ハードありきのゲーム終了のお知らせ。Google stadiaがゲーム業界に革命を起こす可能性

ども!テルです。

Googleがゲーム業界への参入を決定しましたね。

2019/3/20付けの発表で、Googleがゲーム業界に参入することを発表しました。
その名もゲーム・ストリーミング・サービス「Stadia(ステイディア)」です。

ストリーミング・サービスとはハードが不要、つまり任天堂で言うswitchなどが不要ということです。
ソフトが変わる度にハードを買い替える必要が無くなります。これはミニマリストにはうれしい。

Playstationなら1、2、3、4と買ってきた人は解放されますね。

今までもストリーミング・サービスによるいわゆるPCゲームはいくらでもありましたが、今回のStadia、何が違うのでしょうか?

スポンサーリンク

Google Stadiaのすごいところ

①デバイスを選ばない

任天堂だったらSwitch
SonyだったらPlaystationといった具合に、専用のデバイスを購入する必要があります。
従来はソフトがハイスペックになればなるほど情報処理にハイスペックなデバイスが必要になるので、ソフトの進化によって端末の買い替えが必要でした。

しかし、Google stadiaはスマホから始まり、タブレット、PC、スマートTVなどデバイスを問わずプレイすることが可能です。
ゲーム機が要らないのでミニマリストにもうれしいですよね。

上記の動画を見てもらえれば分かりますが、こっちのPCでプレイしていた動画を切り替えてすぐさまスマホでプレイ再開するということができ、ストレスレスでプレイできます。

②PCゲームよりもハイスペック

まだ詳細は明かされていないですが、開始当初は4K HDR 60fpsでプレイできるようです。

・4K 4,096×2,160ピクセルの画像の大きさ
・HDR ハイダイナミックレンジ(画像の白飛びや黒つぶれをふせぐ)
・60fps 1秒間に60枚画像がコマが変わるほどの滑らかさ

PCゲームにはこのぐらいのスペックはまあまああると思いますが、stadiaの場合、サーバーがGoogle側にあるというのが強みになります。

というのも通常PCゲームをストレスなくプレイする場合はパソコンのスペックを上げる必要があります。
高いモノはパソコンだけで30万円とかしますからね。
stadiaの場合、負荷が高くてもGoogleの巨大サーバーが処理をすることになり、処理した映像を自分のPCで読み込むだけ(ストリーミング)になります。

これによって、スマホでもプレイできるし、高いPCを買う必要が無くなります。
どんなPCのスペックでも高解像度でゲームできるってワクワクしませんか?

③ゲームの画面を即座にシェアできる

stadiaの専用コントローラーのシェアボタンを押せば、Youtubeを使って即座に配信できます。
その配信したゲームに飛び入り参加もできるようになっており、ネットゲームの真骨頂発揮というかんじですね。

さらに、コントローラーにはグーグルアシスタントのボタンを押せば、過去にシェアされた動画から攻略方法を探し、閲覧することもできます。
もはや何でもありという感じですね。

④ステートシェア

自分がプレイした瞬間を共有できるサービスです。
例えば強力なボスを何とか倒したという場面で、その状況、装備、位置などを共有し、リンクを貼るだけでそのリンクをクリックすれば同じ状況でプレイできるというモノです。

これまで困難な状況であってもそれをYouTubeなどでシェアするしかできなかったものを、プレイできる形でシェアできるのは新しいですよね。

スポンサーリンク

Google stadiaの未来

まだあまり明かされていないstadiaの今後について、ここからは完全に憶測ですが、今度stadiaを取り巻く環境がどう変化するかを書いていきます。

①ゲームの常識が覆る

Googleは常に、世界の常識を覆してきました。

G-mailはフリーメール=危険というのを強固なセキュリティと大容量のストレージでG-mail=ビジネスの常識とまで変化させてきました。

さらに、Google photoでは画像は手持ちの端末やデータ保存デバイスに保存するものという常識を覆し、クラウド上に無制限で保存できるようになりました。

このようにstadiaも現代の常識を覆すことが考えられます。
既に分かっているものも含めて列記していくと、

・ゲームはハードがいる ⇒不要
・ゲームは稼げない ⇒稼げる
・ゲームは仕事にならない ⇒仕事になる
・ゲームは買うもの ⇒タダ

といった感じでしょうか。

②ゲームで稼ぐとは

既にYoutubeなどではゲームで稼いでる人もいますが、ゲームで稼ぐものとして以下が考えられます。

・ゲーム実況(Youtube)
・アイテムを売る
・企業広告の付いた服、武器等をゲームで使う
・ゲームで仮想通貨のマイニングをする
・ゲームを作る

などです。
また、ゲーム内に仮想の町などもできれば、その中で学校に通ったり、セミナーの講師をしたりすることもできるようになるかも知れません。

これは映画『サマーウォーズ』の仮想世界オズをイメージして頂けると良いと思います。
僕はずっとこの世界がやってくると考えていたのですが、やはりGoogleから実現しそうですね。

③ゲーム代はタダ?

ゲーム料金はまだ明かされていませんが、恐らくタダになると思います。

というのも、Googleは広告会社でもありますので、より多くの方に様々なゲームをプレイしてもらい、市場が活発な中で様々な広告を流すという方が、ゲームを有料にするより収益性が高いと思うからです。

というかGoogleのサービスで消費者側に対して有料なのはYoutubeプレミアムぐらいですかね。

スポンサーリンク

まとめ

Google stadiaの可能性に反応して、3/20の任天堂、ソニーの株価はかなり下落していました。
それだけ、ハードありきのゲームはオワコンである可能性が高いということだと思います。

期待度が高まれば高まるほど、エンジニアがGoogleに集まり、取り扱うソフトもどんどん増えるでしょう。

Googleユーザーは世界にいますので、潜在的なゲームユーザーも同じく世界中にいることになります。

まだまだ分かっていないことが多いGoogle stadiaですが、分かっていることだけでもワクワクが止まりません。

一体どんなモノになるのか、また詳細が分かり次第シェアしていきます。

 

ではまた!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です