まだ時間しか分からない時計使ってるの?スマートなウォッチと呼べるのはHuawei Watch GTしかない理由

皆さん腕時計持ってますか?
僕も持っていますが、持っているのはスマートウォッチです。

以前、僕は社会人のたしなみとして、本当は必要ないけど入社5年目くらいでやっとアナログ時計を購入しました。

でも時間ならスマホでも見れるし、時間だけしか見ることができない腕時計を身に着けるのもなんだか納得いかないと思う日々が続きました。

見栄で高い時計を購入しても上には上があるし、きりがありません。
何しろ、時計にお金をかけるというのも「いつの時代!?」という感覚さえあります。

そんな時に突如黒船のように現れたスマートウォッチ。
当初は時計+スマホの通知ぐらいの機能しかありませんでした。
しかし、アナログ時計が明治時代の懐中時計から現代の腕に付けるだけぐらいの進化しかしていないのに対し、さすが電子デバイス。
1年間で信じられないような進化を遂げています。

今後はスマートフォンだけではなく、スマートウォッチも爆発的に流行ってくると思っています。
ということで、そんなスマートウォッチについて解説していきます。

スポンサーリンク

Huawei(ファーウェイ) Watch GT

僕が持っているのはHuawei Watch GTです。
2018年12月にHuawei(ファーウェイ)が発売したモデルですね。

僕は以前Misfit社のVaporを使っていましたが画面の挙動がおかしくなり、修理に出したところ新品で帰ってきたので、それを売ってこちらに買い換えました。
買い換えた理由も含めて説明します。

スポンサーリンク

心拍数を常時測定できる

心拍数を測定でき、1日の消費カロリーを測定することができます。
運動時などは運動の内容によってモードを変えることができ、それに合わせたカロリー計算や回数測定がされます。

アップルウォッチが10分に1回心拍数を測定しているのに対して、このHuawei GTは毎秒1回心拍数を測定するので精度が高いと言えます。
(ただし、アップルウォッチも走ったりするときは常時心拍数を測定しますが、電池の消耗が異常に早いです。)

心拍数が高くなり過ぎれば異常を検知して知らせてくれるし、カロリーの計算もできるって優秀すぎると思いませんか?

またスマートフォンのアプリから詳細のデータを見ることができるので、色々な分析をすることができそうです。

スポンサーリンク

充電の持ち具合が飛躍的に向上した

実はこれが買い替えた理由なんですよね。
前のMisfiti社のVaporは2日間充電が持つという事だったので購入したのですが、普通に使っていると1日しかもちませんでした。

①アップルウォッチとの比較

これはアップルウォッチでも同じで、アップルウォッチ公式情報によると18時間しか持たないそうです。

僕もMisfit Vaporを使っていて、1日ごとに充電というのは正直使い物にならないというのが感想です。
毎日スマホも充電しなきゃならないのに、時計まで充電するのがわずらわしいという感じで少し嫌気が差していました。

それに対し、Huawei GTはどれくらいもつと思います?
なんと、以下のようになっており、他のスマートウォッチを突き放す桁違いの性能です。
アップルの18時間充電がもつという使い方は、Huaweiのヘビーユースに当たり、その場合2週間充電がもちます。
ということは単純に、Huaweiの充電の持ち具合はアップルに対し、19倍にもなりますね。

【Huaweiの充電の持ち具合】
・2weeks ーヘビーユース:心拍数継続監視 / 測位 / スマート通知 ON 90分のト レーニング / 週 (測位 ON)
・30daysー通常使用:心拍数継続監視 / 測位 Off スマー ト通知がON
・22hoursーマラソン時:心拍数継続監視 / 測位 ON 点灯

Huawei GTを使って思ったのは、3日間充電しないと充電へのストレスが無くなり、5日充電しないといつ充電したのかさえ忘れるということです。
これが他のスマートウォッチの最大のデメリットであり、使えない理由ですが、だからこそHuawei GTのメリットにもなっています。

実際、Huawei GTを購入してから10日ほど経ちますが1度しか充電していません。
(その1回はファームウェアの更新をするために仕方なく充電しただけです。)

②充電の持ち具合が向上した代償

なぜ充電の持ち具合が向上したかというと、従来機種がGoogle wear OSだったのに対し、今回のHuawei GTは独自の自社OSとなっています。
というのも、GoogleのOSはGoogle mapやGoogle play、ダウンロードすれば無限に変更できるウォッチフェイスなど、その拡張性の高さがあだとなり、充電の持ちが極端に悪かったのです。

HuaweiはそれらのGoogleの恩恵を全て捨て、独自のOS開発に踏み切って得られた結果が充電の超長寿命化です。
Googleが方針転換しなければ使えないスマートウォッチがはびこるだけですので、ナイスな経営判断だと思います。

優れた睡眠トラッキング

睡眠時に先ほどの心拍計とジャイロ(傾き検知)センサーを使って睡眠の質を計測します。

インテリジェント睡眠統計ハーバード大学大学院との共同研究により、睡眠サイクルの睡眠モニタプログラムを作成。
HUAWEI TruSleep™2.0は、一般的な睡眠関連の問題を特定し、200以上の中から適切なアドバイスし、睡眠を改善します。
引用元:Huawei

レム睡眠、浅い睡眠、深い睡眠に分けて時間ごとの状態を示してくれるので、睡眠の質を可視化することができます。
スマホを布団の上に置いて振動や音声で睡眠の質を測定するアプリもありますが、あんなのは子供だましだと思えるほどの正確さです。

また、可視化した睡眠の質に対してもアドバイスをくれるので、次のアクションを取りやすいというのもメリットです。

画像の通り、僕の睡眠時間は短いので、いまだに褒められたことがありません。

GPSと歩数計を使ったワークアウト

この機種もGPSを搭載しています。
これは会社の構内を散歩した際に測定してみたのですが、カロリーだけでなく平均歩数や上った高さ、下った距離、運動割合など様々なデータを示してくれます。
もちろん歩いた場所も地図で見ることができます。

防水なのでプールで泳いだり、夏場に汗をかいたりしても問題なく使用できます。

このデータを励みにランニングなども続きそうですし、様々なデータがあるので問題点も可視化されやすいと思います。

まとめ

POINT

  • 心拍数測定で安心、便利
  • 充電が超長持ちでストレスフリー
  • 睡眠トラッキングで睡眠の質改善
  • ワークアウトの膨大なデータは改善の方向性を示してくれる

こんな素晴らしいメリットを兼ね備えたHuawei Watch GTですが、さら見た目もカッコいいです。
セラミックのベゼルに、ステンレスにDLCコーティングを施したシェルで、薄さは10.6mmしかありません。
(Misfit vaporは20mmくらいあったので半減しています。)

・ベゼル:分の数字が刻まれている部分
・DLC:ダイヤモンド ライク カーボン(ダイヤのような強度のカーボン)
・シェル:時計のベルトをつける部分

さらに値段は2万円ちょっとしかしないという価格設定なので、使えないアップルウォッチを5万円も出して買うより良いと思います。
僕は今までの買い物の中で、このスマートウォッチは食洗機の次に感動しました。
この便利さを体感して、より生活を向上させてみてはどうでしょうか?

 

ではまた!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です