まず最初に見てほしいページ

最初に見てほしいページ

オススメの記事、カテゴリをまとめています(こちら

【超合理化】ブロックチェーンと仮想通貨ってそもそも何?という方が最初に読む記事

ブロックチェーン

ども!テルです。

皆さん仮想通貨持っていますか?もしくはブロックチェーンを聞いたことがありますでしょうか?

2017年12月はまさに仮想通貨バブルでした。仮想通貨に代表されるビットコインが200万円を突破し、寝ている間にお金が増えるという夢のような状態でしたからね。
僕もその渦中にいたのですが、2018年1月にはバブルがはじけてビットコインの価格は急落し、30万円ほどまで下落しました。

それが今115万円ほどまで回復しています。30万円の時に買っておけば4倍でしたね。

 

僕は2017年5月から仮想通貨を買っているのでかれこれ2年ほどたっていますが、そのころは儲かる!とかこれが上がるんだぜ!とかではなく、純粋にブロックチェーンの技術への期待が大きかったので仮想通貨を買ってみたと記憶しています。

最近でこそ儲かるとか、投機の対象とはなっていますが、まずはブロックチェーンって何なの?未来はどうなるの?というところから説明していきたいと思います。
これを理解せずに投資をやっていたら足元救われますからね。

スポンサーリンク

ブロックチェーンってそもそも何?

ブロックチェーンってそもそも何?

ブロックチェーンは情報を記録する技術

分散型台帳技術、または、分散型ネットワークである。ビットコインの中核技術を原型とするデータベースである。ブロックと呼ばれる順序付けられたレコードの連続的に増加するリストを持つ。各ブロックには、タイムスタンプと前のブロックへのリンクが含まれている。理論上、一度記録すると、ブロック内のデータを遡及的に変更することはできない。ブロックチェーンデータベースは、Peer to Peerネットワークと分散型タイムスタンプサーバーの使用により、自律的に管理される。フィンテックに応用されるケースでは独占や資金洗浄の危険が指摘されることもある。
引用元:wikipedia

どうですか?分かりましたでしょうか?
初見でこれを理解できたら天才だと思います。それくらいイメージしにくいですよね。

簡単に言うと永遠に終わらないスープ作りみたいな感じです。スープ!?

スープを作る際に様々な具材を入れますよね。その具材を情報だとして完成したスープがブロックだとします。
次のスープを作る際に、前のスープをベースに新しいスープを作ります。

それを永遠に繰り返します。どんな具材(情報)をいつ入れたか、というのを正確に記録しているのがポイントです。
スープ(ブロック)を足し合わせて永遠に繰り返し、情報をチェーンのようにつなげるので、ブロックチェーンと言います。

ブロックチェーンのセキュリティ

ブロックチェーンの情報の保証の仕方は様々あるのですが、プルーフオブワーク(以下POW)という一般的なものを紹介します。

ブロックチェーンは情報を1つにして次のブロックへつなげるのに計算が必要になります。
その計算を多数のパソコンで競争して行い、いち早く計算できた者に報酬として仮想通貨を得ることができます。

そのブロックチェーンがビットコインのブロックチェーンならビットコインがもらえるということです。(仮想通貨とはブロックチェーンの技術を使ってやり取りされるネットワーク上のお金)
計算という労力を使って結果を保証するので、プルーフオブワーク(労働の証明)と言います。

ちなみにこの計算をしたのちにビットコインなどの仮想通貨がもらえることが、宝石を採掘するのに似ているということでマイニング(採掘)と言われます。

このマイニングから得られた計算結果は世界中のパソコンで共有されています。
悪意のある人が過去のこの情報を変えるということをやろうと試みても、その情報をもとにそれ以降のブロックができているので、過去の情報以降の情報全ての改ざんが必要になります。当然大量のパソコンの計算能力を上回ることなど普通のバソコンでは無理なので、実質的に改ざんは不可能と言われています。

