まず最初に見てほしいページ

最初に見てほしいページ

オススメの記事、カテゴリをまとめています(こちら

現金とクレジットカードはオワコン?その代替候補となる様々な決済方法を紹介

キャッシュレス

ども!テルです。

皆さん買い物をするときは現金かクレジットカードでしょうか?
僕も現金かクレジットカードを使用していますが、決済方法としてどんどん縮小していくと考えています。

先日以下の記事でクレジットカードを使わず現金払いだと損するという内容を書きました。
参考記事:【ビジネスモデルを学ぶ】クレジットカードの決済手数料は誰が負担しているの?現金支払いにこだわっていると損する理由

しかし課題でもあるのが、決済代金の3~7%にもなるその決済手数料の高さ。
その決済手数料の高さからクレジットカード決済可能というのを大々的に打ち出していないお店もあります。

しかしお隣の中国ではアリペイという電子決済が流通しており、日本の店舗でもローソンなどアリペイが使えるところが増えてきました。
アリペイだと決済手数料が無料なので、店舗側も導入を進めやすいです。

決済手数料0で集客も見込めるなら店舗側も導入したいはず。
今後日本でも徐々に現金やクレジットカード払い以外の決済方法が普及していくと思います。

ということで、既存の決済方法を追いやる存在と現金、クレジットカードがなぜ縮小していくのかを説明します。

スポンサーリンク

既存の決済方法を追いやる存在

暗号資産

①SUICAなどの電子マネー決済

SUICA、manaca、Edyなどのプリペイド式(先払い)のカードを使って決済する方法ですね。
これはすでに使っている方が多いと思います。

これらは公共交通機関の利用と兼ねることができるなど、利用者としては利便性が高いです。
しかし、結局決済手数料は3%程度かかってしまうということもあり、店舗側のメリットは集客のみということになりますね。

これらは利用者が多いから導入する店舗も多いですが、決済手数料0で利用者も多いアリペイのような決済方式が出てこれば段々縮小していくと思います。

免許証、マイナンバーカード、保険証を1枚にしてプリペイド式の電子マネー機能を持たせ良いなと思いますが、国が仕切らないので全国で支払い手段が増えすぎてしまっています。
各地で顧客の囲い込みが行われ、経済的にも不利だと思うんですけどね。

②LINE PAYなどのQR コード決済

今一番期待される決済方法です。
LINE Pay、PayPay、楽天ペイなど大手企業から様々な決済方法が出てきており、注目の高さがわかります。

【メリット】
・店舗側への手数料の負担が小さい(0~約3%)
・店舗の導入コストがほとんどかからない
・利用者へのポイント還元あり
・スマートフォンで決済できるので利用者はカード、現金を持ち歩く必要がない

【決済手数料】(2019/4/24時点)
・楽天 3.24%
・PayPya 0%(2021年9月30日まで。その後は未定)
・LINE PAY 0%

楽天はQRコード決済としては先発で、交通系ICカードなどの手数料に合わせて3.24%にしたのだと思います。
しかし後発のPayPayやLINE PAYが決済手数料0%にしてきたので対応を変えるかもしれませんね。

中国でアリペイ、WeChat Payなど成功した事例があることから、日本で流行る可能性が高いと思われます。
しかし、現時点ではそんなに流行っていないような気もしますが。

それも決済方法がたくさんありすぎることと、政府がキャッシュレス決済の整備を進めていないのが原因だと思います。

日本政府はキャッシュレスを進めるとは言っているので、今後の動きに注目です。

③ 生体認証

以下のように人間の体の一部で個人を特定、認証する方法です。
これを決済方法として導入することは技術的には可能だと思いますが、導入費用が高額になることが予想されるのでかなり未来の話になると思います。

【認証方法】
・目の網膜
・手のひらの静脈や指紋
・顔

手のひらの静脈スキャンは大垣共立銀行で導入されたので知っている人もいると思いますが、決済方法だけではなく本人確認という点で利用されることは増えるでしょうね。
参考:大垣共立銀行

また、顔認証はスマートフォンや空港の入国審査でも導入されています。
先日セントレアの入国審査の際に驚いたのですが、顔認証にいつの間にか変わっていました。本人確認もカードレスの時代ですね。
参考:日経新聞

