まず最初に見てほしいページ

最初に見てほしいページ

オススメの記事、カテゴリをまとめています(こちら

老後2000万円問題を解消するたった2つの考え方

年金不安を解決する

ども!テルです。

老後2000万円問題について議論が拡大していますね。

金融庁の金融審議会市場ワーキング・グループの報告書が発端となったわけですが、国が老後の自助努力を促すものとの報道や、メディアで数多く取り上げられ、多くの政治家や有識者らが見解を語りました。

この件に関し、頭の悪いメディアと、政治利用しようとした野党が騒ぎ立てて麻生大臣は金融審議会の報告書の受け取りを拒否、報告書の責任者である三井秀範企画市場局長は退任という事態にまで発展してしまいました。

言いたいことも言えない世の中じゃポイズンですよね。。。

ということで、この問題の本質である、年金制度の概要と本当は老後貯蓄はいくら必要なのか?というところについて解説します。
この記事を見れば2000万円得しますよ。

スポンサーリンク

年金制度とは?いつ、どんな経緯で作られたの?

年金

年金制度ができた背景

1961年に一定の金額を納めるタイプの社会保険としてスタートしました。
当時は受給開始年齢が55歳であり、男性の寿命が65歳、女性の寿命が70歳のため、15年程度の生活資金をカバーするための制度でした。

それが60年たった現在の平均寿命はというと、「平成29年簡易生命表」によれば、日本人の平均寿命が過去最高を更新して、男性は81.09歳、女性は87.26歳となり、どちらとも16年ほど寿命が延びていることになります。

日本の死因の1位はガンであり、心不全や肺炎、脳梗塞などが死因上位として挙げられ、これらの病気だけで64.1%を占めます。
10位以内の病気による死因を合計すると68.7%と、7割が病気で亡くなっているという現状があります。

日本の死因

引用元:wikipedia

しかし、医療は今も発展途上。昔ではどうにもならなかった病気も今では当たり前に治る病気となり、どんどん寿命は延びていくと予測されます。

60年で16年も寿命が延びたなら、2080年頃には男性97歳、女性103歳という平均寿命になっていてもおかしくないですね。

寿命が延びて崩壊しかけている年金制度

年金制度が始まってすぐに納めていた人たち(70歳以上)は5,000万円近くの得となり、今の30歳までの若い世代は2,000万円ほどの払いすぎになります。
60歳以上を境に収め得、55歳以下は納め損世代と言われています。

ただ、上記は順調に生きていた場合の損得の話であり、年金には老齢年金、障害年金、遺族年金と種類があり、それぞれ不測の事態などをカバーできるようになっています。
世間で話題になっているのは老齢年金だけの話なので、そこの点だけで損得を語るのは少し違うかなとも感じます。

○老齢年金

老齢年金とは老後の生活を保障するための年金で、老齢基礎年金は国民年金の被保険者で一定の要件を満たした人が受給できる年金です。
老齢厚生年金は厚生年金の被保険者で一定の要件を満たした人が受給できる年金です。老齢基礎年金に上乗せされた金額を受け取ることができます。

○障害年金

病気やケガで日常生活や仕事が制限されるような場合に、老後を待たずして65歳未満でも受け取ることができる年金です。
障害の程度によって、1級・2級・3級に区分され、等級によって受給額が決まりますが、受給額は毎年見直しが行われています。受給対象者は被保険者本人です。

こちらについても障害基礎年金、障害厚生年金があります。

○遺族年金

国民年金、厚生年金の被保険者が亡くなったとき、その人によって生計を維持されていた遺族の生活を保障するための年金です。
亡くなった人が加入していた年金の種類や遺族の年齢等により、受給できる年金の種類や額が決まります。また、遺族年金の受給額も毎年見直しが行われています。

こちらについても遺族基礎年金、遺族厚生年金があります。

スポンサーリンク

老後はやっぱり不安。どうすればいいの?