例えば世界中に水爆が10個落ちたとしてもパソコンが全て損なわれない限り、情報は消えません。
GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)だったらどうでしょうか?おそらく本社にあるサーバーが消し飛んだらシステムがダウンするはずです。

ブロックチェーンの代償

POWのマイニングは膨大な電気を使用します。複数台のパソコンで競争して計算するのですからものすごい電気使用量になります。

参考に以下Youtubeではカザフスタンにあるマイニング工場を紹介しています。
このようなマイニング工場が世界中に存在しており、ビットコインを得るために競争して計算しているのです。

そのマイニングの代償として高額な電気代と書きましたが、過去の論文に以下のコメントがあります。

デンマークが2015年に消費した電力量が314億キロワット時だったが、ビットコインの採掘には2018年7月1日時点(6か月間)ですでに約301億キロワット時の電力が消費されている。

ということで、一国と張り合うぐらいの電気を使用しているのです。

これは問題だということで、POW以外の電気をあまり使わない証明方法も生まれてきています。ここでは長くなるので省略しますが、課題解決のスピードはとても速いと思います。

スポンサーリンク

ブロックチェーン、仮想通貨で何がどう変わる?

ブロックチェーンで何が変わる?

資金の移動が楽になる

今は国をまたぐ送金や、国内でも金融機関が違えば手数料を取られるのが普通です。
海外送金なんて3,000円とかとられますからね。。。それを仮想通貨で送金すればほぼタダです。

アジアの方とかアメリカや日本に稼ぎに来て、毎月家族に送金するということもあると思いますが、1万円送るのに3,000円かかります。
そんなことなら仮想通貨で送金したいですよね?すでにそのような使われ方もされていますが、世界で法整備が進めばもっと大っぴらにできますよね。

ちなみにこれが普及すると、銀行の海外送金事業は不要になります。

契約の自動化ができる

ブロックチェーンにプログラムを組み込んでおけば、契約の条件確認や契約までを自動で行うことができます。
ブロックチェーンなら改ざんもされないし、人を介する必要がありません。

取引プロセスを自動化できるため、決済期間の短縮や不正防止、仲介者を介さないことによるコスト削減にもなると期待されています。
また、ブロックチェーン上で契約すると、ユーザー同士が直接取引を行う非中央集権型のサービスを実現でき、社会に大きな変化をもたらす可能性があると言われています。

非中央集権とは中央集権ではないという意味で、中央集権とは、アマゾンやフェイスブックなど仲介者がいないとやり取りできないサービスのことです。

この契約の自動化のことをスマートコントラクト(契約)と言います。
これが普及すると、不動産屋、販売代理店、市役所などあらゆる仲介屋さんは不要になります。

まさに合理化の世界ですよね。
今はAIやRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)で人員削減がどんどん進んでいますので、ブロックチェーンはこの次のステージになります。

サマーウォーズに出てくる、オズの世界がまさにそうですね。
2019/7/12に金曜ロードショーで放送されるそうです。見たこと無い方は見てみてください。
テレビがないという方は、amazonで標準画質300円、高画質400円で視聴できます。

フェイスブックが独自通貨libra(リブラ)の開発を始めたというニュースを見たのも記憶に新しいと思います。
あの仮想通貨バブルの頃と比べると多くの企業がブロックチェーン業界に参入しており、これから本格稼働が始まると予測されます。

スポンサーリンク

まとめ

POINT

  • 仮想通貨はやっぱり期待されている
  • ブロックチェーンは情報セキュリティとして世界に必要な技術
  • 自動契約という究極の合理化
  • 電気代などの課題について日々改善がなされている

投資と考えると相場の上下がはげしく難しいかも知れませんが、仮想通貨がどんなもんか知るために少しだけ買ってみるというのも良いかも知れませんね。

ただ、仮想通貨で痛い目見ている人はたくさんいるのでお気を付けください。

 

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です