まず最初に見てほしいページ

最初に見てほしいページ

オススメの記事、カテゴリをまとめています(こちら

『片付けをすると運気が良くなる』は間違い。片付けの本当のメリットとは

ども!テルです。

片付けをすると運気が良くなるという話を聞いたことはないでしょうか?
そのようなことを書いている本も多数ありますし、テレビでも運気が良くなるということを言っているのを見たことがあります。

確かにモノだらけの家から、頑張って片付けをしてキレイに整理整頓をすると運気が良くなりそうなのは分かります。
何冊も本を出されている方でもそのようなことを書いていたのを読みましたが、運気が上がるといわれても効果が予測できないですよね。

というのも人によって運気が良くなった、悪くなったと感じるポイントも異なりますし、そう思うタイミングも違うと思います。
要は再現性があるのかないのか分からない。

僕は片付けと運気は関係が無いと思っています。
その理由と、僕の思う片付けの本来のメリットを書いていきます。

スポンサーリンク

片付けで運気が上がるは間違いです

①壺を買うと運気が上がると言っているのと一緒

「片付け」、「運気が上がる」というきれいな言葉を連ねているので勘違いしやすいですが、これはツボを買ったら運気が上がりますよ。と言われているのと一緒だと思うんです。
〇〇を買うと運気が上がるといわれると一気に怪しくなりませんか?(笑)

当然、効果が出るかどうか分からないので、ツボを買って運気を上げようと考える人は少ないと思います。
ちなみにこの壺は690万円だそうです。どうですか?(笑)

片付けをするということは、普段片付けをしない人からしたら、大きな変化点ですよね。
その変化点をきっかけに普段気にしないことも気にするようになり、仕事が増えるようになったとか、彼氏彼女ができたとかで運気が上がったと言われることもあるかもしれません。

しかし、変化点は片付けだけでなく、あらゆるところにあります。
例えば友人が健康を害して食事に気を付けるようになったとか、他人の子供が事故にあって安全に気を付けるようになったとかですね。

ゆえに、片付けをすると部屋は片付くだけであり、それをきっかけとして運気が上がったと錯覚することはあると思いますが、そうではない人もいると思います。

②なぜ運気があがると言われ始めたか

自分だけの体験談を有名な人がメディアを通して言っているのが一つの要因ではないでしょうか。

片付けを極めた人が片付け力で有名になり、「片付けのおかげで運気が上がった」とメディアで言う。
その有名な方の顧客も運気があがっているとメディアで言う。

そうして片付けが運気を上げるというような考えが広まっているのだと思います。

実際僕は学生のころから部屋にほとんどモノが無かったですが、運気が高い人生かと言われるとそうでもありません。
ごく普通の運気だったと思います(笑)

③片付けをすることで運気が上がることを否定する理由

それは汚部屋へのリバウンドがしやすいと思うからです。

運気を上げるために片付けをすると、運気が上がらなかった場合、片付けを続ける理由が無くなってしまいます。
ダイエットをする場合、体重を減らすというのを目的としているので、体重が減らなかったら多くの人がダイエットをやめると思います。
釣りに行く場合、魚を釣るというのを目的としているので、魚が全く釣れなかったら多くの人が帰ると思います。

これが運気を上げるという不確実な目的のために、片付けをすることを否定する理由です。

スポンサーリンク

片付けをする目的は具体的な方が続く

片付けをする目的は非常にシンプルですが、生きる上でとても重要なことだと思います。

元々僕たちの祖先は動物と共に森に住み、時には住居を変えたりして自由に生きていたんです。
でも進化して色々なモノを作り出せるようになっていき、生活を便利にしようとどんどんモノを蓄えていく。
生活を便利にしようと思えば思うほど自由とは離れていくような気がするんです。

生活を最適化するためには不要なモノは手放す必要以上に持ち過ぎないということが必要だと考えています。
それを踏まえた上で、片付けで生活を最適化するメリットとはなんでしょうか?

①片付けで最適化すると、部屋にあるのは使う物だけになる

不要なモノを手放すことで、部屋には必要なモノだけが残るようになります。
必要なモノしか持っていないと、足りないモノがすぐに分かるようになり、新たに必要になるモノもすぐに判断できるようになります。

間違えてあるモノを二重で買ってしまったりすることもなくなりますね。

②片付けで最適化すると、生活の改善を常に考える

生活の改善を考えることで、必要な物は何か?という自問自答を頻繁にするようになります。
この改善の考えが定着してくると、モノを手放す判断だけではなく、以下のようにモノ以外の改善もやってみる余裕が出てきます。

【モノ以外の改善の矛先】
・人間関係
・仕事の方向性
・人生の目的

目の前で起こっている家の片付けが手に付かない人が、上記のコトを考える余裕が無いのは明白ですよね。

③片付けで最適化すると、ストレスが少なくなる

モノが最適化されていると以下のようなストレスが溜まることが少なくなり、生活が楽になります。

【部屋が片付いていないと怒るイライラ】
・モノが多すぎてくつろげない
・散らかっているものモノを踏んでしまう
・探しているモノが見つからない

普通に生きているだけでもストレスが溜まる現代ですから、家でくらいストレス無くすごしたいですよね。

④生活に合わせて移住しやすくなる

昔は借金してマイホーム建てて永住するというのがスタンダードでした。
今は生活スタイルが多様化してきており、生活スタイルに合わせた賃貸住まいを好む人が段々増えてきたように感じます。

子供が大きくなったから3LDKにしようとか、子供が家を出たから1LDKにしようとか、その時の収入などの状態を加味して最適な選択を取りやすくなります。

また、生活コストを安くするために田舎に行こうとか、海外に住もうとする人も増えてくると思います。
身軽に様々なところを行き来するようになるのは祖先がやっていたことですから、それに戻る形になりますね。

スポンサーリンク

まとめ

POINT

  • 運気を上げるために片付けをするのは間違い
  • 片付けは身軽にストレス無く、生活を最適化するための手段

生活を最適化するという点において、ミニマリストしぶさんの本が参考になると思います。

1日2.5食のススメ。昼食を抜いてみたら感じたメリット3つ』もしぶさんの必要十分生活のマネをして始めたモノです。
生活の最適化について気になる方は読んでみることをオススメします。

 

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です