最初に見てほしいページ

オススメの記事、カテゴリをまとめています(こちら

先入れ先出しでルール化。工場生産方式を応用した合理的なストック効率化、断捨離方法を解説

先入れ先出し

ども!テルです。

【この記事を読んで解決すること】
・断捨離をスムーズに行うことができる
・モノの総量を維持することができる

【この記事を読んでほしい人】
・断捨離しようにもモノがどんどん増えてしまう人
・断捨離にこれから取り組もうとしている人

断捨離の方法として今まで様々説明してきましたが、やはり一番肝心なのは”ルール化”ができているかどうか。というところにあると思います。
ルールができていればルールに則って機械的に判断することができますが、ルールが無いとそこに感情が入り、どうしても手放す判断ができなくなってしまう場合があります。

そんな疑問、悩みを抱えている皆さんに紹介したいのが”先入れ先出しのルール”です。

【先入先出法】
先に取得したものから順に払い出されると仮定して、棚卸資産の取得原価を払出原価と期末原価に配分する方法である。
英語では、FIFO(First In, First Out)という。
引用元:Wikipedia

先入れ先出しとは簿記で使う用語であり、工場の材料などに適用されるルールのことです。
例えば工場で服を作るとします。毎月決まった数の服を生産するなら、毎月決まった量の布を仕入れますよね。
その仕入れた布を仕入れた順に材料として使っていくというのが先入先出法です。

僕はこの方法を家の断捨離にも使っており、ルールを作れば感情を排除して断捨離を行えるのでオススメです。
実例も交えながら説明していきます。

スポンサーリンク

先入れ先出しを家庭で応用するケース

①先入れ先出しはすでに家庭で使われている

実は全ての家庭で先入れ先出しは使われていると思います。それは何かと言うと”食材”なんですね。
食材は鮮度の関係で先に購入したモノを先に使う必要があります。

例えば牛乳。パックを半分程度飲んだ段階で次の牛乳パックを開けるということは普通は無いですよね。
このように鮮度が関係する場合は、自然と先入れ先出しを生活の中で応用しているんです。

なぜこれが自然にできているかというと、先入れ先出ししないと食材が腐り、損をするというのが分かりやすいからだと思います。
損は誰だってしたくないですもんね。

例えば夫婦共働きで相手が何を買ってきているか分からない。
先入れ先出しできていないかも?という家庭はかなりの無駄が発生している場合があるので、一度冷蔵庫の中などをチェックしてみてください。

②消耗品などの在庫は先入れ先出しが難しくなってくる

食材は先入れ先出しが比較的しやすいと思いますが、消耗品になるとどうでしょうか?
トイレットペーパー、ティッシュ、洗剤類、お風呂グッズなどを指しています。

ストックが無くなったら買い足しに行く、もしくはネットで買うという方は良いですが、安いときにまとめて買ったりする人の場合は要注意です。

普段からまとめ買いをする方は、基本的に様々なモノのストックが多くなる傾向にあると思います。
整理ができていれば良いですが、ストックが増えると収納も簡単ではなくなり、「だいたいこの辺にある」という収納になるのではないでしょうか?

消耗品は食材のように腐ることはないので、損が分かりにくいというのが特徴だと思います。
ただ、過剰なストックは考えられるだけで以下のデメリットがあります。

【過剰ストックのデメリット】
・スペースの無駄→スペースは家賃や固定資産税がかかるのでコストが発生しています
・間違えて追加購入するリスク→単純にお金の無駄です
・支出管理ができない→支出が乱高下して家計管理が難しくなります

ストックは適正に見直して省コスト、省スペース、省無駄でいきたいですよね。

③衣類になると先入れ先出しの考えは消滅する

服関係で先入れ先出しという考えを持っている人は少ないと思います。
通常は気に入った服を買うので、お気に入りが増えれば増えるほど服は増えていきますもんね。

キモイかもしれませんが、僕は持っている服のジャンルと数量を決めています。

例えばズボンだったらジーンズと黒とカーキと白を持っています。
白のズボンがへたってきたなーと思ったらそのズボンを捨てて、新しい白のズボンを買います。

古いモノを捨てて新しいモノを買うので、服のサイクルに先入先出法を使っているということです。
こうすることで服の総量を維持できるので、余計な買い物をしなくて済むのでオススメです。

昔は先入れ先出しが行き過ぎてたんですが、例えばくつを買いに行ったときのことです。
くつを買ったその場で履き替えて、古いくつを店員に捨ててくれと言ったり、同じことをベルトでしたりしていました。
今思い出すとかなり迷惑な客ですよね。

先入れ先出しは自宅でできますので、他人に迷惑がかからない範囲で実施ください(笑)。

スポンサーリンク

おすすめの先入れ先出し方法

おすすめの先入れ先出し方法

先入れ先出しを取り入れて、ストックの効率化や断捨離をする方法を紹介します。

①amazon パントリーでストックを効率化

amazonパントリーはご存知ですか?⇒こちら

amazonパントリー
【サービスの概要】
・消耗品などを少量から買えるからストックが過剰にならない
・一箱でまとめて受け取れるからゴミも少ないし、送料も浮く
・クーポンなども充実
・サービス利用料は390円/箱だけど、9点以上注文で0円/箱
・amazonプライムへの登録が必要

これぞまさしく先入れ先出しのためにあるようなサービスですね。
モノもamazonならすぐ届くので、外に倉庫があって好きなタイミングで発送までしてくれるという至れり尽くせり感。

共働き世代など買い物の時間が無い方やamazonユーザーにオススメです。

②LOHACOで生活スタイルにFIT

LOHACOで生活にFIT

LOHACOはずいぶん昔からサービスをやっているので、こちらの方が知っている方が多いかも知れません。

【サービスの概要】
・たくさんの生活用品ラインナップがある
・3,240円以上で基本送料無料
・翌日お届けや時間指定でも送料無料
・ポイントがたくさんつく
・6時~9時・21時~24時の深夜早朝便あり

amazonでも売っているモノの種類が多いですが、コラボ商品や一部の地域では生鮮食品など、多種多様な商品が売っています。

また、深夜早朝便など生活スタイルにFITしたサービスも特徴です。

LOHACO⇒こちら

ヤフーユーザーやソフトバンクユーザーはポイントが多くつくのでオススメです。

③服の稼働率を見えるようにして断捨離

服の先入れ先出しは難しいという話を書きましたが、服の稼働率を見えるようにすることで断捨離が楽にできます。

その方法は以下の記事で書いています。
参考:超簡単な工夫でいらない服を見分ける方法

要約すると、クローゼットの中で今日着た服を手前から順番に収納していき、ずっと奥の方にある服は着ていない服なので手放しましょうということです。

着ない服を見えるようにすることで、手放しやすくなります。
クローゼットが服でいっぱいの人は試してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

POINT

  • 生活に先入れ先出しを取り入れると管理が楽
  • 消耗品や服は先入れ先出しができにくくなるので注意
  • Amazon パントリーやLOHACOを賢く使ってストックの効率化をしよう
  • 服は着ないモノを見えるようにして手放そう

先入れ先出しは生活の効率を改善してくれます。
生活の質を上げるためにも是非実践してみてください。

 

ではまた!

この記事のURLをコピーする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です