まず最初に見てほしいページ

最初に見てほしいページ

オススメの記事、カテゴリをまとめています(こちら

100均で買うべき物、買わない方が良い物。買い物での注意点まとめ。

皆さん100均は利用していますか?
僕はちょくちょく使っています。

100均はとても安いので、生活に必要な品がある程度はそろってしまいます。
4月から新生活が始まる方はとりあえず生活を安定させるために100均で買い物をするという人もいると思います。

なんでも安い100均ですが、使い勝手や耐久性から100均で買ったほうが良いモノ、買わないものが良いモノとがあります。
また、なんでも100均で買うというのは生活コストを抑えられても、生活の質は向上しないと思いますので100均との付き合い方も考える必要がありますね。

そこら辺を踏まえて説明していきますね。

スポンサーリンク

100均とは何だろう

まず100均って何であんなに安いの?
どんな店舗があるの?っていうところからおさらいしていきます。

①代表的な100均

ダイソー 国内外合わせて5,000店舗以上ある業界最大手
セリア 岐阜県を本社に置く企業で国内に1,500店舗を全国に展開

ご当地100均もありますが、全国に展開しているのは上記の2大店舗です。

どちらの企業も海外で商品を安く仕入れてきたり、国内の場合は直接メーカーと取引したりなど、100円でも利益が出るような工夫をしているようです。
※通常は代理店など仲介が入るため、仲介手数料を取られるのが一般的。

②100均で買っても良い物

  • 電池、ラップ、食品用袋などの消耗品
  • 陶器類
  • プラスチック類

電池とかの消耗品は100均で売ってますのでオススメです。
スーパーだと単三電池4本で200円とかしますが、100均だと100円です。(しかも三菱電機などの国内メーカー)
消耗品はやはり買う人が多いからか、100均も力を入れている分野だと思われます。

ちなみに我が家は生ごみやお菓子、おむつなどを入れるキッチンバックとストックバック、単三、単四、ボタン電池、キャラクターモノのグッズ(セリア)を良く買っています。

また、陶器類や簡単なプラスチック製品など、土を焼き固めたモノで、世に売っている金額が高いモノと製造工程が大差ないので、作りはしっかりしています。
やはり100円で玉石混合なので、良いモノと悪いモノの見極めは必要ですね。

③100均で買わない方が良い物

  • プラスチックのキッチン用品
  • ガラス製品
  • 複雑な機構の製品
  • 工具類
  • 電球類

100均のモノは基本的に強度が低いです。
プラスチック製品は薄く熱に弱いので食洗器に入れられなかったり、ガラス製品も薄くてすぐ割れたり、文房具などの複雑な機構の製品はすぐ壊れたり、工具類は強度が低いためにすぐへたったりします。

廊下用の電球を100均で買っていましたが、取り付けてから半年とたたずに切れてしまいました。
不良品なのかな?と思い再度買ってみたのですが、また数か月で切れてしまい、廊下とキッチンの照明4か所併せて10回近く交換したと思います。

それをアイリスオーヤマの以下のLED電球に変えたら、LEDなのでさすがに切れることは無くなりました。
これこそ安物買いの銭失いでしたね。

使い捨てと割り切るなら別ですが、一度買ったら10年は使うのようなものは100均ではなく、しっかりしたモノを選んだ方が良いと思います。

スポンサーリンク

100均との付き合い方

では100均を利用する上で気を付けることは何かあるでしょうか?

①ストックのため、同じ商品を何個も買ってしまう

100円だしまあいっか!と同じものを大量に買ってしまうことはないでしょうか?
僕はお店のかごいっぱいに電池買ってる人を見たことあります。

僕はこれをストック癖と読んでいますが、ストック癖のある方は以下のようになる可能性もあるので、身に覚えのある方は一度じっくり考えてみた方が良いと思います。

【ストック癖がある人の特徴】
・支出に対して計画的にお金を使うことができなくなる
・家計簿がマイナスの月とプラスの月がバラバラになり、収支プラスにするという意識が薄くなる
・家計簿をつける気が起きなくなる

②予定外のモノも買ってしまう

安いのでついこれも。という気持ちで買ってしまいますよね。
ついつい「自分には必要かもしれない」「安いから使わなくなってもいっか」となりがちです。

でもこの考えこそが不要なものを家に招き入れる原因なんですよね。
ですので、予定外のモノを買ってしまわないように、以下を実施することをオススメします。

【100均での買い物の仕方】
・購入するものを事前に考えておく
・店頭で気に入ったものがあったら、それがないとどれだけ困るか、もしくはどれだけ楽になるかを考える

これを考えておけば予定外のモノを買って後悔するということは無くなると思います。
100円でオシャレなインテリア小物など売っていますが、すぐ存在を忘れたりして得られるモノは少ないです。

③価格が安いを買う理由にしない

これにつきると思います。

100均で売っているモノも、そこらへんで売っているスーパーで売っている商品と同じとみなして見て下さい。
僕が常々言っているのは価格に見合った利益があるかということです。

・使い捨てのモノに100円払いますか?
・すぐ割れるモノに100円払いますか?
・すぐ壊れるモノに100円払いますか?

100均も数あるお店の一つとしてみれば、この店ならこの商品が良いという見方もできると思います。
ぜひ安さに惑わされず、有効にお金を使ってほしいと思います。
また、100均でも作りが良いモノがたくさんあるので、そういったモノを探すのも楽しいですよね。

スポンサーリンク

まとめ

POINT

  • 消耗品買うのはオススメ
  • 壊れやすいモノを買うのはオススメしない
  • 買うものを決めてから行く
  • 安さに惑わされない

安さに惑わされて100均貧乏にならないよう、財布のひもをきっちり締めてから行くようにしてくださいね。

 

ではまた!

この記事のURLをコピーする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あらゆる無駄をサラリとかわすサラリーマン。 物心ついたころからモノを持たないことを心がけ、気付いたらミニマリストでした。仕事では誰とも付き合わず、ひたすら仕事を早く終わらせて定時で帰ること目的としています。 サラリーマンのかたわら事業として不動産賃貸業もしているので、このブログではミニマリスト、合理化、不動産投資について主に発信していきます!