まず最初に見てほしいページ

最初に見てほしいページ

オススメの記事、カテゴリをまとめています(こちら

【ミニマリストの始め方】その②消費行動を確認し入ってくる物を断つ

消費をカット

ども!テルです。

ミニマリストっていうとなんだかとっつきにくい感じがしないでしょうか?例えば以下のような感じです。

  • モノを持ってはいけない
  • モノを家に置いてはいけない
  • 何でも捨てろ捨てろ言ってきそうで友達になりたくない(笑)

でもミニマリストになることってあまり気負わなくて良いと思うんです。

それは以下の記事でも書いていますが、人によって最適なモノの量は異なるからです。
関連記事
ミニマリストとは異常者!?嫌われないために気をつけたいこと

ミニマリストに重要なのは、あくまで主観的にみて生活を最適化できているかどうか?ということだと思っています。

この記事はミニマリストの始め方として、二番目のステップとして書いています。

ミニマリストを体系的に進められるようにしていますので、以下の記事を見ていない場合はチェックして全体像を把握してから読み進めて頂ければと思います。
関連記事【ミニマリストの始め方】4ステップで誰でも簡単に実践できる方法を解説

スポンサーリンク

自身の消費行動を客観的に見る

消費行動をチェック!

さっきは主観的に見ると言っておいて客観的に見るってどういうこと?と思うかもしれませんが、人生で自身の消費行動に一度も目を向けてこなかった場合、改めて見つめなおす必要があります。

自身の消費行動を見直す
  • その消費行動は直感的なモノなのか?
  • その消費行動は収入に見合ったモノなのか?
  • その消費行動は意思やこだわりがあるものなのか?

これらを改めて客観的に見ることで、自分が消費と通してどうしたいのか、どうなりたいのかということが見えてきます。

前回のステップでは、月々の固定費の確認を行いました。

収入から固定費を差し引いたら、残りは毎月消費する分(毎月変動する費用=変動費)が残ります。

この変動費の使い道を客観的に見て、誤っていれば、もしくは自身の意にそぐわない場合は見直しをしていきます。

自身の消費パターンを確認する

固定費と異なり、人によって消費するカテゴリーが全く違うのが変動費です。1,000人いたら1,000通りの消費行動があります。

その消費について客観的に見ることは、自身のクセを確認することであり、『入ってくるモノを断つ』のに有効です。

○日常生活の主な変動費

僕の思う生活する上で消費する変動費は以下があげられます。()は無くても生きていけるモノです。

【日常生活の主な変動費】

・食費 食べないと生きていけない
・日用品費 トイレットペーパーなど無くてはならないモノもあり
・(交際費)
・(旅費)
・(交通費)
・(被服費)
・(趣味費)
・(外食費)
・(家具・家電)

人によって、何かにかたよったりするのが普通だと思います。

生活スタイルがそれぞれ異なるので当たり前なのですが、消費行動を客観的に見ることで、自分が何の消費にかたよっているかを確認することができます。

○自身の生活費を紙に書き出す

例えば、月に10万円の費用があるとします。上記の項目に月々どのくらい使っているか紙に書いてみると分かりやすいです。

紙に書き出すことで家計の状態を客観的に見ることができますが、ざっくりやることが重要です。細かすぎるとやる気無くなりますからね。

以下に10万円の内訳の例を記載します。

これが正しいというわけではないですが、生活する上で必要な食費、日用品費は高くなると思います。例えば趣味費用や旅費の方が高いならば、それはその分野に重きを置いているということですね。

【日常生活の主な変動費(例)】

・食費 4万円
・日用品費 1万円
・(交際費) 5千円
・(旅費) 1万円
・(交通費) 5千円
・(被服費) 1万円
・(趣味費) 5千円
・(外食費) 5千円
・(家具・家電) 1万円

こうやって自分の支出を見えるようにすると、自分の消費パターンが分かりますね。

テル
我が家は給与から固定費を差し引き、その残りを変動費として使っています。

給料日にその変動費を現金で下ろして、その金額内でやりくりすると決めれば貯金などもしやすいし無駄遣いしないのでオススメ!

消費のパターンは自分がどんな人間か表している

消費のパターンを見えるようにすることで、自分がどんな人間か分かると思うんです。

上記で書いた各項目について、それぞれ費用の割合がかなり高い場合はどんな人なのかを考えてみました。

【特定の費用が高い場合】

・食費 健康志向(総菜で高い場合は時短志向)
☆日用品費 生活向上志向
・交際費 共存志向
・旅費 アウトドア志向
・交通費(仕事の移動は含めない) アウトドア志向
☆被服費 外見重視志向
☆趣味費 人生おう歌志向
・外食費 時短志向、人生おう歌志向
☆家具・家電 生活向上志向

これ以外にもあると思いますが、特定の支出が多い場合、このように分けられると思います。

当たっていますでしょうか?もし当たっていない場合は、意識してお金を使っていない可能性があります。

例えば特に外観重視というわけでもないのに被服費が多い場合、余計に服を買っている場合があります。

例えば生活向上志向でもないのに、日用品費や家具家電が高い場合、ストック癖や興味でお金を使っていないでしょうか?