④ビットコインなどの暗号資産決済

ビットコインなどに代表される、『暗号資産』を使った決済方法です。
ブロックチェーンを使った革命的な技術として注目されたのでが、実生活へ普及する前に詐欺や取引所の脆弱性など様々な課題が露呈し、下火になっていました。

しかし、つい先日米amazonでビットコインでの支払いが可能になるというニュースが報じられました。
日本でも今後拡大を検討するようなので、一般的なモノになっていくと思います。

暗号通貨は決済手数料はごく低額で仲介者が不要のため、買いたい人と売りたい人同士でお金のやり取りができるのが特徴です。
amazonが導入して課題も見えてくると思いますが、今後普及していくと思っています。

スポンサーリンク

現金支払いはやはりデメリットが大きい

現金支払いのデメリット

①強盗、盗難、脱税などの犯罪リスク

店や銀行に現金が無いと分かっていれば強盗は無くなると思います。
つまり現金が無いことで犯罪の抑制にもなるということです。

また、現金決済はレジを打ったりしなければ履歴が残らないこともあり、脱税の温床になっています。
大阪でたこ焼きを売っていたおっちゃんが3億3000万円の所得を隠し、1億3200万円を脱税したと報道されました。
たこ焼きってそんなに儲かるのか。と思ったのと同時に、現金決済なら他にもこういうケースはあるはずだと感じました。

犯罪の温床になっているので、電子決済は進められるべきだと思いますね。

② 人件費が余計にかかるリスク

レジ締めの対応、レジの待ち時間の削減など、様々な工程を短縮し人件費の削減ができます。
店舗側へのメリットが大きいので、ユーザーのキャッシュレス割合が増えれば店舗側もキャッシュお断りというところが出てくるでしょう。

ちなみにアメリカでは広い国土を現金輸送するのは困難という背景から、電子決済が拡大しているようです。

③偽札が横行するリスク

中国では偽札の流通が深刻な問題になっていたこともあり、QRコード決済が流行った理由にもなっています。
中国に行くと露店でもQRコード決済できるし、ホームレス風の人?もQRコードを掲げてお金を要求している姿が目撃されています。

日本ではあまり無いリスクかもしれませんが、全くないわけではないですからね。

④ 現金が消えた国

スウェーデンは現金が消えた国と言われています。
実際の現金使用率は3%程度と言われており、現金お断りの店もあるくらいだそうです。
参考:東洋経済

現金使用率の高い日本ですが、だんだんと電子決済が流通してくるのではないかと思います。
そうなると国民も現金を持ち歩かなくなり、現金しか使用できない店舗はどんどん廃れていくことになるでしょう。

スポンサーリンク

クレジットカード払いもデメリットが大きい

クレジットカード払いのリスク

①得するのは利用者とクレジットカード会社だけ

冒頭の通り、クレジットカード払いは手数料の高さが課題です。
そこで得られた手数料を使って広告を打ち出し、利用者が増えることでクレジットカード会社がさらに儲かるようになっています。

②スキミングのリスク

混雑した電車の中、市街、店員などからクレジットカードの情報を読み取られ(スキミング)不正利用されるケースが後を絶ちません。
自分も海外でクレジットカードをホイホイ使うのは怖いので、グローバル展開している施設でしかクレジットカードを使わないようにしています。

ただ、暗号資産と同じで世界共通で使えるというのはクレジットカードの利点かも知れません。
ポイントも付くし、利用者側からしたらまだまだメリットの方が大きいと思いますね。

まとめ

POINT

  • 利便性からキャッシュレス、カードレスの波はいずれ来る
  • 決済方法が増えすぎるので、政府が動かないと決済方法が無限に増える可能性も

いずれにしろ企業独自の方策で普及を進めるのは頭打ち感があります。
結局は顧客の囲い込みになってしまいますし、利用者、店舗win-winではないケースが多いんですよね。

アリペイのような皆がwin-winになる決済システムを考えてほしいモノです。
しかし、個人的にはLINE PAYは決済手数料、導入費用0で、LINE PAYを使うとポイントも付き、店舗と利用者の双方にメリットがあるので今後期待したいです。

 

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です