年金不安

僕が必要だと思っているのは以下の2点です。

  1. ステレオタイプの消費行動をやめる
  2. お金の勉強をしっかりやる

それぞれ気を付ける点があるので、説明します。

ステレオタイプの消費行動とは?マイ〇〇はだいたい損する

マイカー、マイホーム、マイ箸、、あっマイ箸は良いです。
マイ〇〇というやつ、というか車と家の新品を買ったら人生の選択肢がかなり限定されます。

○マイカーは中古で十分

僕の親も毎回新車を買うのですが、本当にもったいない。車は移動手段なんですから価格のこなれた中古車で十分なんですよ。ちなみに僕が買った車の遍歴は以下です。

・HONDA Life 9万円
・HONDA ステップワゴン 115万円(ここまでが情弱時代)
・NISSAN エクストレイル 35万円
・TOYOTA VOXY 24万円

10年で4台、総額183万円です。売却も考えたら158万円ですが、情弱時代に買ったステップワゴンが効いてますね。
ライフスタイルによって買い替えているのでお金がかかっていますが、新車ならさらに高額か、ライフスタイルが変わっても買い替えができない可能性があります。

○マイホームは金食い虫

マイホームは本当に金食い虫です。よくマイホームを建てる総額と賃貸費用が比較されますが、マイホームは修繕費が定期的にかかるし、日本製の建築材はあまり良いモノではないので、数十年したら立て替えが必要になる場合もあります。

マンションならさらに管理費などもかかってくるし、立て替えがうまくいった事例も少ないので、老後に追い出される可能性もあります。

ローンを組んで負債を買い、移住できないリスクを負うということを今一度考えてみましょう。

どうしても住みたい土地があり、移住や離婚の可能性も100%無く、家に愛着を持ってメンテナンスできるという方がいればマイホームでも良いと思います。

○ミニマリスズムの考えを学ぶ

収入ばかりに目がいきがちですが、支出を抑えるだけでも生活が快適になります。

僕がずっとミニマリズムと合理化について当ブログで書いているのも、『人生をより生きやすくするため』、『ステレオタイプの消費で苦しんでいる人のため』というのが目的だからです。

不要なところでお金を使わず、好きなことにお金を使えばもっとHAPPYになる人が増えると思いますからね。

いきなり投資は厳禁!お金の勉強をする

日本人はお金の勉強をするには経済学部、経営学部に行かないとできませんし、よりリアルな勉強をするには本を読むか、起業するしかありません。つまりほとんどの人がお金の勉強をしていないのです。

しかも日本は源泉徴収という形で会社が税金を代わりに収めているため、税金について学ぶ機会も奪われています(アメリカは個人で確定申告する)。

経済と税金を学ぶ機会を奪われたお金だけ持っている人たちが行きつく先はどこでしょうか?だいたいが詐欺にあうか、散財して終わりですね。

不動産では医者や弁護士などの高所得者がかぼちゃの馬車などの物件を買ってしまったり、仮想通貨のポンジスキームにはまる人が多すぎたり、うそでしょ?というような詐欺丸出しの案件をつかんでしまうというのも実情です。

まずは本などを何十冊も読んで知識を貯めましょう。
ただ、最近の本はポジショントークが多いので、10年以上前に出版され、amazon評価の高い本を読むか、最近の本だったら何十冊も読むことをオススメします。(広告のみの本もあるので)

スポンサーリンク

まとめ

POINT

  • 寿命が延びて年金制度は崩壊している
  • 老齢年金だけでなく、障害年金、遺族年金も忘れずに
  • ステレオタイプの消費行動をやめよう
  • お金の勉強を始めよう

老後の不安を解消するためには、若いうちにできることを精いっぱいやり、今を楽しむことが重要だと思います。

そうすれば今も楽しく、老後も楽しみになるかも知れませんね。とにかく行動しないと何も変わらないので、行動しましょう。

ちなみにケンタッキーのカーネル・サンダースがワゴン車にフライドチキンを積んで各地を練り歩き、フランチャイズ事業を始めた時の年齢は65歳という今でいう年金受給年齢の年です。
老後でもやろうと思えば何でもできるので、人生思い立ったが吉日と思い何事もチャレンジが重要ですね。

 

ではまた!

この記事のURLをコピーする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あらゆる無駄をサラリとかわすサラリーマン。 物心ついたころからモノを持たないことを心がけ、気付いたらミニマリストでした。仕事では誰とも付き合わず、ひたすら仕事を早く終わらせて定時で帰ること目的としています。 サラリーマンのかたわら事業として不動産賃貸業もしているので、このブログではミニマリスト、合理化、不動産投資について主に発信していきます!