お金の使い方と、自分が思っているライフスタイルにギャップがある場合は軌道修正が必要です。

なお、上記の☆マークの費用が過剰だとモノがどんどん増えていきます。この費用が過剰ならば、まずは抑えることで家に入ってくるモノを少なくすることができます。

スポンサーリンク

入ってくるモノを断つ

入ってくる物を断つ

上記で自分がどんな分野にお金を使っているか、どんな志向性があるのかが分かったと思います。

特に☆のマークの分野に多くお金を使っていたら、生活の中で工夫してモノが増えない仕組み作りをする必要があります。

日用品費が高い場合

日用品費として消耗品と、生活用品があげられます。

〇消耗品費を減らす方法

洗剤、トイレットペーパー、シャンプー、ヘアスプレーなど、これらの消耗品費が高くなる場合、ストック癖、新しいモノを試したい欲、薬局やスーパーでのついで買いなどの傾向があると考えられます。

これはAmazonや楽天などのECショップでお気に入りのモノをまとめて買うことをオススメします。

【ECショップでまとめ買いするメリット】
  • 時短になる
  • 家まで届けてくれる
  • リアル店舗より安いことが多い
  • 余計なモノのついで買いが無くなる

アマゾンのサービスの『あわせ買い』をすると1回の買い物で千円以上得をする場合がありますので、知らない方は試してみてください。

詳細は以下の記事に書いています。
関連記事アマゾンの『あわせ買い対象』商品で生活コストを落とす方法。物によっては半額もアリ

〇生活用品費を減らす方法

包丁、器、コップなどホームセンターや100円ショップに売っているモノなど、これらの費用が高くなる場合も上記の消耗品費と同じ傾向があると思います。

生活をより便利にしたいという気持ちで様々なモノを購入して使いこなせていない場合、その気持ちこそがモノを増やして逆に生活を不便にしていることもあると思います。

100均の通い癖がある方は以下記事に100均で買わない方が良いモノについて書いていますので、参考にどうぞ!
関連記事100円ショップで買うべき物、買わない方が良い物。買い物での注意点まとめ。

被服費が高い場合

服を買うのは簡単ですが、手放すには以下の判断をする必要があるため、かなり大変でメンドクサイです。

【服を手放す流れ】
  • 手放す候補の服をピックアップ
  • 手放すどうかを考える
  • 手放し方を売る、ゆずる、捨てるから選ぶ
  • 手放す

たくさん数を持つことに重きを置いている方は、本当に欲しいと思ったモノしか買わない、少し高くても欲しいなら買うということを実践してみてください。

そうすればいずれクローゼットの中は数合わせの服ではなく、お気に入りの服だけになるはずです。

服に関係する断捨離の方法は以下を参考にしてください。

参考記事
・超簡単な工夫でいらない服を見分ける方法
→捨てる候補の服を簡単に見分ける方法を書いています。

・服を断捨離できない人に共通する思考。購入する前に考えたい3つのこと
→もしかしたら自分は捨てられない人?と思ったらチェック!

・服を捨てるだけは断捨離ではない。ダンシャリバウンドをしないためのコツとは?
→断捨離しても目的がしっかりしていないとリバウンドしてしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

POINT

・自分の消費行動を分析することで志向性が分かる
・日用品、衣服類の消費の仕方を工夫して入ってくるモノを断つ

入ってくるモノを断つことで初めて断捨離が開始できます。

部屋が汚い人がいきなり断捨離を始めるのを良く聞いたりしますが、入ってくるモノを断つことができていないので、せっかくキレイにしたのに汚部屋に逆戻りなんてことにもなってしまいます。

まずは自分の消費行動を見えるようにして対策を決めることをオススメします。

 

ではまた!

この記事のURLをコピーする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あらゆる無駄をサラリとかわすサラリーマン。 物心ついたころからモノを持たないことを心がけ、気付いたらミニマリストでした。仕事では誰とも付き合わず、ひたすら仕事を早く終わらせて定時で帰ること目的としています。 サラリーマンのかたわら事業として不動産賃貸業もしているので、このブログではミニマリスト、合理化、不動産投資について主に発信していきます!