お風呂のシャワーを備え付けのまま使っている人必見!交換するだけで簡単に節水、節約する方法

ども!テルです。

【この記事を読んで解決すること】
・シャワーの水道代がどれくらいかかるのか分かる
・節水にオススメのシャワーヘッドが分かる

【この記事を読んでほしい人】
・シャワーを良く使う人
・水道代がなぜか高い人
・備え付けのシャワーヘッドを使っている人

自宅のシャワーヘッドはどのようなモノを使っていますか?
マイホームだったら場合によってはホテルで使っていそうな幅広タイプのモノ。
賃貸だったらシンプルな細身のタイプのモノが主流だと思います。

ちなみに我が家で備え付けられていたのが以下のシャワーヘッドです。
水圧の設定がおかしいのか、蛇口をひねると高い水圧で水が出てくるので、少し絞って使う必要がありました。

自宅のシャワーヘッド

恐らくコスト重視で、使い勝手は考えていないモノと思います。
僕はこのシャワーヘッドを使い続けることに疑問を感じ、交換をしてみたところ、水道代を安くすることができました。

ということで、今回は備え付けのシャワーヘッドの交換前後の水道料金と、オススメのシャワーヘッドを紹介したいと思います。
マイホームはもちろんですが、賃貸の場合も簡単に交換できますし、むしろ交換しないと損していると言えますね。

スポンサーリンク

シャワーヘッドの変更前後で水道代を調べてみた

シャワー

①変更後のシャワーヘッド

僕が使っているのがこのシャワーヘッド、Aqua loveです。

【このシャワーヘッドにした理由】
・amazonで売れていた
・安い
・モードを5段階で切替できる
・手元にストップボタンがついているので節水になる

モード切替できるので、備え付けのモノに比べたら十分すぎる性能です。
このモード切替が節水の鍵ですね。

ということで水道代がどれだけ変わるか調べてみることにします。

②水道代の比較方法

1.まず鍋に水を3ℓ入れ、水面の部分に線を引きます。
2.線を引いたら水を捨てます。

鍋に水を入れる

3.新旧のシャワーヘッドで水を入れ、線まで達する時間を計測します。

これを測定することで、同じ水の量が出るまでの時間を計測できる。
つまり、時間が長いほど節水と言えると考えました。

③シャワーヘッドによる水道代の比較結果

結果は備え付けのシャワーヘッドが10秒に対し、Aqua loveは16秒でした(レインモード)。
つまり、3ℓの水を使うのにアクアラブの方が1.6倍時間がかかったということですが、分かりにくいのでコストに換算します。

〇備え付けのシャワーヘッドの場合

・10分のシャワーで180ℓ使用
・1か月(=31日)で5,580ℓ(=5.58m3
・1年(=365日)で65,700ℓ(=65.7m3
・1年間の水道代は65.7m3×11円/m3722.7円 3人以下世帯
1年間の水道代は65.7m3×166円/m310,906.2円 4人以上世帯

〇Aqua loveのシャワーヘッドの場合

・10分のシャワーで112.5ℓ使用
・1か月(=31日)で3,487.5ℓ(=3.5m3
・1年(=365日)で41,062.5ℓ(=41.1m3
・1年間の水道代は41.1m3×11円/m3452.1円 3人以下世帯
1年間の水道代は41.1m3×166円/m36822.6円 4人以上世帯

その差は3人以下世帯で270円/年、4人以上世帯で4,084円/年ですね。
世帯が違うと水道代が違い過ぎるのは、水道の料金はある使用量を超えると跳ね上がるからです。
世帯の人数が多ければその使用量を超える可能性があるため、上記の表現にしましたが、もちろん水の使い方によっては世帯の人数が多くても安い従量課金で済む場合もあります。

〇コストまとめ

3人以下世帯では、1日2回シャワー浴びるなら1人当たり540円/年
4人以上世帯では、1日2回シャワー浴びるなら1人当たり8,168円/年の差となります。

1人ぐらしでも3年程度で元が取れそうですね。
しかも、シャワー時間が10分より長い場合や、節水モードを使えばさらに早い期間で費用を回収できます。

上記は単純に僕が使っているレインモードという節水ではない通常モードで水を入れた場合の結果です。
メーカー推奨である以下の条件で実施すれば、節水は50%程度になるということなので、そのモードであればコストも以下のように変わります。
メーカー推奨:レイン+ミストモード、ストップボタン使用

3人以下世帯では、1日2回シャワー浴びるなら1人当たり722.7円/年
4人以上世帯では、1日2回シャワー浴びるなら1人当たり10,906.2円/年

〇参考資料

従量課金については以下を参照ください。(参考:名古屋市の場合)

なお、世帯の人数による水の使用量は以下の東京都水道局の調査結果を参考にしました。
参考:東京都水道局

スポンサーリンク

Aqua loveの機能と注意点

Aqua love

by 楽天

①シャワーの多段モード変更

画像の通り、以下のようにモード変更できます。
僕はドノーマルのレインモードを使っており、上記のコスト算出の結果もレインモードです。
コストの算出結果が異なりますが、メーカー算出結果はシャワーの時間が長く、世帯人数も多い場合で算出していると思います。

【選択可能モード】
・レイン 通常モード
・ミスト さっぱりしますが、水圧が高く、温度が下がります
・ジェット 勢いが強いので、頭や肩のマッサージや、皮脂汚れなどに効果があります
・レイン+ミスト メーカ推奨の節水モード
・レイン+ジェット 強めの水圧が良い場合

我が家ではミストもジェットも水圧が高いため子供が嫌がって使っていません。
(僕はミストやジェットを使いたいのですが)標準のレインモードを使っています。

②シャワーヘッドのストップボタン

手元のボタンでシャワーのオンオフができます。
すぐに水を止めることができるので、節水になりますね。

ただ、ストップボタンを押したまま蛇口を戻すのを忘れてしまったことが何度かあるので、そこは注意が必要だと思います。

③隙間からの漏水に注意

既存のホースを使うと、場合によってはストップボタンを押した状態で、シャワーヘッドとホースの隙間から水が少し漏れる可能性があります。
我が家のも若干漏れているので、蛇口を戻し忘れないように注意しています。

気になる場合は、ホースも一緒に買い替えすれば問題は解決すると思います。

スポンサーリンク

まとめ

POINT

  • シャワーヘッドをAqua loveに変更すると節水になる
  • 1人暮らしでも3年ほどで元が取れる
  • ファミリーの場合はすぐに買い替えた方が良い
  • 多段モード変更でリラックスできる

amazonなら2000円でお釣りがくる値段なので、一度試してみるのもありですね。
長期的に見れば、節水仕様のシャワーヘッドに買い替えた方が損はしないと思います。

 

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です