まず最初に見てほしいページ

最初に見てほしいページ

オススメの記事、カテゴリをまとめています(こちら

プロパンガス契約者必見!ガス代金をノーリスクで安くする2つの方法

ども!テルです。

【この記事を読んで解決すること】
・プロパンガスの適正料金が分かる
・プロパンガスの代を安くする方法が分かる【この記事を読んでほしい人】
・プロパンガスの料金がなんか高いなと感じている人
・とにかく生活費を安くしたい人

皆さんガスの契約はしていますか?
通常、オール電化ではない限りガスの契約をしていると思います。

毎月ガス代を払っていて、ガス代高くなったなー。とか安くならないかなー。って思う人は多いのではないでしょうか?

今回はガス代の中でもプロパンガスの代金を安くする方法を説明したいと思います。

スポンサーリンク

ガスは都市ガスとプロパンガスの2種類ある

意外と知らない人がいるかも知れませんが、ガスの供給方法は2種類あります。

①都市ガス

都市ガスは名前の通り、都市部で主流のガス供給方法です。
海外から輸入されたガスはいったん巨大なガスタンクに入れられ、そこからガス管を通って各家庭に供給されます。

都市ガスは以下の特徴があります。

〇メリット

  • ガス管で送るだけなので利用料が安い

〇デメリット

  • ガス管の引き込みなど、設備導入時にかかる初期費用が高い
  • ガス管が地面の下に張り巡らされているため、災害時の復旧が遅い

②プロパンガス

高さ1mくらいのタンクをたくさん積んだ軽トラを見かけたことはないでしょうか?
そのタンクの中にガスを入れて、プロパンガス業者がガスを運んでいます。

そのガスは、海外から輸入されたモノを都市ガスと同じように巨大なタンクに入れ(ガスの種類は都市ガスと異なる)、そこから小さなタンクに詰め替えて各家庭に車で運んでいます。

プロパンガスは以下の特徴があります。

〇メリット

  • ガスタンクを設置するだけでいいので、初期コストが安い
  • 災害時の復旧までが早い

〇デメリット

  • ガス料金はガス供給会社によって自由に設定できることになっており、ガスの配達は人力で行う必要があるなど、料金が高い傾向にある
  • 海外のガス価格の変動に伴って、毎月ガスの料金が変動する

どちらにもメリットとデメリットがありますね。

スポンサーリンク

プロパンガスの料金を安くする方法

賃貸の場合、うちは都市ガスだからガス代が安い!やったー!と思うかも知れません。

しかし先ほど書いたように初期コストが高いのが都市ガスの特徴なので、その初期コストは当然賃料という形で大家が回収することになります。
なので都市ガスだから必ず安いということはありません。

賃貸の場合、都市ガスを安くする方法はありません。
ですが、賃貸と持ち家の場合、プロパンガスなら安くする方法があります。

①持ち家の場合のプロパンガス代金を安くする方法

プロパンガスの料金は基本料金と月々の従量料金の合計したものが請求額となります。

基本料金がそれほど違わなくても、従量料金が大きく違うと月々の料金が数千円単位で異なります。

ではどうすれば安くなるのでしょうか?
それはガス会社を変えることです。

enepiのプロパンガス一括見積もりサービスでは、不当な値上げをしない」「自宅から近く何かあった時に対応が可能
など厳しい基準で厳選したガス会社を無料で紹介しています。

ガス会社も競争が厳しいのでこのようなサービスも生まれてきていますね。

年間数万円単位でガス料金を値下げできた事例もあるようなので、見積もりだけでもやってみることをオススメします。

 

 

②賃貸の場合のプロパンガスを安くする方法

持ち家はプロパンガス会社を変えれば安くできるけど、賃貸の場合はそうもいかないですよね。
他の入居者の方もいるのでガス会社変えてくれとはなかなか言えないかも知れません。

でも安心してください。
僕は以下の方法で月のガス代を2,000円安くしましたので、その方法を説明します。

〇プロパンガス消費者協会

プロパンガス消費者協会というものがあります。
このサイトでは悪徳プロパンガス会社から消費者を守るため、ガス料金を安くするためのステップを教えています。

進め方としては以下を参考にしてください。

【ガス料金診断の進め方】
①上記サイトから無料診断を行う(ガス使用量とガス代金を入力するだけ)
②高いという診断結果になれば、ガス会社を変えるか、ガス会社と料金の交渉をする
③料金が下がる

簡単に書いていますが、まずガス会社を変えるというのは無理だと思っておいてください。
大家とガス会社は契約を交わした上で採用しているので、入居者一人の声では変える判断をしない思います。

それよりも、ガス会社と直接交渉した方が手っ取り早いと思います。(実際僕もこの方法でガス料金を安くしました。)

〇ガス会社との交渉

以下のように進めれば、ガス料金が安くなる可能性が高いです。

【交渉の進め方】
①ガス会社に電話する
②全国平均よりガス料金がずいぶん高いという事実を説明する
③他の入居者と協力し、大家にガス会社を変える要請をすると伝える

通常は②のところで『あなたのところだけ安くするので周りには秘密にしてください』と言ってくると思います。
②でもダメならまずは管理会社にその旨を連絡し、大家さんに伝えるよう依頼してみて下さい。

僕も大家なのですが、契約しているガス会社が入居者にいくらの料金を設定しているのかは把握できません。
もし悪徳プロパンガス会社ならば入居者が出て行ったりして大家側にもメリットがないので、契約を解除する必要があります。

僕は②のところでガス会社側から料金改定の提案があり、無事に2,000円/月、年間2.4万円ガス代が浮きました。

言わないことにはいつまでたっても安くなりませんので、過剰な料金を取られている場合は、交渉してみてください。

なお、上記サイトで適正料金と出た場合はくれぐれもガス会社に値下げ交渉することは無いようにお願いします。

スポンサーリンク

まとめ

POINT

・都市ガス、プロパンガスそれぞれメリットとデメリットがある
・プロパンガスは交渉次第で安くなる

やらない後悔よりもまずはやってみることをオススメします。

 

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です