。

本来は『利回りが高い=リスクが高い』からです。

利回りだけではなく、リスクも説明する必要があるし、リスクが少ないなら紹介者が自分でやれよ。

って思います。

まず利回りが高い案件は何故高いのか理由を洗いざらい確認しましょう。

②今だけ、あなただけという誘い文句

タイミングに恵まれたとか、あなただけ特別に。とか優遇されるような誘い文句。

これは詐欺です。

良い情報は向こうからやってきません。

調べて、勉強して、色々な人に合ってそれを続けることで良い情報に巡り合えることがあります。

何もしていないのにポッと自分の知らない分野の情報が舞い込むことはありません。

今だけ、あなただけという誘い文句があれば詐欺だと思いましょう。

③定款(ていかん)・決算書の有無

定款(ていかん)とは個々の私法人の組織・活動について定めた根本規則です。

これがなければ決算書の公示方法が分からないので、決算書が見れない=詐欺と思って良いと思います。

また、決算を行っていない実績がない会社の投資もリスクが高いと思います。

スポンサーリンク

なぜポンジ・スキームに引っかかってしまうか

①有名な人が広告塔になっている場合がある

割と有名な人が噛んでいる場合があります。

あの人が進めるならやってみるか。という感じで入会し引っかかってしまう感じですね。

②親しい人から進められる

自分の周りの人も騙されているかもしれません。

ですが、ポンジスキームの巧妙なところは『お金が増えている』というのが目で確認できてしまうんです。

僕のときの場合はネットのあるページでIDとパスワードを入力すると自分のアカウントに接続され、毎日お金が増えていく推移が確認できました。

友達からそのようなページを見せられたらつい入会してしまいそうになると思いますが、上記の『ポンジスキームを見分ける方法』を駆使してしっかり確認しましょう。

まとめ

POINT

  • 高利回りは疑ってかかるべき。しっかり内容を確認しよう。
  • 自分だけ限定。は、ありえない。
  • 定款(ていかん)が無い場合、は会社ではないかも。

結論は『投資する前にしっかり勉強しましょう。』ということを過去の自分に言ってやりたいです。

まあ失敗したからこそこのような記事を書けるので結果オーライかな?

この記事を見て少しでも思いとどまってくれる方がいたら幸いです。

 

ではまた!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です