まず最初に見てほしいページ

最初に見てほしいページ

オススメの記事、カテゴリをまとめています(こちら

2019年 梅雨入りの判断基準と、準備しておきたいオススメの雨具

ども!テルです。

大雨が降り、そろそろ梅雨の気配がしてきましたね。
5/28の夜、名古屋はかなり強い雨が降りました。雨で夜目が覚めるほどでしたからね。

年によって大雨が続いたり、ほとんど降らなかったり、暑かったりと全く読めない梅雨。
2019年の今年はどうなるんでしょうか?

晴れが続いたときは恵みの雨ですが、雨が続くと災害にもなるし生活も気を付けるべきことが増えますよね。
例えば以下のようなことです。

【梅雨で気を付けたいこと】
・洪水の心配
・雨による事故
・洗濯物が乾かない
・家にあるモノがカビる
・靴や服が濡れてダメになる

今年も後で後悔しないように、準備できることは準備しておきましょう。
ということで、梅雨入りの基準と後悔しないために用意しておく梅雨対策グッズについて紹介します。

スポンサーリンク

2019年の梅雨入りと梅雨開けの予想

梅雨入りと梅雨明け

①梅雨入りの判断とは

2019年5月14日(火)に奄美地方の梅雨入りが発表され、今年も雨の季節に突入しました。
沖縄地方は梅雨入りが早いですよね。

6月には梅雨が明けるのですが、九州より北側に住む人はまだ梅雨真っただ中。
自分の住んでる地域が梅雨だと腰が重くなるのか、6月の沖縄地方観光客は少ないそうなので、6月旅行がオススメです。

脱線しましたが、この「梅雨入り」、「梅雨明け」ですが、桜のように基準の木があって目視できるワケではなく、判断がとても難しいのです。
その判断の難しさから、気象庁は一時期発表を行わなかったことがあります。

しかし、梅雨入りの情報は次のような理由で社会的関心が高く、いまも各地の気象台が「梅雨入りしたとみられます」と発表しています。

【梅雨入りの情報に関心が高い理由】
・梅雨期は大雨による災害が発生しやすい
・梅雨期は曇りや雨の日が多くなるため、日々の生活等に様々な影響を与える
・梅雨明け後に必要な農業用の水等を蓄える重要な時期である
・海の家や家電、ビアガーデンなど夏の業界の仕入れの目安となる

気象庁が暫定的に定めている梅雨入りの基準は次の3つです。

【梅雨入りの基準】
・晴天が2日以上続いた後
・梅雨前線の影響で前日と本日が雨
・その後1週間の天気予報が雨または曇り

ちなみに、気象台が「梅雨入りしたとみられます」と発表するのは速報値だからです。
9月に入って改めて検証して、日付を修正することがあります。
9月に入って検証してもすでに誰も興味無いとは思いますが、記録残しのためだと思います。

②2019年の梅雨入りと梅雨明け

〇梅雨入り

梅雨入りについて、気象庁が発表した梅雨入りの速報値です。
すでに梅雨入りした沖縄地方以外はまだ予測も立っていない状況です。

しかし、沖縄地方が昨年より2週間程度早いということから、九州より北側も梅雨入りが早くなる可能性がありますね。
だだ、一週間天気予報を見ても晴れが続くので、上記の梅雨入りの条件からすると平年並みか、少し遅くなる可能性も(どっちだ)。
参考:一週間天気予報

梅雨が来た後にやっと分かるという感じ。気象予報士の方も大変ですよね。

〇梅雨明け

梅雨開けついては何もわかっていませんね。
ただ、平年は7月中旬以降、昨年は7月初旬(九州より北側)といった感じです。

ちなみに平年というのは1981~2010の30年間の平均値であり、10年ごとに見直しがされます。
近年異常気象続きでしたが、2021年に平年が改定される際には異常気象も平年になります。

スポンサーリンク

梅雨にオススメのグッズ

グッズ

梅雨対策その1:お気に入りの傘

コンビニの透明の傘ではなく、持っていてワクワクするような傘が良いと思います。
コンビニ、公共交通機関への置き傘についてはいまや社会問題に発展していますからね。
お気に入りの傘を買えば、家から持って出ることも忘れないし(=コンビニで買わない)、公共交通機関で忘れたり置いてくることも少なくなると思います。

オススメの傘については以下の記事にまとめていますので、是非ご覧になってください。
参考:コンビニ傘の大量消費は、お気に入りの傘を持つことで全部解決する理由

また、暑い夏には男性でも日傘を使用されることをオススメします。
紫外線対策だけでなく、熱中症対策にもなります。以下の記事にまとめていますので、参考にどうぞ。
参考:日傘男子デビューしませんか?2019夏、目立つこと間違いなしのオススメ日傘を紹介

梅雨対策その2:長靴か防水靴

雨の日に革靴やスニーカーを履くことは得策ではありません。
靴自体の寿命を縮めてしまいますし、買い替えなどを考えると長期的に見れば割りに合わないかと思います。

雨が降ると分かっていれば、長靴か防水靴を履いて家を出ましょう。
長靴なら水たまりを気にしなくても良いし、満員電車で足を踏まれようがストレスはたまりません。
(お気に入りの革靴を雨の日に踏まれたらストレスMAXですよね。。)

〇女性向けオススメ長靴

妻が買った長靴ですが、軽い、安い、オシャレの3拍子揃っていてオススメです。
5/29現在では評価1,201件で4.39ですね。

保管時は100円均一ショップなどで売っている、ブーツの倒れ防止の棒を長靴の中に入れると良いと思います。
妻はそれをやっていなかったので、ブーツの筒の部分が横に倒れ、折れ曲がった部分にヒビが入ってしまいました。
保管方法には注意が必要ですね。

〇男性向けオススメ長靴

男性にはこちらがオススメです。
滑りにくいので、雪の日や農作業、釣りなどにもいいですね。
5/29現在では評価596件で4.5です。

サイズは23~27㎝まであるので、女性とペアで使うこともできます。

〇オススメの防水革靴

アシックス商事製「Texy Luxe」の走れる革靴がオススメです。
Texy Luxeについては以下の記事にまとめています。
参考:もう革靴で悩まなくていい!超快適なビジネスシューズがコスパ最強

梅雨対策その3:除湿剤(吸湿剤)

除湿、 消臭には炭がオススメです。
よく売られている除湿剤は使い切りで毎回買い替えるの面倒ではないでしょうか

炭を使った「炭八」という商品があります。炭八ならこんなメリットがあります。

【炭八のメリット】
・除湿、調湿ができる
・脱臭ができる
・カビ、ダニを防ぐ
・夏は涼しく、冬は暖かに保温
・効果は半永久的で手入れ不要

半永久的に使えるし、デザインもオシャレ、炭八を使えば大切なバッグや革靴をニオイやカビから守ることができます。
カビたらもうどうにもなりませんからね。

スポンサーリンク

まとめ

POINT

  • 2019年の梅雨はいつ来るか分からないからこそ準備は忘れずに
  • お気に入りの傘を購入して持ち忘れ、置忘れ防止
  • 雨の日は長靴に履き替えると普段靴の寿命が延びる
  • 除湿剤でカビ、ダニ対策をしよう

快適じゃない梅雨だからこそ、グッズを使ってできるだけ快適に過ごせると良いですね。

 

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です