【テレビ不要時代】インターネットの波に乗った方が知識も増え、合理的である3つの理由

テレビ不要時代

ども!テルです。

【この記事を読んで解決すること】
・テレビを見る必要性が分かる

【この記事を読んでほしい人】
・テレビを買うか迷っている
・テレビ以外の情報や娯楽の視聴方法を知りたい人

皆さんはテレビ持っていますか?もしくはテレビ見ていますか?
僕はほぼテレビを見なくなってからかれこれ6年くらいたちました。

最初は面白い番組も限られてきたし、もう見なくて良いかなという感じで段々見なくなっていきました。
しかし最近になってテレビを見ることはむしろデメリットの方が多いのでは?と考えだしました。

先日以下のツイートをしました。

園児が亡くなった大津市の痛ましい事故で、マスコミの報道の在り方に対して世間から多くの疑問が投げかけられました。
当然僕自身も疑問に思いましたし、以下については怒りすら覚えます。

・マスコミが押し寄せて記者会見をせざる負えない状況になった
・保育園を責めるような記者の質問
・視聴者が知らなくてもいい、意味のない質問

今回の件ではっきり思いましたが、テレビニュースは見る価値は無いなと。
また、ニュース以外についても見なくてもいい、もしくはテレビではなくても見る手段がありますので、その内容について共有します。

スポンサーリンク

テレビを見なくても良い理由

テレビを見なくても良い理由

①報道の自由度が低いニュースは見る価値なし

テレビを見る方はだいたいが特定のニュース番組を見ると思うのですが、日本の報道の自由度は低いため、事の本質を言っていないことが度々あります。

報道の自由度ランキングというのがあり、国境なき記者団が年1回発表している世界180か国の中の報道の自由度を発表しています。
それによると、日本のランキングは67/180位(2019年)で決して高くはありません。
というかG7の中ではぶっちぎりの最下位ですね。
参考:報道の自由度ランキング(wikipedia)

また、冒頭で説明したように報道の質も低いので見る必要は無いかなと思います。

②2019年にテレビとインターネットの広告費が逆転する

以下画像からも分かるようにテレビ業界への広告費は停滞し、恐らく2019年中にインターネットがあっさり追い抜くと思います。
広告費が下がっていけば芸能人などもインターネット業界に流れるはずですし、番組を作る予算も確保できないということになります。

国内の広告費推移

by 電通

若者のテレビ離れが叫ばれて久しいですが、広告費という目に見える形でもその流れが現れてきたという感じですね。

③テレビを持つとNHKに視聴料金を払わなければならない

月々数千円を見もしないNHKに対して払う必要があります。見ないのに払うとか意味不明ですよね。
放送法第64条がNHK寄りの内容になっているので、こんなふざけたことがまかり通っているんです。

テレビ、DVD/ブルーレイレコーダーだけでなく、2019年3月13日の最高裁判決でワンセグ付きケータイまでNHK視聴料の対象ということになってしまいました。
2019年5月15日にはカーナビ内のチューナーまで支払いの対象になるかどうかの判決が出ます。
この流れから支払いの対象になってしまうような気もしますが、注目ですね。

なお、NHKの受信料問題を解決する方法と、カーナビは不要という記事を書いていますので、参考にどうぞ。

スポンサーリンク

テレビ無しを解決するソリューション

テレビ無しを解決する方法

①ニュースなどの情報収集はネットニュースがオススメ

おすすめの情報収集手段ですが、基本的に以下の理由からYahoo!newsを見ます。

【Yahoo!newsを見る理由】
・月間100億ページビュー(見られたページのこと)を超えており、見る目が多い分内容の信頼性も高い
・関連記事を簡単に調べられる
・読者のコメントも見ることができる

とにかくアクセス数がものすごく多いので、記事についても割と洗練されているモノが多いように思います。
もし偏った記事やクソ記事が多ければページビューもここまで伸びないですからね。

また、一つの記事を見ると関連記事を見ることができます。
報道の自由度が低かったり、政治的に偏った報道をする局が多いため、見る側にも知恵を働かせる必要が出てきます。
そこで、一つの内容でも様々な記事、コメントを見ることでだいたい正しいと思えることが分かります。
これは一方的に情報を受け取るテレビではできないことなので、主にテレビを見る人とネットニュースを見る人の知識レベルは大きく差が出てくると思います。

また、これ以外にも以下を見ています。

【その他の情報収集方法】
・Twitter:情報がどこよりも早い
ビジネスインサイダー:ミレニアル世代向けの経済ニュース
Newspicks:経済と言えばココ。記事に対しての専門家のコメントが見れる

②バラエティ番組やドラマはネットニュースで合法的に見れる

Youtubeなどに違法アップロードされているモノではなく、各テレビ局がネット上に上げている動画を見ることができます。
これだけあれば、テレビでわざわざ見る必要は無いように感じますね。

【各テレビ局のネット配信】
AbemaTV:テレビ朝日
・hulu:日本テレビ
・Tver:東京民放5局

日テレドラマ

③映画や海外ドラマもネットで見れる

僕は完全にNETFLIXのヘビーユーザーですが、大人から子供まで楽しむことができます。
というのも、大人は海外ドラマ、映画、アニメなど、子供は子供用アニメが幅広いジャンルで用意されているので飽きないです。

しかもNET FLIXオリジナルの映画やドラマもあるのですが、結構面白いんですよね。
NET FLIXの何がスゴイって、登録者の年齢、性別という情報を収集しつつ、その個人がどんなジャンルを何時にどこの話数まで見て、どこで見るのをやめたかというのがデータとして残ります。
このようなビッグデータを駆使して面白い映画や動画作りに反映させることができるので、良く分からない方法で視聴率を測定している地デジ放送なんて全く相手にならないんですよね。

という意味で、NET FLIXは本当にオススメです。

また、huluでも以下のように映画や海外ドラマを見ることができます。
NET FLIXとも配信しているモノが異なりますので、どちらとも契約してみて無料期間中にどちらか気に入った方だけ残すというのもありだと思います。

ハリポタ

どちらで契約してもNHKと同じくらいの料金なので、ネット動画配信サービスにお金払った方が良いと思いますね。

スポンサーリンク

まとめ

POINT

  • 報道の自由度が低いテレビのニュースは見る価値なし
  • 2019年にインターネットの広告費がテレビを上回る
  • テレビを持つとNHKに視聴料を払う必要あり
  • ネットで、ニュース、テレビ番組、映画、海外ドラマを見ることができる

以上からテレビは不要です。
おすすめの視聴方法は、一人暮らしや個人用ならタブレット、家族ならモニター+パソコンですね。

〇一人暮らしや個人用の場合

画質もキレイで、アイパッドより2万円近く安いです。アップル製品で消耗したくない方にオススメです。
僕はスマホをアップルからHUAWEIに乗り換えましたが、以下の点から乗り換えて本当に良かったと思います。

【アップルからHUAWEIに乗り換えるメリット】
・androidがGoogleサービスとの親和性良い
・カメラの性能高い
・金額が安い

〇家族の場合

以下のNHKの記事に記載していますので、参考にどうぞ。
参考:NHKの受信料問題に終止符を打つ方法

 

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です