まず最初に見てほしいページ

最初に見てほしいページ

オススメの記事、カテゴリをまとめています(こちら

【車の基本】ホイールをアルミニウム製にしても燃費は良くならないって知ってた?

アルミ製ホイール

ども!テルです。

車をお持ちの方はホイールの素材は鉄ですか?アルミですか?まさかマグネシウムですか?
車のホイールの素材は様々ありますが、純正では鉄製が多いと思います。(グレードや車種よって異なりますが)

よってアルミニウム製ホイールはオプションで取り付けることが多いと思うのですが、外観や燃費で選択されている方が多いと思います。
様々なアルミニウム製ホイールがあるので外観は多種多様ですが、凝った外観のホイールほど燃費は良くならない傾向にあります。
つまり燃費が良くなると思ってホイールを買い替えたのに、そうはならないケースがあるということですね。

ということで、アルミニウム製ホイールに変えることによる燃費への影響と、コスパの良いホイールの外観変更方法について共有します。

スポンサーリンク

ホイールの材質ごとのメリット

①アルミニウム製ホイールのメリット

アルミニウム製ホイール

アルミニウム製ホイール

元々スチール製ホイールが主流だったのですが、以下のメリットが見込まれたためアルミニウム製ホイールが採用されました。

【アルミニウム製ホイールが採用された背景】
・スチールに対し同強度で軽量に仕上げられる可能性
・足回りが軽量化することにより加減速と操舵の反応、路面追従性の向上

アルミニウム製ホイールの作り方として、鋳造(ちゅうぞう)と鍛造(たんぞう)があります。

〇鋳造のアルミニウム製ホイール

鋳造は多くのアルミニウム製ホイールに採用されている製造方法で、アルミを溶かして型に流し込んで形を作る方法です。
粉を水に溶かして型に流し込んで作るグミなどがありますが、あれと同じような作り方ということですね。

液体を型に流し込むので、様々なデザインを採用できることが特徴です。
鍛造に対してデザインの幅が広くなるのと、安価であることを理由に、多くの車種のオプションや一部車種の標準品として採用されています。

〇鍛造のアルミニウム製ホイール

鍛造はアルミを型で押しつぶしてその型通りの形に作る製造方法です。
おにぎりやゆで卵を型に入れて色々な形にできる容器がありますが、あんな感じですね。

アルミを押しつぶして形を作るのでこったデザインなどは作ることはできませんが、鋳造に対して厚みが薄くなりますので、重量が軽くなります。
上記の足回りが軽くなるというのは、鍛造の場合の話なんですね。

②スチール(鉄)製ホイールのメリット

スチール製ホイール

スチール製ホイール

多くの車に標準品として装着されているホイールです。
通常はこのホイールの上からホイールキャップをはめ込んでいます。

メリットとしては丈夫で安いということがあげられます。

③マグネシウム製ホイールのメリット(番外編)

マグネシウム製ホイール

マグネシウム製ホイール

アルミの2/3の重量で超軽いですが、一般的な車には採用されていません。
レース用や、一部のバイクや自転車のパーツで採用されているのみで、金額も高額になります。

スポンサーリンク

アルミニウム製ホイールのデメリットと代替案

デメリットその1:強度が低い

アルミは力が加わるほど無限に強度が低くなる性質を持つため、スチール製ホイールに対して分厚くなりがちです。
鋳造の場合は強度も高く、薄く製作できるのでスチール製ホイールより重くなることはありませんが、鋳造の場合はスチール製ホイールよりも結果的に重くなってしまう場合があります。

元々軽量化のために採用したはずですが、多くのメーカーが安価でデザイン性の高い鋳造を選択したということですね。

デメリットその2:コストが高い

ホイールサイズ、ホイールブランド、どこでホイールを買うかにもよりますが、例えばトヨタのアイシスの場合、純正のホイールは1本27,000円ほどだそうです。
交換にかかるディーラーの工賃は3,000円/本にもなりますので、計120,000円もかかってしまいますね。

上記は一例で、実際の値段はどこでホイールを買うか、どこで替えるかで変わります。

デメリットその3:燃費が悪くなる可能性も

スチールホイールに対して重量が重くなる場合があるので、当然燃費が悪くなる可能性があります。
また、外観を良くするためにホイールの径を大きくする場合も重量が重くなり、結果燃費が悪くなります。

以上のように、(鋳造の)アルミニウム製ホイールは外観向上のメリットだけで、他にメリットはありません。
オプションでアルミニウム製ホイールに買えたいという方は、重量がちゃんと軽くなるかも確認した方が良いと思います。
コストかけて燃費悪くしていたら割りに合わないですからね。

他の記事でも見栄に対してのコストについて何度か書いていますが、基本的に自己満足の世界です。
自己満足にいくらお金をかけられるか、一度考えてみても良いと思います。

コスパ良し!スチール製ホイール+ホイールキャップ

見た目も気になるけど、コストはかけたくないという方。
スチールホイールに取り付けるオシャレなホイールキャップもだんだん増えています。

例えば以下です。
4枚で3,000円もしないですし、自分で取り付けられるのでお試しで買ってみるもの良いかも知れませんね。

スポンサーリンク

まとめ

POINT

  • アルミニウム製ホイールにしても必ず軽くなるわけではない
  • アルミニウム製ホイールに変更して燃費が悪くなる可能性もある
  • コスパの良い、オシャレなホイールキャップも増えてきている

見栄はコストであり、追及しても上には上がいるので結局は自己満足になってしまいます。
ましては機能性が下がるモノにコストをかけるのはお金がもったいないですよね。

そこにお金をかけるなら車内での過ごしやすさを向上させるグッズなどにお金をかけた方が良くは無いでしょうか?
皆さんの検討の参考になれば幸いです。

 

ではまた!

この記事のURLをコピーする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あらゆる無駄をサラリとかわすサラリーマン。 物心ついたころからモノを持たないことを心がけ、気付いたらミニマリストでした。仕事では誰とも付き合わず、ひたすら仕事を早く終わらせて定時で帰ること目的としています。 サラリーマンのかたわら事業として不動産賃貸業もしているので、このブログではミニマリスト、合理化、不動産投資について主に発信していきます!