最初に見てほしいページ

オススメの記事、カテゴリをまとめています(こちら

名古屋市在住、大人2人、子供2人の四人家族の固定費はいくら?他人の家計を見ることで自分の家計を見直そう

サラリーマンの月収

ども!テルです。

他人の家計を知る機会ってなかなか無いですよね。

特に固定費については家庭によって色が異なりますので、同じ家族構成でも支出が似ているということは絶対にありえません。

ただ、固定費が低ければ低いほど家計は楽になりますので、固定費は圧縮してなんぼです。

固定費の定義

毎月必ず支払いが発生する支出項目です。

人によって定義が異なる場合がありますが、我が家の場合は以下の6項目です。

  • 住居:賃貸の家賃
  • ライフライン:水光熱費
  • スマホ、ネット:通信費、通話費
  • 子供:習い事、幼稚園、保育園費用
  • 投資:積立投資(学資保険代わり)
  • 娯楽:月額サービス
  • 保険:車、ケガ

我が家は妻が専業主婦で未就学児が2人なので、共働きほどの馬力は無いですが、子供達もお金がかかる年代というワケでもありません。

似たような境遇の方は参考にしてみてください。

固定費の前に家計すら把握していないよという方は、以下の家計簿についての記事を参考に家計簿を始めてみると支出が可視化できて良いと思います。
関連記事小細工なしで誰でもできる。一番簡単な『ずぼら家計簿』のススメ

また、僕の給与明細は以下で公開していますので、ご興味のある方は覗いてみてください。
関連記事社会人10年目の給与明細を公開!東証一部上場の大企業×転職1回

結論から言うと、我が家の固定費は186,944円でした。その内訳について説明します。

スポンサーリンク

住居:賃貸の家賃は76,324円

賃貸

普通の鉄筋コンクリート12世帯が入れるアパートです。

家賃内訳は住居費用76,000円+振り込み手数料324円となります。

この住居費用は安くは無いですが、半額は会社から支給されていますので実際の負担は38,000円+324円になります。

今住んでいる場所を選んだ理由としては以下があります。

住む場所を選んだ理由
  • 幼稚園や学校が近い
  • 高台にある
  • 駅からそう遠くない
  • 駐車場付き

第一優先として子供が通学する時間が短くなるような場所を選びました。幼稚園は徒歩7分、小学校は徒歩5分、中学校は徒歩2分くらいです。

物騒な世の中ですから、できるだけ1人で外にいる時間を減らすというのが目的です。

そのために引っ越しましたので、このようなフレキシブルな対応が取れないマイホームは僕はオススメできません。

その他にもマイホームがオススメできないという話を記事にしていますので、参考にどうぞ。

マイホームは中古も検討

【新築戸建てマイホームのリスク】将来を見据えた中古住宅という選択

2018-12-17
スポンサーリンク

ライフライン:水光熱費は13,458円

水光熱費

水道代は3,445円(2か月請求で6,890円)

基本料金が2,559円なので、従量課金部分が4,331円(2か月分を請求されるため)ですね。

名古屋市の水道料金表によると、2か月で35m3、月に17.5m3使っている計算になります。

分かりやすく言うと、1ℓの牛乳パック17,500本分です。めちゃくちゃ使ってますね。

風呂、皿洗い、料理、飲料水、トイレだけでそんなにいくのか。と少しびっくりしました。是非ご自身の水道代金と比べてみてください。

ちなみに、我が家はシャワー、皿洗いで節水しています、記事にしていますので参考にどうぞ。

光熱費は10,478円

我が家は東邦ガスで電気料金とガス料金を一括で支払っています。

ガス代金は20m3で4,443円(7月)

都市ガスなので安いですね。

プロパンの方はガス代が高いな。と感じたら安くする方法があるので試してみてください。

以前プロパンガスだった物件に住んでいたころ、この方法で月々2,000円安くなりました。
関連記事プロパンガス契約者必見!ガス代金をノーリスクで安くする2つの方法

電気代は226kWhで6,035円(7月)

いつもはだいたい5,000円くらいですが、エアコンをほぼつけっぱなしにしていますのでその分が高くなりましたね。

契約アンペアは30Aですがアンペア数によっても最適プランは異なりますし、電気小売りの自由化で様々な新参業者が出てきているので、今契約しているプランが最適かどうかは定期的に確認した方が良いと思います。

スポンサーリンク

スマホ、ネット:通信費+通話費は9,758円

スマホ代金

スマホ代は夫婦で6,000円

LTEは僕が3.1GB、妻が10GBの契約で6,000円くらいです。

楽天スマホを使っている前はソフトバンクで夫婦で18,000円くらいだったのですが、楽天の格安SIMに変更して12,000円も安くなってめちゃくちゃ生活費が浮きました。

