まず最初に見てほしいページ

最初に見てほしいページ

オススメの記事、カテゴリをまとめています(こちら

HUAWEI WATCH GT 2発表。Kirin A1搭載、スポーツとバッテリー長寿命に特化

huawei watch gt2

ども!テルです。

Huaweiがそろそろ新しいスマートウォッチ出すんじゃないのかなーなんて思っていたら、新しいスマートウォッチが発表されました。

その名も『HUAWEI Watch GT 2』です。

Apple watchはシリーズ5が最新なので数字は遅れていますが、その性能はApple watchに勝るとも劣らないと考えています。

僕自身Huawei Watch GTを使っており、現状でもすでに満足していたのですが、さらにどんな機能が追加になるのか?非常に楽しみです。

現段階で分かっている特徴としては以下です。

現時点で分かっていること
  • 新チップKirin A1を搭載
  • 2週間もつバッテリー
  • 直径は42mmと46mm
  • ミニマリスティックなデザイン
  • Watch GTに比べて心拍数の計測がより正確になる
  • Bluetooth通話
  • Watch GTに音楽を500曲内蔵、再生可能
  • TruRelaxでストレスを監視

もう詰め込み過ぎなくらい新機能が追加になっていて驚きです。

以下の記事でHuawei Watch GTについて記事にしていますので、併せて見るとどれだけ進化しそうか分かると思います。

関連記事まだ時間しか分からない時計使ってるの?スマートなウォッチと呼べるのはHuawei Watch GTしかない理由

スポンサーリンク

Huawei Watch GT 2の機能の詳細

Kirin A1チップでロングライフバッテリーを実現

バッテリー長寿命

引用元:Huawei

以下の記事でも書いているように、Apple watchとの差別化がWatch GTの課題であり、その解はバッテリーの長寿命化なんです。

Huawei Watch GTは長寿命化させるのと引き換えに、AppleやAndroidのOSで採用されていた通話や音楽、多数のウォッチフェイスという機能を捨てるという選択をしました。

ですが、通話、音楽などの機能はスマホを常に持ち歩きたくないというニーズに応えるためには必要なので、全部乗せを実現するためのチップのリニューアルだと思います。

関連記事まだ時間しか分からない時計使ってるの?スマートなウォッチと呼べるのはHuawei Watch GTしかない理由

Kirin A1は高い動作パフォーマンスと省電力アルゴリズム、デュアルチップ設計で自動的に消費電力を最適化するという特性を持っています。

最初は充電の持ち時間が2週間ってHuawei Watch GTと変わらんじゃんと思っていましたが、これだけの機能を乗せて充電の持ち時間をキープするというのは難易度がかなり高かったのだと推測します。

ちなみにそれぞれのモードでのバッテリー持ち時間は以下です。

バッテリー持ち時間

○46mmモデルの場合

・通常利用 :2週間(常時心拍数測定、週90分の運動、週30分の音楽)
・GPSモード:30時間(運動効果の常時追跡)

○42mmモデルの場合

・通常利用 :1週間(常時心拍数測定、週90分の運動、週30分の音楽)
・GPSモード:15時間(運動効果の常時追跡)

Apple watch シリーズ5の持ち時間はと言うと、18時間です。

正直、話にならないですね。旅行や出張行くたびに充電器持ち歩くんでしょうか?

直径は42mmと46mm。ミニマリスティックなデザインを採用

ミニマルデザイン

引用元:Huawei

今回の大きな変化は直径42mmの方がベゼル(液晶の外周部分)が薄くなり、Watch GTの時には残っていたごつさが無くなっています。

また、直径46mmの方はステンレスっぽいベルトが新たに標準として加わりました。

現在使用しているWatch GTで一度ベルトを他の市販のに変えてみたのですが、Huawei製のモノの方が作りがはるかに良く、結局元に戻したという経緯があるので標準品が拡充してくれるのは嬉しいですね。

このツイートを見ると、ベルトのラインナップは以下のようです。

ベルトラインナップ
  • 46mmモデル:革(ブラウン)、ステンレス(グレー)、シリコン(オレンジ、ブラック)
  • 42mmモデル:革(ベージュ)、ステンレス(ゴールド)、シリコン(ネイビー、ブラック)

通話と音楽の機能を新搭載

○通話

スマホから150m離れても通話可能とのことです。ジムでスマホをロッカーに入れたままとか、車内、キッチンでの使用が想定されているのでしょうね。

Apple watchのようにLTE搭載ではないと思われるので、Apple watchだけ持って出るということはできないようです。

ですが、実際Apple watchユーザーはiPhone置いて出かけることなんてあるのでしょうか。

○音楽

ストアから500曲ダウンロードできるデータ容量があり、それをWatch GTと同時に発表されたHUAWEI FreeBuds 3をBluetoothでリンクできるとのことです。

ストアって何?HUAWEI FreeBuds 3以外のイヤフォンとはリンクできないの?というのは現段階では分かっていません。

スポンサーリンク

Huawei Watch GT2の価格と発売日

価格は46mmモデルが249ユーロ(約3万円)、42mmモデルが229ユーロ(約2万7000円)であり、Apple watch シリーズ5の42,800円(税別)~と比べてもはるかにお買い得です。

発売日はEUで10月を予定しており、現時点では日本での発売時期は未定ですが、半年以内には発売されるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

スマートウォッチ市場を本気で取るために仕掛けてきたとも思えるHuawei Watch GT2の登場に驚いていますが、正直使ってみないと分からない部分も多いです。

また情報が分かり次第更新するのと、実際に日本で売りだしたら購入してレビューしたいと思います。

スマホでもとんでもない機能を搭載したMate 30然り、Huaweiの勢いに目が離せませんね。

 

ではまた!

この記事のURLをコピーする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あらゆる無駄をサラリとかわすサラリーマン。 物心ついたころからモノを持たないことを心がけ、気付いたらミニマリストでした。仕事では誰とも付き合わず、ひたすら仕事を早く終わらせて定時で帰ること目的としています。 サラリーマンのかたわら事業として不動産賃貸業もしているので、このブログではミニマリスト、合理化、不動産投資について主に発信していきます!