気付いたら増えているコップを手放す方法と、購入するときの注意点。

ども!テルです。

コップ、グラス、マグって気を抜いたら段々増えていきますよね。
例えば以下のモノとか家にありますでしょうか?

  • 普段使いで普通に買ったやつ
  • 100円均一ショップでの何となく買い
  • ビール、紅茶など用途別で買うやつ
  • デザートなどに付いてくるやつ
  • 旅行先のお土産についてるやつ
  • 引出物でもらったやつ
  • 来客用で買うやつ

家にあると意外と食器棚を占領します。
使わないのにスペースだけ取られるのはできれば避けたいですよね。

増えるのは簡単だけど捨てるのが難しい。
そんなコップについて、用途ごとの断捨離方法を書いていきます。

スポンサーリンク

種類別のコップの手放し方

試しに家にコップが何個あるか数えてみてください。

引き出しの奥や棚の中、食品庫の中など目立たないところにも箱に入って収納されている可能性もあります。
1人暮らしや結婚のタイミングで実家からもらってきた。なんてモノもあると思います。

全部数えたら数十個あったなんてこともあるのではないでしょうか?

①気付いたら増えているコップ

・普段使いで普通に買ったやつ
・100円均一ショップでの何となく買い
・ビール、紅茶など用途別で買うやつ
・デザートなどに付いてくるやつ

これらは本当にいつの間にか増えています。
ビールとかグラス付きで売っていたり、デザートなんかも器が使えたりするので捨てずにとっておくと増えていきますよね。

これに対しての手放し方は一つ。
1年以上使っていなかったり、用途がかぶっているものは廃棄しましょう。

使わないモノにたいして、貴重なスペースを使うのはもったいないとは思いませんか?
使っていないモノとは、持ち主にとってなんの価値もないということです。

そして再度同じことを繰り返さないように、コップを手に入れた経緯を思い出してみてください。
その経緯を思い出し、原因となった行動を取らなければいいだけなので簡単ですね。

②旅行先のお土産についてるコップ

ご当地モノの酒ビンとか、コップ。
なぜか捨てられなくて取っておいたりしていないでしょうか?

こういうのは見た目だけで意外と使い勝手が悪く、使わないでいることが多いです。

インテリアとして置いてすぐのころはよく旅先のことを思い出したりします。
しかしそれもいずれは慣れてしまい、特に気にもとめなくなってしまうもの。

なのでこれの手放し方は写真を撮って捨てる。というのが一番良いと思います。

③引出物でもらったコップ

最近はカタログギフトがほとんどだと思いますが、カタログギフトが流行る前は、ペアマグとか、名前入りコップとか過去に貰ったことがあります。
普段使いできるモノなら良いですが、食器棚や押し入れにしまっているようでは場所をとるばかりです。

これについての手放し方は3つです。

  • 写真を撮って捨てる
  • モノが気に入ったならメインで使う(メインで使っていたコップは捨てる)
  • 家族にあげる

箱にしまったまま使わないというのが一番もったいないので、しっかり使うようにしましょう。

④来客用のコップ

僕は以下の理由で最も捨てた方が良いと考えています。

【来客用のコップが不要な理由】

  • いつ来客があるか分からない
  • スペースを取る
  • モノによっては高価

自営業など事務所で使うモノなら営業活動の一環なので分かります。
でも自宅でいつ来るか分からない客のために取っておくのは、スペースがもったいないと思います。

これはおもてなしとして必要なんです。無いと非常識では?
と思われる方もいるかも知れませんが、コップ一つで関係が終わるような間柄ならば最初からないようなものです。

そのようなことをぐちぐち言ってくる人がいたら近づかないことをオススメします。
不要なことでストレスを抱える必要はありませんからね。

それに来客用の食器は箱に入れてしまっていたりします。
全て捨ててしまえば、食器棚もかなりすっきりするかもしれませんね。

スポンサーリンク

材質ごとのコップの買い方

コップは用途によって材質を使い分けると思います。
電子レンジは陶器とか、子供用はプラスチックとかですね。

それぞれの用途ごとに使い方を考えておけば、無意味にコップの数が増えることはありません。

①ガラス製のコップ

食洗機にも電子レンジにも入れられないことから、買うのを避けた方が良いです。
しかし、ビールやワインなど色も楽しみたい場合、安っぽいプラスチックのコップに入れたくない方はこちらがオススメです。

これなら割れないけど見た目も安っぽくないし、食洗器にも入れることができます。
値段は安くはありませんが、半永久的に使うと考えたら高くはないと思います。

②木製のコップ

暖かい飲み物を入れた時に香が広がるので僕は良く使っています。
また、長く使うことで色合いに段々味が出てくるというのも特徴です。

ただ、現代人の味方、食洗器に入れることができないのでそこは注意が必要です。

ちなみに以下の商品は僕がわざわざ北海道で購入したモノなのですが、楽天で買えるということを知って少し震えました。

北海道で採られる”槐(えんじゅ)”という非常に硬い木から作られたモノです。
その耐久性たるやすごいモノで、5年間毎日使っても新品で購入した時と見た目が全く変わりません。

さらに、落としても壊れないので、赤ちゃんでもお年を召した方でも分け隔てなく使うことができます。
木製のコップだったらこれを買っておけば間違いないと思える一品です。

③陶器製のコップ

電子レンジにも食洗器にも入れられるし使い勝手は良いのですが、重い、落としたら割れるというのが難点ですね。
お子さんのいる家庭では使いづらいので、気に入ったモノを1つ持つというくらいにしておいた方が良いと思います。

④プラスチック製のコップ

お子さんのいる家庭では重宝しているのではないでしょうか?
電子レンジに入れられないというネックを除いて、食洗器OK、落としてもOK、軽いというので使い勝手は抜群です。

飲み物を変えるタイミングなど、ある程度数が必要な場合がありますので、コップを重ねられる、見た目もオシャレな以下のようなタイプが良いと思います。

スポンサーリンク

まとめ

POINT

  • 気付いたら増えているコップは不要
  • 使ってない思い出があるコップは写真撮って捨てる
  • 引出物でもらったイイやつは普段使い用にする
  • 来客用のコップは不要

飲み物によって器が変えた方がより一層楽しめる、というのはあると思いますが、持つ量を制御しなければ増え続けてしまいます。


また手軽に買ってしまう理由として、海外で大量生産されるようになってから安く購入できるというのも理由の一つだと思います。

でもたくさんの種類のコップを持つより、お気に入りのコップを1つ持っている方がワクワクするような気がしませんか?

毎日使うものは是非お気に入りのものを使ってみてください。それだけで1日が少し変わると思います。

 

ではまた!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テル@ミニマリスト&不動産投資家です。 サラリーマンだけど、割と自由に生活してるアラサー。様々な手段でコストを圧縮し趣味にフルコミットしています。 ミニマリズム、お得情報、マイホームなどについて書いています。