楽天スマホのメリット
  • LTE6GB、通話10分以内かけ放題で2,480円(3年縛り)
  • 楽天ポイントが支払いに充てられる
  • 楽天ダイヤモンド会員ならさらに500円安くなる

2019年10月から大手スマホに成り上がる楽天ですが、コストの点でどう考えても他の大手スマホと一線を画します。

ソフトバンク、au、ドコモを使う理由が見当たりませんので、損をしたくない方は楽天に切り替えることを検討した方が良いと思います。

楽天スマホ

ネット代は3,758円

我が家はフレッツ光のマンションタイプで月々3,218円+プロバイダはBB.exciteというところで月々540円で合計3,758円です。

今はスマホのみ契約してネット契約はしていないという人もいると思いますが、我が家はパソコンでネット動画を結構見るので契約しています。

将来的にはスマホからテザリングして済ませる方向で検討したいと思います。

子供関連費用は74,898円

子供関連費用

幼稚園の費用は25,500円

私立の幼稚園ですが、2019円10月から準備無償化されるということでこの費用が0円になる予定です。

毎月だとなかなかの負担になりますので、特にお子さんが同時に幼稚園に通っているような家庭はだいぶ助かるのではないでしょうか?

こちらに幼児教育無償化の記事を書いていますので参考にどうぞ!
関連記事【子育て世代に朗報】幼児教育、保育の無償化で、消費増税の影響がゼロになる理由を解説

習い事関係に16,730円

クラシックバレエ、ヒップホップダンス、水泳に通わせています。

子供が興味を持ったことはお金を度外視で全部やらせる方針なので、この費用はこの後もどんどん膨らむような気がしています。

子供の未来の可能性は無限大ですから、興味を持つという感情を大切にしてほしいと思っています。

ちなみに子供一人分でこれなので、二人目が習い事しだすと倍かかりますね。

学資保険代わりに海外ファンドに毎月積み立てで32,668円

日本の学資保険は元本割れするような詐欺みたいな商品もありますから、投資信託を学資保険代わりに運用しています。

我が家は海外ファンドに毎月300ドルずつ積み立てています。

積立払いの良い所は、勝手に支払いが完了するので積み立てていることを忘れるところにあります。

たまに気付くと、いつの間にかこんなに積み立ててる!とちょっと嬉しくなりますし、そのお金を忘れるので、途中解約して下ろそうとかそういう気が起こりません。

学資保険という枠の中で探そうと思うとなかなか良いのが無いかも知れませんが、投資信託などで毎月積み立てて15年間くらい運用したのちに子供の大学の費用などにねん出するというのもありだと思います。

その他は12,506円

NETFLIXは1,296円

アニメとか海外ドラマとか見ています。ですが、今はディズニーの動画配信サービスが気になっています。

新しい動画サービスが次々に出てくるので悩ましいですね。

保険関係は2,790円

車の任意保険2,140円、ケガの保険650円(会社経由で加入)のみです。

生命保険や死亡保険は不動産の団体信用生命保険で代わりとしているので、保険費用が全くかかっていませんね。

補足
団体信用生命保険とは

僕は不動産を持っているのですが、入居者から家賃を頂いて、その家賃から不動産のローンを払っています。

僕に万が一働けなくなるようなケガや死亡した場合などは、ローンの残債が無くなります。

ローンが無くなるだけでなく月々の家賃は入り続けるので、残された家族は安泰というワケです。

会社関連引き去り金は8,420円

たか!労組とかそんなんもろもろでこんなに取られてますね。

これはどうしようも無いんで、さらに仕事環境を良くしてくれるように祈るのみです。

まとめ

我が家の固定費は186,944でした!

固定費だけ見ると全然節約していなさそうですが、子供のために選んだ場所に住むための住居費で40%、子供の学資保険代わりの投資+習い事、幼稚園費用で40%なので、80%は子供のための費用と言っても過言ではありません(笑)

どんだけ子煩悩なんだよという感じですが、いずれは巣立っていくので一緒に住んでいる間くらい甘やかしてやろうという感じです。(もちろんしつけはしてます)

他人の固定費を見て、自身の固定費と見比べてみてください。

きっと改善できそうなところ、逆に僕の方が高い項目もあると思います。

生活コストを圧縮して、浮いたお金は有意義に使いましょう!

ちなみに公的な引き去り金である、社会保険料について計算方法を以下にまとめています。参考にどうぞ!
関連記事サラリーマンの平均年収は532万円!負担となる税額、社会保険料について解説

 

ではまた!

 

この記事のURLをコピーする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です